「1990年からサイン鑑定の勉強を始め、その道のトップを目指して研究を続けてきました。これまでに鑑定したビートルズのサインの数は3000点を優に超えると思います。また、先日はビートルズが使ったとされるピアノを鑑定するためにシンガポールまで出向きました」

本多さんの鑑定済みである「メンバー4人揃った本物の直筆サイン」(鑑定・保証書付き)は超貴重。これは1963年9月5日、イギリス・トーントンで行われたコンサートの際、ファンの女性がサイン帳にもらったもの。ビートルズ研究所会員特別価格で110万円。
店内すべてビートルズという景色が壮観。壁には直筆サインが飾られている。様々なセールが開催されており、会員登録をすればセールの告知ハガキや最新のカタログが届く。初めての人は電話で確認を。

国内・海外問わず多くの直筆サインや貴重品の鑑定依頼が寄せられるという本多さんが、ビートルズ・ファンとして生きていく手段となる『ビートルズ研究所』を立ち上げたのは95年のこと。その名のとおり、当初はマニアやコレクターが集うサロンのような場所だったという。この店の最大の特徴は本物へのこだわり。レコードを中心に、書籍、グッズ、サインなど、世界中から集められたアイテムの数は約5万点。その一部が店内に置かれているわけだが、貴重品の数々にファンならばその場にいるだけで幸せな気持ちになる。

同アルバムのプロデューサー、フィル・スペクターが所有していた『レット・イット・ビー』のゴールドディスク。ビートルズ研究所の中でもとくに貴重なアイテムのひとつ。
1966年のビートルズ来日の際に日本航空がビートルズに用意した法被。これはビートルズ一行に配られた本物で、当時のロード・マネージャーのマル・エヴァンスが保管していたもの。

「開店当時に比べると、若い人が増えていると思います。昔は親にビートルズを押し付けられて嫌がる子供も多かったのですが、最近は自分から興味をもつ子が多い。ビートルズのよさは教えられるのではなく、自然に気づき、ファンになっていくものなんでしょう」

「ビートルズは、自分が生きているという命」と言う本多さん。もともと理数系でデータ主義だったところが、思い込みで判断せず緻密に精査する鑑定の仕事に活きている。
「その分野のトップにならないとプロにはなれない」と、日々の鍛錬をおこたらず、情熱を燃やし続けてきた本多氏。数千点にもなるファイルには、これまでの鑑定の歴史である写真やコピーが保管されている。
【Master's Choice 1/213】 All You Need Is Love
中学生の頃に同級生が持ってきた日本盤のLP『ビートルズ!(ミート・ザ・ビートルズ)』が出会いという本多さんが選ぶ1曲は、「愛こそはすべて」。“愛さえあれば何もいらない”ではなく“愛が必要だ”とジョンは歌った、と本多さんは語る。

ビートルズに限らず、誰かに教えてもらうのではなく、自分自身のセンスでその魅力に気づいたものこそ、好きになる本気度が強いもの。本気になった時、ビートルズ研究所は日本一、いや世界一心地いい空間といえるだろう。

取材・文=竹部吉晃 撮影=小野広幸

住所:東京都新宿区下落合1-3-16 ジョリーメゾン407/営業時間:12:00~20:00(日・祝は~19:00)/定休日:火・水(祝の場合は営業)/アクセス:JR・地下鉄・私鉄高田馬場駅から徒歩5分
JR神田駅から徒歩3分ほど、三越前や新日本橋にもほど近いビジネス街の一角に一軒のうどん屋がある。『神田肉うどん』は北九州のうどんが食べられる繁盛店。もちもちの麺が人気で朝も昼も多くのサラリーマンが訪れ、おいしそうに丼を傾けている。多くの常連客を抱える店だが、夜にはその名前を変え、音楽好きが通うバーに変貌する。『MUSIC UDON BAR LENNON』。これが、この店の夜の顔だ。
職業=ポール・マッカートニー 永沼忠明 × 『THE BEATLES 10』パーソナリティー カンケデビューから60年近く、いくつもの世代にわたって愛されてきたビートルズ。その魅力は今も色褪せないが、聴き方には変化もあるようだ。長年ファンと関わってきた2人が語る、“東京×ビートルズ”の軌跡。3月24日発売の散歩の達人POCKET『東京ビートルズ地図』に掲載している対談から、その一部をお届けします。