BlueBird

吉祥寺喫茶カレーの新しい伝統ここにあり!

「カレーよりおいしいっていうお客さんもいます」というセットのサラダも楽しみ。17時から提供。1000円。

アメリカンダイナー風のスタイリッシュなインテリアながら、実は「カレーが人気の喫茶店」という吉祥寺カレー王道スタイルを踏襲。サラサラ系の欧風ルーの中に感じる確かな旨味は、人気店『ペパーミントカフェ』での調理や『モンタナ』での修業経験を持つという店主・田浦さんの経歴からも納得。衣に粉チーズを使ったサクサクのミラノ風カツにルーを絡めて、自家製ピクルスとともに頬張れば、駅からの遠さを補って余りある魅力に脱帽してしまうはず。

イラン製など各国の器から店主が気ままにチョイス。
コーヒー350円だけでも楽しめる。

『BlueBird』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市中町2-16-1武蔵野サマリヤマンション101/営業時間:11:00~21:00LO/定休日:土/アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩20分、JR中央線三鷹駅から徒歩8分

momo curry

30種のスパイスがマイルドに融合

ライスは通常白米だが玄米にも変更可。1100円。

タマネギなどの野菜やフルーツが生み出す濃厚でまろやかなルーの上に、約15種類の季節野菜がたっぷり。主役級の素揚げ野菜の奥に、ひょっこりチキンが顔をのぞかせるのもうれしい。追加トッピングのチーズや半熟卵を乗せれば一層まろやかに。店主・佐藤さんは「食は直接体に入るものなので健康も意識します」という。現在では、玄米のほか平日裏メニューの和定食も提供。カレー屋でありながらギャラリーやライブなどの需要も多い。

広々とした店内では応相談で飲み会やイベントも可能。
学生時代にアルバイト先の山小屋で出したカレーが喜ばれたのが開店のきっかけだそうだ。

『momo curry』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-9 富澤ビル2F/営業時間:12:00~21:00頃/定休日:無/アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分

Bar Balança

ラム酒がほんのり香る大人のカレー

カリー・バランサ970円にホットバタードラム1300円をぜひ合わせて。

深夜の吉祥寺で本格的なカレーを味わいたい時は、ここへ。一押しは、牛脂で炒めた牛ひき肉とタマネギをベースに、16種類のスパイスを加えたキーマカレー。店で潰すホールスパイスの芳醇な香りと、最後に一吹きするラム酒が香る一皿だ。口に入れたとたんあふれるほろ苦い香りのあとに、牛肉とスパイスの旨味、そして時を置いて、まろやかだが確かな辛さが広がる。ノーチャージながら、ブラジルの「カシャーサ」など珍しい酒やリキュール類も豊富。

ドラマーの店主・佐藤さんと中牟礼貞則氏などによるジャズライブも開催。
落ち着いた店内。窓からの眺めも最高だ。

『Bar Balança』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市御殿山1-2-3キヨノビル 3F/営業時間:18:00~翌2:00/定休日:不定休/アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分

構成=前田真紀 取材・文=増山かおり 撮影=井原淳一