本場・香港で修業した店主の本格料理

メニュー写真で埋まった店頭。ここで品定めしてから入店する客もいるという。

入り口ドアの上の大きな赤い看板に「中国料理 中華楼 香港飲茶」とあり、入り口周囲はメニュー写真でびっしりと埋まっている。さらに2階の壁には、えび餃子の写真とキャッチフレーズを書いた看板。建物全体を看板にしてしまったような、なんともにぎやかな店頭だ。看板に「香港飲茶」とあるように、この店で味わえるのは、本場香港で修業した店主が作る本格香港料理。「塩分を控えるなど、日本人好みにアレンジしているところもありますが、基本的には香港の味を提供しています」と店主は話す。

「香港そのままの味だと濃いし、香辛料も違うので、日本人向きにアレンジしています」と店主。

日々のランチや夕食なら格安な定食がおすすめ

ほんのりカレー味の肩ロースのカツをトッピングしたパーコー麺+半チャーハン、漬物、デザート付きの定食。

店頭の看板からも想像できるが、メニューブックに掲載される料理は100種類以上。数が多いので迷ってしまいそうだが、ジャンルや食材ごとに分かれ、写真付きなのでオーダーしやすい。特に、定食やセットメニューが充実しているので、割安でボリューミーな料理を味わえるのがうれしい。ランチで利用するなら「本日のおすすめ定食」に注目しよう。五目そば、担々麺、チャーシュー麺、パーコー麺、水餃子などが、それぞれ半チャーハンと漬物、デザート付きで770円。麺料理に使用される麺は中細でゆるい縮れがあり、スープとの絡みがよい。

大きく、プリプリ食感のエビがたっぷりの海老チリソース付きのお得な定食セット。

ちょっとグレードアップするなら「お得な定食セット」というのもある。海老チリソース、ホイコーロー、牛肉と玉ねぎ炒め、マーボー豆腐、ニラレバ炒めなどの料理が、五目チャーハン、漬物、スープ、杏仁豆腐付きで990円。

隠れた逸品! 大きいサイズで食べごたえのあるえび餃子

大きめのえび餃子は、店主の自信作。「もちもちした皮とシューシーな餡、プリッとしたエビの食感を楽しんでほしい」と話す。

蒲田といえば羽根付き焼き餃子が有名だが、この店のえび焼餃子5個440円も秀逸の出来といえる。肩ロース肉を自家で挽き肉にして、キャベツ、ニラ、エビとともに餡を作り、自家製の皮に包む。下面をパリッと焼いた餃子は、皮はもちっとした食感で、大きく食べごたえがある。おみやげに持ち帰る客も多いというのも納得だ。

格安ランチを目的に、昼は周辺に働くビジネスマンでにぎわう。
円卓席と座敷がある2階。ビール、日本酒、紹興酒、サワーなど全13種類の飲み放題は一人1650円。

店は1階がテーブル席、2階が円卓と座敷で62名収容の宴会席。一人9品2200円からのコース料理があり、飲み放題のプランもあるのでグループでの利用も多い。この使い勝手のよさと格安の価格、そして豊富なメニュー。一度利用したら、ついついリピートしてしまう、そんな店なのだ。

住所:東京都大田区蒲田5-28-2/営業時間:11:30~15:00・17:00~23:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩6分

取材・文・撮影=塙 広明