町田はさまざまな味のラーメンが入り乱れる群雄割拠の地。どの店に入ろうかふらついていると、ふと、気づく。店名に番号、多くね? 何か秘密があるんじゃね? 抑えきれぬ好奇心に誘われ、ナンバーラーメンを探して歩く。

まず、仲見世商店街で『81番』を発見。塩スープが上品で、なんともやみつきになる味わいだ。聞けば、『40番』という姉妹店もあるという。さらに線路沿いで「124Ag」という暖簾が目に留まる。店名『いぶし銀』の語呂合わせのようで、品書きも「ジャパン」や「ターボ」とユニーク。そんな遊び心に興味を引かれて口にすると、なかなかどうして味は本格派。まんまと心を奪われた。

塩、醤油とくれば味噌も食べたい。調べてみれば『3SO』と、わかりやすい店名が。早速赴き麺をすすると、ベジポタ風の複雑で新感覚な味わいに、グッと胃袋を掴まれる。目にすれば楽しく、食べてみればしっかり旨い。こうなれば、残りのナンバーラーメンもコンプリートすべく、いざ行かん!

81番

至高の塩スープはあっさりながら複雑な味を内包

うま味塩そば【細麺】+バルサミコ味玉 920円。乾燥えのきはパリパリ食感と鼻を抜ける芳香が味わいのアクセントに。トッピングで増量も可能。バルサミコ酢に漬け込んだ味玉は、食べ進めた後に口中をスッキリとリセットしてくれる。

店主の倉田裕彰さんは、パイン入りラーメンを看板とする店で独立。2店目はパインを使わず「ノーパイン=No.81」の語呂合わせで店名を決めた。鶏だしに、3種の煮干しと昆布の和風だし、シイタケと白ハマグリのだしを合わせた黄金色のスープは、あっさりだが旨味が深い。追って、ホタテオイルの薫香が鼻腔(びこう)を抜ける。全粒粉入りの細麺は喉越し、香りともに良し。箸を進める手が止まらない!

仲見世商店街の一角でタイル張りのカウンターが小じゃれている。

『81番』店舗詳細

住所:東京都町田市原町田4-5-18/営業時間:11:30~14:00・18:00~21:00(土・日・祝は11:30~15:00・17:30~21:00)/定休日:無/アクセス:JR横浜線町田駅から徒歩5分

いぶし銀

醤油が香る豚骨魚介スープにほっとひと心地

ジャパン+燻製味玉 980円。チャーシューは豚骨スープで3時間、タレで一晩、取り出して2日間寝かせて熟成する。「店名にちなみ、なにかいぶさないとなあ」と考えた東野さんは、味玉を燻製にした。

前日に仕込んだ豚骨スープがベース。そこにアレンジを加え、多様なラインナップをそろえる。中でも人気はジャパンだ。数種の煮干しと混合節の魚介だし、ローストした地鶏を豪快に投入して作る醤油スープは、上品で優しい味わい。もちプリ中太麺との相性も◎。口に入れた瞬間にとろけるチャーシューにも恍惚(こうこつ)となる。ちなみに店名は「ある日、突然降りてきた」と、店主の東野(とうの)明弘さん。

店内カウンター席の他、軒先に電車が見えるテーブル席があり、子供連れに人気。

『いぶし銀』店舗詳細

住所:東京都町田市原町田6-29-4寺田ビル1F/営業時間:11:30分~14:00・18:00~21:00(土・日・祝11:30~15:00・17:30~21:00)/定休日:水・第2・4木/アクセス:小田急線町田駅から徒歩3分

RA-MEN 3SO

味噌×魚介の新感覚スープに刮目(かつもく)せよ!

ニボシ 3SO(みそ)+味付たまご+のり 1050円。彩りのワンポイントには生ふが。季節によって形を変えていて、見た目にも楽しい。チャーシューは豚肩ロース。ひと口サイズの角切りで、口に含めばほろりと崩れる。

店主の杉﨑光幸さんは「新しいスタイルの味噌ラーメンを」と、味噌と煮干しを組み合わせたポタージュ風のスープを考案し、看板にした。味の決め手は、3種の味噌に野菜のペーストを加えた味噌ダレ。そこに豚と鶏の骨と煮干しでとっただしを合わせ、とろみあるスープに仕上げている。自家製ちぢれ麺に絡ませ一気にすすれば、煮干しの芳香がふわっ。味噌の塩味と野菜の甘みが口中を包む。

“3種の合わせ味噌のスープ”をキャッチーに表現すべく、数字入りの店名に。

『RA-MEN 3SO』店舗詳細

住所:東京都町田市木曽西4-1-31/営業時間:12:00~14:00・19:30~21:00(月は12:00~14:00)/定休日:火・第4月/アクセス:JR横浜線古淵駅から徒歩16分
illust_2.svg

まだまだあるぞ!ナンバーラーメン

紹介した以外では、『一番いちばん』や『三五八式』、『七面』、『九一麺』などが現役店舗として存在。過去には『69’N’ROLL ONE』が移転『鶏そば十番 156』、『六郷』が閉店していた。するとびっくり、すべての番号がそろっているではないか! ラーメン激戦区と言えど、ここまで番号だらけの街は、そうそうないだろう。

取材・文=高橋健太(teamまめ) 撮影=加藤熊三
『散歩の達人』2020年12月号より