日本でも珍しいオーガニック抹茶づくりへの挑戦

キャットストリートから路地を一本入った場所にある『THE MATCHA TOKYO 表参道』。2018年に1号店をキャットストリートにオープンして以来、新宿や大阪にも店を構える人気店へと成長した。いずれも国内外から多くの人が訪れるエリアで出店を行った背景には、日本が誇る抹茶の美味しさと効能を広く伝えたいという想いがあった。

スタッフの関谷さん。

抹茶には、カテキンやテアニンなど、美容と健康によい栄養素が豊富に含まれる。アメリカでは、すでにジャパニーズ・スーパーフードとして抹茶が認知されているほどだ。そうした健康食品としての側面もあわせ持つ抹茶の魅力を、オーナーの長田昌宏さんは会社員時代に経験した海外赴任で再認識。日本のみならず、世界にも抹茶の魅力を伝えたいと一念発起し、この店をオープンした。

左からJAPAN PREMIUM、KYOTO UJI、TOKYO RICH、焙じ茶。

抹茶は、急須などを使用して飲むお茶と異なり、茶葉を丸ごと摂取するもの。だからこそ、安心して口にすることができるようにと、オーガニック抹茶の提供にこだわった長田さん。その想いに賛同してくれる農園を見つけるため、約2年の歳月をかけて全国各地に足を運んだという。交渉の結果、京都と鹿児島の農園が賛同してくれたことにより、オリジナルのオーガニック抹茶づくりに取り組むことになった。どちらの農園も、土づくりからお茶の加工までを一貫して行っているのが、決め手の一つに。有機栽培で育てた茶葉は、旬の一番茶のみを丁寧に手摘みし、渋みを抑えて旨味を引き立たせた味わいの抹茶に仕上げられる。

楽しみ方に合わせて抹茶をブレンド

それぞれの農園でつくられた抹茶は、さらにその楽しみ方に合わせて、独自にブレンドされる。京都宇治産と鹿児島産の厳選した茶葉をブレンドした抹茶は、JAPAN PREMIUM(ジャパンプレミアム)と名付けられ、『THE MATCHA TOKYO』を代表する味わいになっている。店頭でも販売し、自宅用や贈答用に購入することも可能だ。

抹茶ラテ580円(税抜)。

メニューには、スタンダードなお抹茶から、抹茶コーヒーラテといった新感覚のメニューまで、さまざまな抹茶ドリンクが揃う。中でも、一番人気は抹茶ラテ。ミルクに負けない強い味わいの抹茶を使い、ミルクとのバランスにもこだわった一杯となっている。さらに、鹿児島県喜界島(きかいじま)産の特別栽培黒糖を使うことで、やわらかな甘みも表現しているという。

抹茶は、オーダー後に一杯ずつ点てられる。

抹茶を点てる際に使用するのは、カウンターに置かれた南部鉄器の茶釜で沸かしたお湯。鉄製の茶釜を使うと、水の中に含まれるミネラルが茶釜の内部に付着することで軟水化し、まろやかな口当たりのお湯になるという。

店頭には抹茶のほか、カステラやジャム、チョコレートといった抹茶を使ったスイーツも販売されている。カステラはイートインもできるため、気になる方は抹茶ドリンクのお供として味わってみてはいかがだろう。

グローバル展開も視野に、今後いっそう世界に抹茶のよさを広めていきたいと話す長田さん。その一方で、「日本各地には美味しいお茶がたくさんあることを日本の若い人たちにも伝えたい」と語る。抹茶への飽くなき探求心を抱く長田さんの挑戦に、これからも期待したい。

『THE MATCHA TOKYO 表参道』店舗詳細

住所:東京都渋谷区神宮前6-14-17/営業時間:12:15〜18:00/定休日:不定休/アクセス:地下鉄千代田線・副都心線明治神宮前駅から徒歩3分

取材・文・撮影=柿崎真英