illust_6.svg

視線の先には生い茂る木々。「シロはどこだー!」と、『ねじ式』風に叫ばずにはいられない。城は観光地ではなく軍事施設。生半可な気持ちで足を運んではいけない。

だがここは、光秀ゆかりの城の中でも、群を抜いて個性的だ。特にそのスリバチ天国っぷりには、地形マニアも思わずうなるはず。「こんな城もありなのか」と、目からウロコ。アクセスのハードルは高いが、わざわざ訪れる価値はある。

住所は京都市内。だが京都駅から北へ向かうこと車で約1時間、バスなら1時間20分もかかる。旧京北町エリアを代表する産業は林業で、毎年「木こり技能大会」も開催される。歴史上、数々の名建築を産んだ北山杉の産地は、京の都から一山も二山も越えた先にある。周山はこのエリアの中心地で、かつては京都と若狭湾の小浜を結ぶ周山街道(現在の国道162号)のほぼ中間点。隣国・丹波から京都を睨む位置でもあり、光秀はここを要地と見たわけだ。築城は丹波平定から2年後の天正9年(1581)、本能寺の変のわずか1年前。従兄弟の光忠が居城としていた。

周山城への登城口。正面のとんがった山が城跡。

周山城の登城口は少々わかりにくい。周山市街の旧道沿い、JA京北支店前バス停脇から西へ。住宅街を抜けた先の行き止まりにある、茅葺屋根の民家脇から山へ入ってゆく。

登城口からの登山道がゆるやかなのはほんの数分で、いきなりドカンと壁が立ちはだかる。さっそく来たか。

右上の方に見える横線が尾根。最初の関門があそこだ。

はるか頭上に尾根が見える。周山城の比高は220mだが、ここだけで100mぐらいはありそう。つづら折りの小道をたどり、息を切らせながら歩を進めること10分ばかり。なんとか尾根にたどりついた。

尾根に上がる手前の堀底道。

ちょうど斜面から尾根へ上がる部分が、土塁を用いた虎口状になっている。「まずは入口で敵を防ぐ仕掛けか?」と思われるが、後世の造成の堀底道のようにも見える。ここを抜けた尾根上にかなり広い平坦地があり、そこも城域らしいので、虎口があってもおかしくない。心臓破りの急斜面の先に虎口を構えるのは、防御思想的にも理にかなっている。

が、城の遺構らしきものはそれぐらい。その先、今度は尾根から斜面に細くつけられた小道をたどる。足を滑らせないよう気を張りながら先へ。

※堀底道(ほりぞこみち)/幅が狭く凹んだ地形の道。頭上からの攻撃にさらされやすい。
※比高(ひこう)/麓から城の最高地点までの標高差。
入口である虎口の先。道ははっきりしているが細い。

150mぐらい進んだところで、道は折れ、方角を変えて鬱蒼(うっそう)とした森へ。ここから少しづつ登りに。道は相変わらず細く心もとない。ホントにこの先に城があるのか? 不安にかられつつ、林間の道をたどる。

「獣の眼」で目を凝らせば、かすかな道が見えてくる。

入口の虎口から10分ばかり歩いただろうか。ようやく、はっきりした城の遺構が現れた。平虎口だ。石積で補強した土塁が、侵入者を阻むように両側から迫っている。

写真の中央、土の盛り上がりが切れたところが平虎口。
虎口の両側に、石積がはっきりと見てとれる。

虎口自体は折れのないタイプの平虎口だが、ここまで登ってきた道からは右に直角に折れ曲がる。その手前の細い道の右手は、ただの斜面のように見えていたが、実は上部は土塁になっていた。傾いて滑りやすい斜面の道を、頭上からの攻撃をかわしながら駆け抜けた先に、右に急転して虎口。突破するのは容易ではない。

斜面を登り、虎口を抜け、ようやく本格的な城の中心部へと突入したかと思いきや。

甘かった。

まだまだ道が続く。本丸は正面の山の上……。

目の前には反り返るような急斜面。まじか。

山城ではしばしば「これ登るのか……」という場面にでくわすが、「城内に着いたー!」と思った瞬間にそれが来ると、精神的ダメージが大きい。

さっき延々、壁みたいな急斜面を登ったのに、またか。比高と距離は半分くらいなのが、せめてもの救いだ。

水分補給で一服。気合を入れ直す。幸い、見通しはいいので迷うことはなさそうだ。しかしこれ、上から巨石とか落とされたら逃げ場がないな……。

登り切った先でまた、直角に曲がる平虎口があり、その中は妙に細長い尾根上の曲輪だった。

苔むした巨石が点在する。妙になまめかしい。

一部薄いところもあるが、両サイドは土塁でしっかり防御。大小様々な岩石が散らばっているのは、破城の跡? いずれにしろ相当の量だ。堀底道というよりは、明らかに曲輪といえる広さと形状。その半分はゆるやかな斜面になっていて、その先が本丸になる。

