選定の基準3箇条
1.曲名や曲調が散歩向けであること
ウォークや散歩など、歩くことを連想させたり、ビートが効いていたりして、その気にさせるものであること。まずはこれが大事と考えました。基本的に後ろ向きな内容の曲は、散歩(ウォーキング)に向きません(ただし例外あり)。ジャズは後打ちで拍を取って歩くのも面白いですね
2.BPMは110~130前後
一般的に散歩やウォーキングにふさわしいBPM(1分あたりの拍数。楽譜にあるメトロノーム記号と同様です)は110~130前後といわれています。
3.いい曲であること。また内容(ネタ)があること
いい曲……は、まあ当然ですよね。さらにいえば、歩きながらその曲について思うことがあるといいと思います。ちょっとした思い出なんかがあると理想的。時間はあっという間に経ってしまいます。事実私はこのリストのおかげで1時間の散歩があっという間で、全く苦になりません。

この3条件のうち基本的にはすべて、最低でも2つ以上当てはまらないとプレイリストには入れません。またBPMがかけ離れているものは泣く泣く除外とさせていただきました。

オール・オブ・ミー(ソニー・スティット『サクソフォン・シュプレマシー』1959年)/長崎『マイルストーン』推薦

待ってたら前日に亡くなっちゃった。ジャズだなあって

スタートはビバップ時代から活躍したソニー・スティットの名盤から。パーカーの一番弟子と称されることの多いソニーですが、この人のブロウはパーカーと比べて随分軽快で柔らかく、しかも音の粒立ちがいいので、しっかり聴きこんでもBGMとしてもグッド。ウォーキングにも最適です。アルトもテナーも吹きましたが、やはりスティットといえばアルトのイメージが強い。推薦してくれたのは長崎市の『マイルストーン』の店主・夏目秀幸さん。「ソニー・スティットが大好きで、82年に病気を押して日本ツアーに来るって聞いて、長崎公演のチケット買って待ってたの。そしたら北海道の初演で倒れ、長崎の公演予定日前日に亡くなっちゃった。その公演予定日の7月23日、長崎はあの大水害に見舞われた日なんです」と苦笑い。「なんかジャズだなぁと思った」。ビバップ、ハードバップ、ソウルジャズと時代に合わせて次々とスタイルを変えつつ、生涯一サックス吹きを貫いたローン・ウルフでした。

BPM=138 ちょっと速めです。

長崎大学のジャズ研とも付き合いが長い『マイスルトーン』店主・夏目さん。

アフタヌーン・イン・パリ(ジョン・ルイス&サッシャ・ディステル『アフタヌーン・イン・パリ』1956年)/大阪『ディア・ロード』推薦

ジョン・ルイスとパリのジャズメンとのおしゃれな共演

なんともオシャレなジャケット、そしてブラシの効いたイントロに続いて始まるのは、当時売り出し中のバルネ・ウィランのテナー。まず、このソロがいい。元気だけど抑えるところは抑える絶妙のセンス。続くサッチャのギターもいかにもエスプリ漂うもので、全体を通して主役はサッチャとバルネ二人のフランス人と言っていいでしょう。このレコードを推薦したのは大阪市鶴見区『ディア・ロード』の酒井久代さん。いかにも主婦然とした優し気な酒井さんですが、子育て中もジャズへの情熱さめらず、ついには自分で開店してしまったというバイタリティの持ち主。「ジャズは昔聴いたときも、今聞いてもまったく同じ。古臭くない」と目を輝かせます。

BPM=133 標準的。

全国ジャズ喫茶巡りも実行中。『ディア・ロード』のママ酒井さん。
住所:大阪市鶴見区放出東3-20-21コンビビル4F/営業時間:13:00~19:00/定休日:月・水・第5土・日/アクセス:JR放出駅すぐ

カックーのセレナーデ(ローランド・カーク『アイ・トーク・トゥ・ザ・スピリッツ』1965年)/編集部武田推薦

梅にうぐいす、ジャズにカック―

春のジャズときいて最初に私が思い起こすのはこの「カックー」です。春はもうどうしても「カックー」なんで、どの店主も推してませんでしたがこの曲を入れさせてください。ローランド・カークは盲目のサックス&フルート吹きで、この人がすごいのは同時にいくつもの楽器を吹くという奇抜なスタイルでした。首にかけてるだけじゃなく、いくつかのマウスピースを同時くわえて吹き鳴らしてしまうのです。なんだかびっくり人間のようですが、聴くとちゃんと演奏が成立しているのだからさらにびっくり。楽器に細かい改造を加えるなど、見えないところの努力の賜物なのに、日本ではグロテスクジャズなどと呼ばれ色物扱いだったとか。そのカークが珍しくフルート一本に専念して作った真摯なアルバムの1曲目が「カックーのセレナーデ」。まるでどこかの民謡のように普遍的かつサウダーデを感じるメロディがすばらしい。後年ジェスロ・タルがカバーしたバージョンも有名です。

BPM=144 速いです。ラストの方で発せられる合いの手みたいな唸り声が素敵です。

2017年に公開されたドキュメンタリー映画『ラサーン・ローランド・カーク The Case of the Three Sided Dream 』予告編。これすごく観たいんだけど視聴方法がわからない……。

アイ・ソウ・スターズ(ジャンゴ・ラインハルト『ジャンゴロジー』1961年)/京都『ヤマトヤ』推薦

京都の老舗の心意気

と書くと、なにやら格式とか敷居といった言葉を連想します。いや、別に敷居は高くないんですが、歴史が古く、逸話を聴くだけで背筋がピンとなるようなお店が京都の『YAMATOYA(ヤマトヤ)』です。「チック・コリアが家族で京都滞在したときに、ここでクリスマスコンサートをやった」と聞いて心躍らぬジャズファンはいないでしょう。25歳からジャズを聴き始めたという店主・熊代忠文さんのおすすめはジプシージャズの創始者であり、悲劇のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの『ジャンゴロジー』(1961年)。と名フィドル奏者、ステファン・グラッペリとともに行われた1949年のイタリアツアーの歴史的音源が基になっています。どっから聴いても軽快で心躍る一枚ですが、ジャンゴの波乱万丈の人生の思うと、やはり背筋が伸びてしまいます。

BPM=130 軽やかです。

ウィリアム・モリスのひなぎくをあしらった壁紙をバックに『YAMATOYA』店主の熊代さん。

メイキン・フーピー(ジミー・スミス『クレイジー・ベイビー』1960年)/神戸『M&M』推薦

ハモンドオルガンが、呟き、唸り、歌い、ささやく。

神戸元町『M&M(エム&エム)』の若き二代目現店主・樋口優さんのおすすめは、どこかしらパンチの効いたグルーヴィなジャズ。で、店の一枚に選んでくれたのはファンキーなハモンド奏者のブルーノートアルバム。攻撃的な1曲目「ジミーが凱旋するとき」が目立つ一枚ですが、2曲目「メイキン・フーピー」はゆったり春っぽいナンバーです。58歳で先代のママさんが突然逝ってしまい、その2日後に家電量販店をやめて後を継ぐことを決めたという樋口さん(当時31歳)。「ジャズは本物の音楽なんです。若い人にもっと聴いてほしい。しかもいい音で」。店のマッキントッシュとJBLから流れでるジミー・スミスのオルガンは、楽器が呟き、唸り、歌い、ささやいているかのようだと取材者・常田カオルは書いています。う~聴きてぇ!

BPM=143 速いです。でも軽快!

『M&M』の若きマスター樋口さん。