実は「浅草駅」だった時代も!

浅草駅時代(1910~31)にはこのようなドックもあり、物流の拠点だった。(提供=東武博物館)

2012年の改称が記憶に新しい本駅。東武鉄道の浅草延伸前は「浅草駅」だった時期もあり、長らく旅客・物流の一大ターミナルだった。現在の東京スカイツリータウンを歩くと敷地の広大さに驚くが、それは人と物資の結節点となっていた駅の歴史ゆえのものなのだ。

そんな浅草駅時代の痕跡は、おしなり公園内に石碑がある程度。一方、2012年まで約80年続いた駅名「業平橋」は、現住所・業平の旧町名であり、橋自体も現存。周辺にはその名を関したビルも多く、駅敷地内にも「業平橋乗務管区」の看板があった。駅のすぐ近くには「業平駅前店」と看板に掲げる古書店も残っていた。

ちなみに駅周辺では、歴史の長い街に多い手描き地図(日本標識ガイドセンターの案内板)の駅名も「とうきょうスカイツリー駅」に更新済みだったのが印象的。それだけインパクトの大きい駅名変更だったわけだ。

「業平駅前店」と掲げた古書店。
業平橋の前には前回の東京五輪時に業平橋一丁目町会が設けた石碑も。

駅名の変遷

明治35年(1902)【吾妻橋駅】
東武伊勢崎線を北千住から延伸して開業。その後は亀戸線(曳舟~亀戸間)の開通で一時廃止になった。
明治43年(1910)【浅草駅】
貨物駅として再開業後、浅草駅と改称して旅客駅としても再開業。舟運との積替えも行われる駅となった。
昭和6年(1931)【業平橋駅】
伊勢崎線が延伸して隅田川を超え、現在の浅草駅が開業したことに伴い駅名を改称。約80年続く駅名に。
2012年【とうきょうスカイツリー駅】
改称後も「旧業平橋」の名称も併記。なお近隣の押上駅も同年から副駅名として「スカイツリー前」を導入。

取材・文・撮影=古澤誠一郎
『散歩の達人』2021年9月号より