吉里 柏別邸

贅沢個室空間、楽しみ方はあなた次第

スタッフの高橋さん。客席は、お一人様でも利用できる全個室で、テーブル席と掘りごたつ席がある。

長く営んでいた古い居酒屋を、全個室の料亭にリノベ。風情のある石畳のアプローチを進み、店内に足を踏み入れると、落ち着いた空間が広がる。ランチタイムは、さまざまな料理が愛らしく盛り込まれた弁当や、華やかな御膳、本格的なコース仕立ての「膳」がメインだが、アラカルトでも注文可能。たとえば串焼きや鰻を少量頼みながら、お酒をいただくのも小粋な楽しみ方だ。目にも美味な日本料理は、松花堂弁当1980円、「膳」コースは3300円~と、昼ならリーズナブル。「柏なんだから量もたっぷりでないと」と、料理は上品だが盛りのよさも◎。

松花堂御膳3080円。大きなカニがついており、見た目にも満足感が高い。お酒は地酒をどうぞ。
細い間口から、細い石畳の道が続く。
スーツや和服でも座りやすい畳敷きのテーブル個室も人気。

『吉里 柏別邸』店舗詳細

住所:千葉県柏市中央町4-28/営業時間:11:30~21:30LO/定休日:不定/アクセス:JR常磐線・東武アーバンパークライン柏駅から徒歩4分

お料理 なかき

1~2人なら、店主との会話も楽しいカウンターへ

昼のコースは、先付、お造、酢の物、留物、お食事、香の物、デザートと盛りだくさん。

店主の中山繁人さんは新潟・三条の割烹料理店を営む家に生まれ、銀座の京料理屋で修業した“和食エリート”。縁もゆかりもない柏に店を構えたが、街の人に温かく迎え入れられ、ほのぼのと落ち着く店をつくり上げた。昼は3000円のコース一本のみと潔く、先付から食後のデザートに至るまですべて手作り。食材やお酒は店主の故郷・新潟のものを多めにセレクト。ランチに含まれる新潟郷土料理のわっぱ飯や「鶴齢純米吟醸」など、美酒・美食を、昼からゆっくり召し上がれ。

カウンター越しの店主との会話もご馳走のうち。日の高いうちから贅沢なひとときを過ごしたい。
繁華街の一角に暖簾(のれん)を下げて営業中。

『お料理 なかき』店舗詳細

住所:千葉県柏市東上町1-17 K2ビル1F/営業時間:12:00~14:30(水・木・土の予約のみ)・18:00~21:00最終入店21:30LO/定休日:日・第3月(不定あり)/アクセス:JR常磐線・東武アーバンパークライン柏駅から徒歩8分

構成=フラップネクスト 取材・文=木村悦子 撮影=山出高士