店名の由来は「Diavolo(悪魔)」。やさしい悪魔が集う店

中国料理店の派手な看板に隠れてしまいそう。この看板を目印に2階へ。

京急蒲田駅前から続く京浜蒲田商店街「あすと」は、飲食店が多い庶民派商店街。アーケードを歩いてほどなく、派手な赤い看板が目印の中国料理店『金春』がある。『Bar Diavolo』はこのビルの2階。2020年で開店12年目を迎えるダーツバーだ。

ゆったりテーブルが配置されているのは、酒を嗜んだり、ゲームを楽しんだり、店内をフリーに使ってほしいから。

ちょっと照明を落とした店内には大きな円形テーブルが2卓とカウンター席。奥に2台のダーツライブとコインゲームが置かれ、ダーツを楽しむ人の席もある。店名のDiavoloは「悪魔」の意味だが、たしかにほんのちょっぴり、“悪そうな”雰囲気を感じる。

ハッピーアワーを利用すればお得に飲んで遊べる

マイダーツを持ってくる常連も多く、ダーツをきっかけに友だちになり、一緒に遊んでいる光景もよく見る。

この店では20時までドリンク半額のハッピーアワーに注目。もともと値段設定が高くないので、ほとんどのドリンクが300円以下で飲める。そしてもう一つのハッピーアワーが、21時まではダーツを含む全ゲーム100円。早い時間の利用なら、格安で飲めて遊べるというわけだ。

カウンターに席を取れば、隣席の人とすぐに仲良くなれそうなフレンドリーな雰囲気がある。

バーでありながら本格的な料理が目白押し

刺し身は人気メニューの一つというから、鮮度や味も推して知るべし。ビールはコロナ、ジーマ、ハイネケンなど各700円。テーブルチャージ別途300円。

初めてこの店を訪れた人が驚くのが、バーでありながら料理が充実していること。メニューを見れば、前菜、サラダ、肉料理、魚料理、揚げ料理、ご飯、パスタ、ピザとジャンル分けされ、それぞれ5~8種類の料理がラインナップされている。

「ダーツが売りでもあるのですが、しっかり食事ができるダイニングバーを目指しています」と谷川店長。

この日のおすすめは、刺身盛り合わせ1500円(仕入れにより内容・価格は異なる)、自家製チャーシューの炙り800円、日替わりパスタ(フレッシュトマトとモッツァレラチース)1000円。どれも店内で調理したものばかりで、若い客が多いこともあってボリュームも満点だ。

「以前、和食の店で働いていたので、どうしても料理に力が入ってしまいます。朝までやっているので長時間いるお客様も多く、お腹が空いてしまうようで、リクエストに応えていたら、こんなにも料理が多くなってしまいました」。谷川伸之店長が笑みを浮かべながら話してくれた。

蒲田の夜はなかなか寝かせてくれそうもない。

住所:東京都大田区蒲田4-5-6 プロスペリアビル2F/営業時間:18:00~翌5:00(土・日は17:00~)/定休日:不定/アクセス:京急本線・空港線京急蒲田駅から徒歩2分

取材・文・撮影=塙 広明