創作麺工房 鳴龍

小麦の香りがパンッと広がる低加水麺

担担麺900円。

自家製かつ化学調味料不使用の麺・スープ・具材に、店主・齋藤一将さんの思いが宿る。店舗の地下で製麺している低加水麺は歯切れがよいうえ、スープに負けないくらい小麦粉の香りが豊か。それ故、麺が主役と言われるつけ麺にも同じ麺を使用しているという。天然出汁のスープには、丸ごとの鶏や牡蠣などの旨味を濃縮。甘み・酸味・辛味が一体となった、担担麺の常識を覆すほどマイルドな味わいだから、飲み干さずにはいられない。

「こんなお店が近所にあったら」というコンセプトのもと店づくりをする齋藤さん。
開店時には行列が絶えない人気店だ。
住所:東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚1F/営業時間:11:30〜15:00・18:00〜21:00 (月は11:30〜15:00)/定休日:火/アクセス:JR山手線大塚駅・都電荒川線大塚駅前停留場から徒歩6分

ラーメンBAR やきそばー HIT

麺打ち歴約20年の職人技が光る

釜玉ラーメン600円。

1955年創業のバーを引き継いだ2代目店主・岡安英男さんは、祖母が作ってくれた味を再現しようとラーメンの提供も開始。麺打ちをマスターし、かれこれ20余年になる。15年以上前に食べた温玉うどんに感銘を受けて生まれた釜玉らーめんには、7〜8時間ほど麺線熟成させた手打ち麺を使用。もっちりした歯ごたえの麺に、和風かえしだれを加えた鶏&煮干しスープがよく染みる。温玉を豪快に混ぜ合わせて、勢いよくすするべし!

昭和の風情が漂う店内。ひとしきり飲んでからラーメンで締めたくなる。
住所:東京都豊島区巣鴨1- 17-3/営業時間:19:00〜翌1:20/定休日:日/アクセス:JR山手線・地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩1分

TOKYO 駒込 GANCON NOODLE

濃厚&あっさりのエビWスープが決め手

エビみそラーメン900円。

「普通の味噌ラーメンにはしたくなかった」と語る、店主の島影新己さん。「なにか主役がほしい」ということで、数年前から考えていた甘エビを使った味噌ラーメンを開発した。味噌だれに自家製の仙台味噌を使用しており、ピリッとした辛さがたまらない。主役のエビスープは、ジャガイモでとろみを出した濃厚タイプと透明なあっさりタイプの2種類を3:2の割合で混ぜ合わせている。この比率が食べ飽きさせないポイントだ。

スープに甘エビを投入し、濃縮して作るため、大量には作れない。
あっさり系の醤油ラーメン、ガンコンラーメン980円も。
L字形のカウンター席。
住所:東京都北区中里1-3-3 板橋ビル101/営業時間:11:00〜21:00/定休日:月、第1・3火休(祝の場合は翌休)/アクセス:JR山手線・地下鉄南北線駒込駅から徒歩3分

構成=フラップネクスト 取材・文=上原純(Office Ti+) 撮影=井原淳一、小野広幸
『散歩の達人』2017年2月号より

紹介スポットをマップで見る