攻める創業116年の老舗

JR飯田橋駅東口と地下鉄九段下駅の中間、目白通り沿いにある『ファリーヌキムラヤ』は、明治38年(1905)の創業。銀座の『木村屋總本店』で修行した長野県川中島出身の初代が、暖簾(のれん)分けをして現在の地で開業した。

116年続く老舗ながら身構えるような重厚さはなく、店内は明るく気安い。そしてすぐに気づくのが、総菜パンの充実っぷりだ。

この日の取材が昼前ということもあったのだが、定番で人気1位というカレーパンはもちろん、玉子やフライ系の総菜パンがズラリと並んでいる。その中で毎月のように出されている新作パンがあるのだが、このときはなんとホッケサンドなる、かなり攻めたメニューが。『ファリーヌキムラヤ』の新作パンはなかなかの注目枠で、過去には餃子サンドという攻めすぎたメニューもあった。この老舗には珍しい身軽さは、なかなか魅力的である。

ホッケサンドは230円。和風おろしをあわせています

これらの新作を考えているのは、四代目(になる予定)の山崎裕太さん。現在のオーナー、三代目である山崎尚宏さんの甥に当たる。今回は尚宏さんと裕太さんの2人に、いろいろと話をうかがった。

街の変化と店の変化

左が山崎裕太さん。右が三代目の山崎尚宏さん。

店ができた当時は、周囲に飲食店はほとんどなく、かなり繁盛したそうだ。その頃はパンを『木村屋』から仕入れて売っており、タバコも併売。さらに喫茶店もやっていたんだとか。

商売を変えたのは二代目。周囲に喫茶店が増えてきたこともあり、隣の建物に工場を作り、自社でパンを焼くように。店はここでベーカリーとなったのだ。今こそオフィスが並ぶ飯田橋だが、かつては水道橋にかけて国鉄の官舎があって地域住民が多く、焼きたてのパンはとても売れたそうだ。

現在の店前。多くのビルが建ち並ぶ。

「そのうち(昭和40年代以降)、スーパーができてコンビニができて、仕入れて売っていたパン屋はきつくなっていったんです。うちは自分のところで焼いていたから、なんとかなったんですよ」(三代目・尚宏さん)

名物メニューのアンパンは160円。ずっしり重いアンたっぷりタイプ。

しかし、街の変化はまだ続く。国鉄がJRとなるのに併せ官舎のあるエリアが再開発され、オフィスやホテルが建ち並び始めたのだ。店の近くにある『ホテルメトロポリタンエドモント』(JR系列)ができた1985年頃は景気がよく、飯田橋だけでなく都内で建設ラッシュとなっていた。

ずらり並んだパンを眺めるのは、ベーカリー巡りの喜び。

「その頃は建設現場の職人さんが朝、買っていくことが多かったですね。バブルが弾けて建設ラッシュが落ち着くと、現場の人達が減って、近くに建ったオフィスの人たちに切り替わりました。今度はお昼に食べる総菜パンが売れるようになって、だんだん種類を増やしていったんです。パンもその土地に合わせたパンを作らないと、生き残れないんですよ」(三代目・尚宏さん)

街が変われば、客層が変わる。客層が変われば、店も変わる。現在の『ファリーヌキムラヤ』は、116年かけて現在の形になったのだ。

安くてボリュームたっぷりなワケ

さて、そんな『ファリーヌキムラヤ』のパンは、ボリュームたっぷりなうえに安い。ナンバーワン人気メニュー、カレーパンの断面を見てもらえば分かるだろう。

UFO型のカレーパン160円。
少し寄っているが、かなりの量のフィリング。

ドシッといった感じで詰まったフィリング。しかも柔らかく煮込まれた牛肉がゴロッと入っているのだ。辛さは控えめながら、1個だけでかなりの満足感を得られる。

そして売上2位という、チキン竜田揚げサンドも圧巻。明らかにパンより大きいチキンはラー油マヨとの相性もよく、パクパクいけちゃうのだが、これまた1個で腹八分目までいってしまう。こんなパンを食べていたら、近隣のサラリーマンやOLは太ってしまうのでは?

焼きたてパンが次々と並べられていく!

「安くてボリュームあるパンはうちの売りですから。この値段とボリュームは、うちが自社ビルだから実現できるんです」(裕太さん)

15年ほど前に小麦粉を変えて、パンの味が一層、良くなったという。確かにしっとりして甘みのあるパン生地は絶品。パン自体がおいしいからこそ、フィリングがボリューミーでも、パクパク食べられるのだ。

これからが楽しみな老舗

裕太さんはもともとサラリーマンをしていたが、三代目で叔父である尚宏さんに跡継ぎがおらず、一念発起して四代目となることを決意した。店が長い歴史を持っていることもあり、「自分が潰すわけにいかない。常連さんをがっかりさせたくない」という思いは強いという。

しかし、だからといって、なにも変えないわけではない。前述のように新作パンは、すべて裕太さんが考えている。新作のほとんどは、そのときだけの限定なのだが、過去にはレギュラーメニューに昇格したものもあるという。常連さんをがっかりさせないためにも、『ファリーヌキムラヤ』を少しずつ変えていこうとしているのだ。

コロナ禍の影響もあって、明らかな中食の需要が増えた。もともとテイクアウトであるベーカリーは、悪い影響は受けないのだが、裕太さんはさらにデリバリーサービスも考えているという。

クリームパン(160円)は、しっかりグローブ型。

116年、続いてきた『ファリーヌキムラヤ』。この先、どのように変わり、どんなおいしいパンを食べさせてくれるのか、未来が楽しみな老舗ベーカリーなのである。

『ファリーヌ キムラヤ』店舗詳細

住所:東京都千代田区飯田橋2-9-5 キムラヤビル1F/営業時間:6:30~18:00 (土は~16:30)/定休日:日・祝/アクセス:JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩すぐ

取材・撮影・文=本橋隆司(ソバット団)