店名の由来はヒンドゥー教の女神

目黒駅からすぐ。ビルの中の階段で2階へ。建物の逆側からは緩やかな外階段から直接2階に入れる。

目黒駅前の雑居ビル。ビルの入り口で看板を確認して階段で2階へ。大勢の人が行き交うビルの前の光景とは打って変わって静かなビル内で、ひときわ輝くオレンジの看板が『ラクシュミー』の目印だ。

ラクシュミーとはヒンドゥー教の女神様の名前で、インドやネパールでは「ラクシュミーちゃん」という名前の女の子も多いんだとか。

2階でひときわ目立つオレンジ色の看板。
新型コロナ対策で付けられている透明のカーテンがいい感じに幻想的な雰囲気を醸し出している。

店のオーナーであり店長のバッタチャン・ジャングさんはネパールの少数民族・タカリ族の出身。

高校生の頃、ヒマラヤトレッキングのために地元の村に泊まりに来た日本人との出会いが日本に興味を持つきっかけになったという。

店長のバッタチャンさん。日本人が口にする「どうもありがとう」の意味を知りたくて日本語の勉強を始めたんだとか。

高校卒業後、カトマンズで大学に通いながら日本語の勉強を始め、1988年に来日。日本語学校に通いながらアルバイトをしていたインド料理屋に就職し、店長として働いた。そしてそのお店にお客として来ていた日本人女性と結婚。「最初は観光目的で3カ月のつもりでしたが、そのまま日本にいます」と笑う。

毎日食べても飽きないネパールの家庭の味

注文したのは2種類のカレーと数種類のおかずがワンプレートに乗った“アマのダルバート”。タカリ族は料理上手として知られる民族で、親せきや友だちを招いておもてなしをする文化があるそう。そのおもてなしの席で出される料理がダルバート。日本でいう“定食”だ。

アマのダルバート1408円。フレッシュトマトのペースト、大根のアチャール、青菜炒め、インゲンとひよこ豆炒め。カレーはチキンと豆の2種類。

“アマ”はネパール語でお母さんのこと。チキンカレーがマトンカレーになったり、豆カレーの豆の種類が違ったりと、各家庭でそれぞれお母さんの味があるとのこと。いろんなお家のダルバートを食べてみたくなる。

端からひとつずつ味をみていこう、と思ったら「ダルバートはひとつずつ食べるものではないですよ。ちょっとずつ混ぜながら一緒に食べます。すると、すごく味がマッチするんです」とバッタチャンさんが教えてくれた。全部のバランスを考えて一つひとつ味付けしているそう。

甘めの豆カレー、ピリッとするチキンカレー、そのほかのおかずを少しずつライスに乗せて一緒に食べる。

複雑な味がするかと思いきや、辛さや甘さが融合し、すごくまとまったまろやかな味に。バスマティライスとの相性も抜群だ。味が濃すぎず、朝晩食べても飽きないのがネパール料理の特徴だという。

インド料理とネパール料理の違いは?

『ラクシュミー』のメニューにはネパール料理だけでなく、インド料理のメニューもたくさんそろう。ネパール料理とインド料理の違いをバッタチャンさんに聞いた。

「インド料理とネパール料理は仕込みからまったく違うんです。本場のインド料理はソースがいちばん大事。バターチキンカレーのベース、エビカレーのベース、チキンカレーのベース、それぞれ別々に仕込んで、そこに具を入れて仕上げます。一方ネパール料理では、素材そのものを炒めるなどしてスパイスで味付けをします」

隣国だし、ほとんど変わらないのでは? と思っていたが、まったく違っていた。ちなみに、ネパールにナンはないそうだ。

長い串にチキンを差しタンドール窯で焼く。厨房のスタッフもタカリ族の出身。

リピーター続出! 次は誰かを連れてきたくなる

店内ではお客さんの多くがバッタチャンさんに気さくに話しかける。オープン当初から通っているという常連さんに、おすすめメニューを聞くと、「とり皮炒め、砂肝炒め、タンドリーチキンサラダ、マサラパーポード、モモ……」と次から次へ出てくる出てくる。カレーはいつも締めに食べるんだそう。

「お願いすればいくらでも辛くしてくれるし、辛いものが苦手なら調整してくれる」。だから誰を連れてきてもOKなのだという。

一度来たら次は誰かを連れてきたくなるお店。お客の約8割がリピーターだというのもうなずける。この店が地元で長く愛される理由がわかった気がした。

住所:東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目2F/営業時間:11:30~LO15:00・17:00~L.O.22:30/定休日:火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩1分

取材・文・撮影=丸山美紀(アート・サプライ)