原の台バス停から滝めぐり遊歩道へ

原の台バス停付近の駐車場から歩きだす。トイレがあるので済ませておこう。ここからは「滝めぐり遊歩道」の道標に従って歩く。くねくねとした舗装道路を下っていくと、養老川沿いの遊歩道にでる。渓谷歩きといってもナメ床の穏やかな流れに沿って舗装された道であり、小さな子どもでも安心。途中に何箇所か飛び石のようなところもあり、ちょっとした冒険気分も。フィナーレを飾る粟又の滝は全長100メートル、房総一を誇る滝だ。谷沿いで日陰も多いので、秋冬はしっかりした防寒具を忘れずに。

駐車場から指導標に従い、住宅地を歩いていく。
川底がナメ床になっている。水の中も観察してみよう。
ナメ床は光の反射が美しい。
粟又の滝を眺めてひと休み。
落ちないように気をつけて!
河原に下りられる場所もあるが、滑りやすいのでくれぐれも注意。
粟又の滝入り口。すぐそばに粟又ノ滝バス停がある。

POINT 養老渓谷駅足湯

養老渓谷駅には足湯が併設されている。鉄道または駅駐車場利用の場合は無料で入浴可能。それ以外は大人140円、小人70円。帰宅する前に疲れた足を癒やしていこう。駅前には観光案内所もあるので、ハイキングの前に立ち寄ろう。

コースMAP

【モデルルート】
原の台バス停
▼ 約15分
滝巡り遊歩道入口
▼ 約1時間
粟又の滝
▼ 約5分
粟又ノ滝バス停

トイレ情報

原の台バス停付近の駐車場と粟又の滝付近の駐車場にトイレあり。養老渓谷駅のトイレは新しくて清潔だ。

コンビニ・スーパー

養老渓谷駅周辺には売店がほとんどないので、行動食や昼食などはあらかじめ充分な量を用意しておこう。『養老渓谷やまびこセンター』近くにはスーパーがある。

アクセス

【鉄道】
行き
小湊鐵道 養老渓谷駅 下車
▼小湊鐵道バス(約12分 340円)
原の台バス停

帰り
粟又ノ滝バス停
▼小湊鐵道バス(約15分 400円)
小湊鐵道 養老渓谷駅
※原の台バス停には駐車場が併設されている。粟又ノ滝バス停から原の台バス停までは徒歩約30分。

【車】
圏央道 木更津東IC
▼約31㎞ 約40分
原の台バス停

鋸山は千葉県を代表する低山のひとつ。今回紹介するのは、『鋸山ロープウェー』を利用して岩山に切り開かれた日本寺境内を歩くコースだ。
※2020年は新型コロナウイルスの影響により、富士山の登下山道は通行止めとなりました。年間20万〜30万人が訪れる富士山。コースが整備され、山小屋が多く、登山未経験でも観光の延長のような気分で挑戦する人が多いのは事実。しかし、高山ならではの注意点があるので覚えておこう。まずは高山病。だれか一人でも体調が悪くなったら決して無理をせず、すみやかに下山を。それから防寒対策。フリースやダウンはもちろん、ニット帽や手袋も用意しておくこと。防風用のシェルも必携だ。