水新菜館

浅草橋の顔ともいえる町中華です

江戸通りにあるひときわ目立つ看板の『水新菜館』。ランチ時はいつも行列ができている。

店主の寺田規行さんの曾祖父が果物店を開いたのが明治30年(1897)。その時の店名が「水新」。果物を水菓子といった時代で、曾祖父の名前は寺田新次郎だからこの店名になった。場所は現店舗の向かい、みずほ銀行のところだったが、関東大震災後の区画整理で今の場所に移ったそうだ。戦後はパーラーとなり、あんみつ、焼きそば、ラーメンなどを出していた。それを現店主が引き継ぎ、「菜館」となったのが1972年のことだ。

料理がおいしいのはもちろん、店主の寺田規行さんのお客さんのさばき方やトークもこの店の名物だ。
イベリコ酢豚定食950円。
ギョーザ520円、あんかけ焼きそば950円。

『水新菜館』店舗詳細

住所:東京都台東区浅草橋2-1-1/営業時間:11:30~15:00・17:30~20:45/定休日:日、第2・4 土/アクセス:JR総武線浅草橋駅から徒歩3分

中国料理 十八番

ニラそば+小ライスがめちゃ旨い

ニラそば650 円は肉とニラがスープに絡んで美味!小ライス150円。

浅草橋の路地に忽こつ然ぜんと現れるこちらのお店。店頭にはその日のサービスメニューが手書きで書かれている。ほとんどの客はこれを注文するそうだ。毎月、18日は全品150円引きになるのでねらいめだ! 店主の八代満さんが、西浅草にある『十八番』で働き始めたのは18歳の時。その後、チーフとして働き、1992年にこの場所で独立した。表通りでないだけに最初は不安だったが、今では常連さんたちに支えられている。開業の時に借りた資金もほとんど返し終えたそうだ。

八代満さん。かに玉丼750円。
常連さんたちに支えられている店だ。

『中国料理 十八番』店舗詳細

住所:東京都台東区柳橋2-9-5/営業時間:11:30~16:00・17:30~21:00(土は11:30~14:00)/定休日:日・祝/アクセス:JR総武線浅草橋駅から徒歩4 分

上海ブラッセリー

無国籍な看板に「中華食堂」の文字!

センターが店主の泰江さん。

店の後ろが神田川で、店からまっすぐ垂直にのびている道の向こうからでもわかるようにと大きな看板をつけたと言うのは、オーナーの泰江卓朗さん。どことなく異国情緒あふれる店名と看板だ。泰江さんの実家は西船橋の町中華。そこをずっと手伝っていた。浅草橋に店を開いたのは1995年のことだ。ランチ人気メニューの麺類についてくる半チャーハンは刻んだ紅ショウガが入っていて独特の味わい。いくらでも食べられる。

ミソラーメンのランチセット850円。麺類には半チャーハン(大盛り、特盛り無料)つき。
海鮮と野菜の塩炒め950円(税別)、冷菜1皿各400円(税別)、甕出し紹興酒デキャンタ2300円(税別)。

『上海ブラッセリー』店舗詳細

住所:東京都台東区浅草橋1-1-8 FP浅草橋ビル1F/営業時間:11:30~14:00・17:30~23:00(土は11:00~14:00・17:30~22:00)/定休日:日・祝/アクセス:JR総武線浅草橋駅から徒歩3分

中国料理 中華楼

大正時代に創業した超老舗町中華

ソフトシェルクラブ長葱ソースかけ1980円、自家製チャーシュー1320円、カメだし紹興酒2合1540円。

亀戸で和菓子屋をやっていた初代の塚田新一が関東大震災の後、この場所にきて開業した。「風水の知識があったので、ここを選んだと聞いてます。あと、隅田川を越えてお店を持ちたいと常々言っていたそうです」と言うのは4代目の塚田素久さん。創業者の「店を広げてはならない」という言葉を代々守り続けているそうだ。

酸辣湯麵960円。
右から3人目が4代目の素久さん。

『中国料理 中華楼』店舗詳細

住所:東京都台東区浅草橋3-32-3/営業時間:11:20~14:00・17:00〜21:00LO/定休日:日・祝/アクセス:JR総武線浅草橋駅から徒歩6分

構成=フラップネクスト 取材・文=下関マグロ 撮影=山出高士