※破城(はじょう)/不要となった城を破却すること。

本丸の中央部は、土塁にグルリと囲まれてすり鉢状になっている。本丸自体も土塁で外周を覆われているので、同心円状に二重スリバチ状態。こんな不思議な形状の城は、見たことがない。それぞれに虎口はあるが開口部がずれていて、直線的な侵入を阻止する造り。

本丸中央部。手前の開口部は左右が微妙にズレている。

本丸には天守もあったとされ、光秀が豪商で茶人の津田宗及(つだそうぎゅう)と、十五夜の月見を楽しんだという話も残る。しかしこの山中に天守を築くのは相当だ。木材はふんだんにあるが、瓦など麓から運ばざるを得ない資材も多数あったはず。もし自分が家臣だったら、「ちょ、待てよ」だ。

本丸西側の土塁。ここにも岩石が多用されている。

周山城の見どころは、まだまだ本丸の先にも。段曲輪が連なる西側の尾根を下った先にあるのが、圧巻の高石垣。斜面の側に回りこむと「おおっ」と思わず声が出る。

※段曲輪(だんくるわ)/段々畑のように斜面に連続する曲輪。
緩くカーブを描くように積まれた姿が美しい。

握りこぶし大から人頭程度の大きさの石による野面積。急斜面と一体化し、さらにその上へと盛り上がっている。つまり切岸&高石垣のハイブリッド構造だ。美しく、かつ鉄壁の守り。光秀、やるな。

※野面積(のづらづみ)/加工度合いが少なく、自然形状に近い状態の岩石で積む方法。
※切岸/斜面を人工的に削って断崖絶壁化したもの。

高石垣のある北斜面には、見どころがもうひとつ。井戸だ。城にとって重要ポイントのひとつである井戸だが、石垣や土塁と比べて見つけにくいことが多い。過去何度、井戸を追ってヤブや谷間に迷い込んだあげく、発見できず諦めたことか……。

本丸手前まで引き返してから、少し下るのが、井戸を探すには正しいルートなのだが、今来た尾根を登ってまた下って、というのはシンドイ。位置的には、高石垣から斜面を横移動していけばショートカットになるし、水平移動ですむ。というわけで道なき急斜面を這いつくばって進んでゆくと……。

シダに囲まれた中に「井戸跡」の標示が立っていた。
石組内側の湿った地面には雑草が繁茂している。

井戸、無事発見。

小ぶりだが、しっかりと残っていると感動もの。本丸からの距離も近くて使い勝手はよく、見通しの良い急斜面のど真ん中にあるため、水回りを押さえに来る敵も撃退しやすい。さすが光秀だ。

そのまま斜面をカニ歩きで移動してゆき、北に伸びる長い尾根にたどりつく。縄張図だと、ここにも段曲輪が連なっている。上から眺めると一見、単調。だが下ってから振り返ると、ところどころにガツンと落差が。見事な切岸。左右いっぱい、あおりで写真を撮る。

壁のように迫る北尾根の切岸。

縄張図上だと、約200mは段曲輪が下へ下へと連なっている。「下れば下った分だけ、帰りは登りなんだよな。でも、いい切岸がまだ先に隠れているかもしれないし」と逡巡しつつ、結局、鞍部になった城域の端っこまで歩いて行ってしまった。

※鞍部(あんぶ)/尾根の低く水平に続くところ。

折り返しの道程は予想通り。切岸に出会うたび、這うように登る。頭上から城兵の攻撃がないだけマシか。途中で脇にそれるかすかな別の道を発見し、たどってゆくと「破城跡」の曲輪に到達した。

登りに比べて下りは早いし、身体的にもかなり楽。今回のように、元来た道を引き返す場合は、迷う心配もなく残りの距離もわかっていて安心。往路で感じた「はてしなさ」はまるでなく、無事に城を攻め落とした満足感に包まれながら、ビクトリーロードを下っていったのだった。

『周山城』詳細情報

住所:京都府京都市右京区京北周山町城山/営業時間:見学自由/アクセス:JR・私鉄京都駅からバス1時間20分

取材・文・撮影=今泉慎一(風来堂)

城跡に足を運ぶ時、ただ漫然と本丸に立つ「〇〇城址」碑を目指すのは、実にもったいない。戦国武将か足軽かの視点で、攻め込む。整備された登城路でも、時にヤブを漕いでの道なき道でも、そこが戦国時代に見たてて登れば一転、「城歩き」が「城攻め」に変わる。それだけで、城の楽しみは倍増する。2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』主人公、明智光秀ゆかりの城へ。せっかくならば秀吉にやられる前に攻め落としてしまおうではないか。読み進めればきっと、「明智の城をいかに落とすか」という視点で、城攻めを疑似体験できるはず。
2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』主人公、明智光秀ゆかりの城へ。第2弾は丹波国(現在の京都府中部・兵庫県北東部)の山城。八上城は、光秀が落とした城として最も著名。ナメてかかると痛い目を見る、本格派の山城だということ。第1回の明智城と明知城が初級なら、こちらは中級~上級者向けかも。