武田憲人
Webメディア「さんたつ」編集長。妻が埼玉県西部の出で、狭山茶と四里餠(飯能名物の大福)の味を刷り込まれ現在に至る。毎年ヨモギの時季に一家5人で草餠を手作りする。
高野ひろし
本誌屈指の爺ライター。幼少期よりどら焼きと煎餠を交互に食べ、渋茶をすすって育った(らしい)。あんパンのあんことパンの比率には一家言あるが、あんドーナツはやや苦手。
土屋広道
本誌編集長。いがまんじゅうなど独特なあんこ文化が残る埼玉県北部出身。幼いころから自家製あんこのぼたもちで育った。シュー皮やパイ生地を使ったあんこ菓子が好き。

あんこのごとき漆黒のある夜、あんこおやじの前に、ずらりと食品が並んだ。

土屋(以下、土): 今日はあんこトッピングの可能性を追求すべく、あんこ好きに集まってもらいまして。
高野(以下、高): 可能性は無限大!
武田(以下、武): そこまで無理に広げなくていいんじゃないの?
高 : こじ開けてでも広げて、あんこの力を見せつけましょう!
土 : (揃って) 誰に?
高 : そりゃあんた、全世界のあんこ好きの人々にですよ!
武 : 読者の皆さんじゃないの?
高 : 賢明な読者は知ってるんです。またやってるよ。バレンタインチョコの会議で(2014年2月号)、懲りてないのかって……。
土 : まぁまぁ、固いこと言わずに食べましょう。こんなにたくさん用意したんですから。
武: 用意し過ぎだと思うよ。

左から『たいやきわかば』あんこ 600g 980円。『とらや』あんペースト[こしあん]レギュラー1080円。『あんみつみはし』おしるこ餡(つぶ餡、こし餡)各470円、あんみつ餡(こし餡)470円。

互いを牽制しつつ、試食大会がスタート!

ハッピーターンは意外と微妙

高 : ところで武田さんは、本当にあんこ好きなんですか?
武 : うちは毎年、草餅作るからね。
高 : そうなんだ! 本格派だ。で土屋さんはどうなの?
土 : いやぁ、あの、好きですよ。
高 : 怪しいなぁ。ケーキやクッキーや、おしゃれな洋菓子食べてそうだ。
土 : まぁまぁ、その話は置いといて、何からいきましょうか?
高 : まずは安全策を。最初からへこみたくないんで、しょっぱい系からスタートしましょう。
武 : さっぱり塩っていう揚げ煎餅。おいしいねぇ。このくぼみはつぶあんをのせるためにあるんだ。
土 : ハッピーターンは意外と微妙です。本来おいしいはずの粉が、あんことバッティングしてます。

ポテチにはあんペーストで、間違いなし!

高 : ポテチは完璧。だってチョコ付きの商品もあるからね。あんペーストが合うな。マスカルポーネチーズをのせると、さらに旨味が昇華します。
武 : チーズとあんこは意外と相性いいんだね。味のアクセントにもなる。
高 : チーズとつぶあんを海苔で巻いてもいい感じだなぁ。そこに黒コショウを振ると、酒の肴にもなりそう。
土 : 高野さんはコショウ好きですね。
高 : 困った時の黒コショウ。でもわさびはダメだなぁ。ラー油もいかん!

あんポテチは間違いない。販売可!
ラー油よりゴマ油だろうよ。

韓国海苔はダメ、じゃがりこはな~んか違う

武 : 塩は合うけど、醤油が合わない。
高 : お汁粉には塩、入れるもんね。甘いしょっぱい攻撃は最強です。
土 : ピンク色の岩塩をパラパラっとかけて、シェフの仕上げって感じ。
武 : ポテチはうまいのに、じゃがりこはな~んか違うね。
高 : なんでだろう? 野菜スティック感覚でいけると思ったんだけど。
土 : いっそポッキーみたいになってりゃいいんでしょうけど。
高 : 海苔はいいのに、韓国海苔はダメだね。油と塩で味を主張し過ぎなんだ。海苔は磯の香りだけでいい。オードブルにおけるクラッカー的な縁の下の力持ちって存在。そういやクラッカーはなかったね。
土 : だって高野さん、クラッカーは合うに決まってるでしょ?
武 : たまには合うに決まってるものも欲しくなると思うけどねぇ。

サバの水煮よりアボカドの方が合うな。