常磐仙食堂

亀有を支える ザ・大衆食堂

トルコライス(並) 580円と、日替定食(焼鮭定食)600円。日替定食は鮭や若鶏唐揚げ、生姜焼肉などのメインが変わる。

1950年創業の昔ながらの定食屋。国産コシヒカリのご飯や天然だしの旨味を感じる味噌汁、創業以来のぬか床で漬けたお新香など、どれも食べれば心が温かくなる。人気のトルコライスは、メンチカツにマカロニサラダ、キャベツに、ちょいかけカレーがのったワンプレート定食。ボリューム満点で大満足の一品。カレーはフルーティーでスパイス香る大人の味わいだ。定食のライスは通常で250g程度とかなり大盛り。

3代目の斉藤篤さん。
焼酎を今や幻の酒ともいわれるホイスで割った酎ハイ(ホイスハイボール)340円。

『常磐仙食堂』店舗詳細

住所:東京都葛飾区亀有5-38-10/営業時間:11: 30~14:45LO・17:00~20:45LO/定休日:土/アクセス:JR常磐線亀有駅から徒歩3分

亀有 ときわ食堂

より安くよりおいしいがモットー

肉どうふ定食780円。創業から間もなくして開発。

創業から35年以上の老舗店。店主自らが千住の市場で仕入れた新鮮な食材を使った料理が豊富に揃う。特に肉どうふ(単品580円)は、柳川鍋をヒントにしており、鉄鍋で豆腐や豚肉、玉ネギを煮込んだ名物料理だ。甘辛い味わいは、定食でももちろん、酒の肴にもピッタリ。お昼には、メインが日替わりになるAランチ 580円やBランチ 680円を。ランチには、アサリがたっぷりと入ったこだわりの味噌汁が付いている。

店主の高橋光雄さんは、浅草にある『ときわ食堂本店』で修業をしていた。
旬にこだわり、季節ごとにメニューが変わっていく。

『亀有 ときわ食堂』店舗詳細

住所:東京都葛飾区亀有3-11-13 /営業時間:11:15~15:30 LO・17:00~21: 30LO(日曜日は通し)/定休日:木/アクセス:JR常磐線亀有駅から徒歩5分

お食事処 田吾作

目で驚愕!おなかで大満足!!

マグロころころステーキ定食(あじフライ1枚付)750円。 夜は酒とともに定食を楽しむ常連も多い。

家庭的な雰囲気の定食屋で、創業は1967年。料理は注文を受けてから一つひとつ手作りをしている。定食はメイン料理のほか、小鉢が4品、サブ料理が1品も付く豪華版。日替わりの小鉢ではお袋の味を堪能できる。人気は、マグロころころステーキ(あじフライ1枚付)。やや甘くピリッとした味付けのマグロは、ご飯が進むと評判だ。サブ料理のあじフライもふっくらとして旨い。肉料理の定食にはマグロ中落ちがサブで付く。

味噌味の特製玉子焼き500円。濃いめの緑茶は客の健康を思ってのサービス。
創業者の渡辺正男さんとスタッフの皆さん。

『お食事処 田吾作』店舗詳細

住所:東京都葛飾区東金町3-32-2 /営業時間:11:30~15:00・18:00~23:00/定休日:日/アクセス:JR常磐線金町駅から徒歩10分

構成=フラップネクスト 取材・文=速志淳(アド・グリーン) 撮影=オカダタカオ

紹介スポットをマップで見る