群馬県前橋市にある「アーツ前橋」は、さまざまなジャンルの芸術を紹介する芸術文化施設。これまで、収蔵作品に若手作家の作品などを加えたテーマ展示〈コレクション+〉を開催してきた。

今回の<コレクション+>は「生の軌跡」―Traces of Life― と題し、「軌跡」をテーマに絵画や写真から映像、立体、インスタレーションに至るまで多彩な作品を紹介。無意識の表象、あるいは行為や運動の記憶など、さまざまなかたちで表出する「軌跡」についての考察を試みる。無意識の「軌跡」として表出する線や抽象的なイメージに着目し、それが描き出すものを感覚的に鑑賞することで、誰もが子どもの頃に持っていた自由な心を呼び覚まされる……そんな見どころが、この展覧会にはある。

武澤久《銀河》1991 年
鈴木ヒラク《Constellation#19》2017 年 撮影:神宮巨樹

アーツ前橋の収蔵作品を中心に群馬県内の美術館をはじめ所蔵家や作家の所蔵する貴重な作品が一堂に会する貴重な機会であることに加え、共通するテーマを持った作品を鑑賞することで、作品の新たな魅力を感じることができるはずだ。

「生の軌跡」―Traces of Life― 概要

会期:2021年11月13日(土)~2022年3月6日(日)
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30 まで)
休館日:水、 2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)。2月23 日(水・祝)は開館し、2月24日(木)は休館
会場:アーツ前橋 1F ギャラリー、地下ギャラリー
観覧料:一般500 円/学生・65 歳以上・団体(10 名以上)300 円/高校生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方と介護者1 名は観覧無料
※2022年1月9日(日) 前橋初市まつりのため観覧無料

出品作家:田島弘章、河口龍夫、駒井哲郎、砂盃富男、廣瀬智央、ジャン・デュビュッフェ、佐藤敬、掛井五郎、マックス・エルンスト、瑛九、ソル・ルウィット、福沢一郎、村田峰紀、小泉明郎、菅野創+やんツー、金子真珠郎、鈴木ヒラク、津上みゆき、山口薫、榎木陽子、岡本健彦、塩原友子、オノサトトシノブ、白川昌生、加藤アキラ、⿁頭健吾、伊藤存、武澤久

関連イベント「学芸員によるギャラリーツアー」

日程:11月23日(火・祝)、12月11日(土) 、2022 年1月22日(土)、2月12日(土)、3月5日(土)
時間:いずれも14:00~
参加費:無料 ※要観覧券
※要事前電話申込、各回先着10名。☎027-230-1144
※新型コロナウィルス感染症の拡大状況により、中止・変更の可能性があります。HP またはSNSで最新情報をご確認ください。