1964年大会の2年後にスタートした日本の新体操の歴史

テストイベントには東京女子体育大学新体操部7チームも参加。新型コロナ感染対策で演技中以外はマスク姿なのが今様だ。

キラッキラだわ! テストイベントで初めての新体操に感動した。後ろに投げたボールを相手が背中で受けたり、フープの中をすり抜けたり。出場したのは日本代表フェアリージャパンPOLAと、東京女子体育大学新体操部員。

後日、東京女子体育大学で大学生選手の指導に当たる秋山エリカさんにお話をうかがった。

まずは新体操の歴史。なんと日本における発祥は当校。彼女の師である藤島八重子さんと加茂佳子さんが、1966年にヨーロッパで視察し感動して2年後に世界大会に出場した。西欧では芸術体育などと呼ばれたが、「常に新しい感覚で創る」という思いで新体操と名付けたのもこの時だ。

東京女子体育大学教授で新体操競技部部長の秋山エリカさん。1984年ロサンゼルス五輪、88年ソウル五輪に個人選手として出場した第一人者。

そして83年に当校新体操部に入部したのが秋山さんだった。大学1年生にしていきなり日本代表選手に。
「運がよかったんです。他の選手と違って私は小さい頃からバレエを習っていたので」と秋山さん。このころ海外では新体操に芸術性が重視されバレエの要素が取り入れられたのだ。やがて2度のオリンピック出場など経験を積んで「日本人である自分の演技」を編み出し喝采(かっさい)を浴びた。

引退後は指導法を学びにソ連に留学。小さい頃からオリンピックで金メダルを目指すきめ細かな指導を学んだ。
「厳しいですよ。体格や手足の長さ、柔軟性を見てどんどん落とす」。

実は現在の日本代表選手も子供のころから新体操を習い、多くが中高生のうちに選ばれる仕組みだ。秋山さんの時代のように、大学生が実力で日本代表にはなるのは難しいとか。

新体操日本ナショナル選抜団体チームのフェアリージャパンPOLA。団体10名・個人3名の精鋭選手団だ。

教え子の大学生たちは17時まで授業、それから部活動として日々新体操の練習に励むという。
「楽しそうです。今回のテストイベントにも皆で出ました」と秋山さんはニッコリ。

「新体操に大切な高い天井に演技中選手が美しく浮き上がる照明、観客席が低く選手と観客が一体感を得られるよい会場」と秋山さん。ここでは新体操・体操・トランポリン、パラリンピックのボッチャを開催。

選手たちの心の中だけに輝く、有明体操競技場という聖地

ところで1964年大会での会場は東京体育館だった。同年生まれの秋山さんだが、この会場は自身の引退試合など思い出深い。
「あの時代によくあんな大きなものを建てられたなあと感動したものです」と回想する。改築後も各体操競技選手には聖地的存在で、国際大会なども行われる。

日本の男子器械体操は1960年ローマ大会以来78年まで世界選手権を含め、団体10連覇の偉業。通算メダル13個獲得の小野喬や、跳馬の山下跳びで有名な山下治広(写真)などが東京大会でも大活躍した。 写真提供:フォートキシモト。

でも2020年大会会場の有明体操競技場は、別な利用法が待つ施設。ただ、全国から集まった木材を多用してつくられた会場は、観客にも競技者にも印象的だ。だからこそ有明体操競技場でのあの一日は学生たちには貴重な体験として、心の中にキラキラと刻まれるのだろう。

有明体操競技場

木場の心意気が盛り込まれた「巨大な木の器」

今大会は競技場建設に全国各地から木材を調達。 「湾岸に浮かぶ木の器」がテーマの有明体操競技場は約2300㎥と一番多く使われている。

「もとは昭和10年(1935)ごろできた有明埋め立て地の北側に面した海の貯木場で、周辺は木材団地。東京都の臨海副都心計画で2005年に埋め立て完了。16年の大会招致時には選手村候補地にも」と東京都港湾振興協会事務局長の海寶博氏さん。
今大会招致計画では仮設施設だったが、1万人規模の建物には安全性・耐震性などが必要なため、長期利用も可能な建築となっている。大会後は撤去せず都が展示会場として活用予定。

屋根は世界最大級の全長約90mもの木造アーチが支える。天井は国産カラマツ材を使用。外装には国産スギ材。
建物は大会後、都の中小企業向け展示会場に。三重県産のスギ集成材で作ったベンチなども再利用。

東京体育館

国際試合も行われる体操の聖地

千駄ケ谷駅前の高台にかまぼこ型屋根が特徴だった。1964年大会では体操競技、新築の室内水泳場では水球とパラリンピック水泳が。 写真提供:東京都スポーツ文化事業団。

江戸時代から紀州徳川家の所有地。昭和18年(1943)に、東京府が国民の士気高揚のために錬成場として土地と建物を買収。戦後はGHQ接収後、1954年に世界レスリング大会競技場として建築。
10年後、オリンピックのために傷んだ壁や天井、蒸し風呂をシャワー室にするなどの大改修工事をした。暗い照明や聞こえづらい音響、騒音の激しすぎる換気ファンの設備も大々的に改修、と都の資料に記されている。

1990年全面改築後の写真。設計は代官山ヒルサイドテラスなどを手掛けた建築家槇文彦氏。今大会ではオリ・パラの卓球会場となる。 写真提供:東京都スポーツ文化事業団 ※2018年以前のもの。

取材・文=眞鍋じゅんこ 撮影=鴇田康則
『散歩の達人』2021年7月号より

6月1日、ついにオーストラリアのソフトボールチームが群馬県太田市にやってきた。総勢約30人のチームで、全員がワクチンを接種済みだという。それはそれでいいのだが、どうもこれから続々とやってくるらしい。一説によれば900ものチームと選手が! しかも数百規模の自治体が事前合宿を受け入れる……って聞いてないよ!と思ったあなたは正直でよろしい。私はここ数カ月間、「バブル方式」「ホストタウン」「事前合宿」、この知ってるようで意外と知らない3つの言葉について、関係各所に取材してきた。結果わかったのは、なかなか衝撃的な事実だったのだ。
3月25日に福島県で聖火リレーがスタートして3週間。これまでに福島県から栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、そして四国へと走っているので、地元の方々はもうご存知だと思うが、一応、第一日目に見た聖火リレーをご紹介する。全国各地、あなたの街にもいずれこのご一行、走ります!
聖火リレーが3月25日に福島県をスタートして、ひと月以上。7月23日まで粛々と全国を網羅するらしい。コロナ禍なので当初とは形を変える自治体も増えてきたが、聖火リレーの原型はこんな感じ、というのは前編で書いた。で、私たちがなぜ第1日目の福島県での取材に訪れたのかと言うと、もうひとつ取材しておきたいことがあったからだ。それは「復興五輪」。今更ながら、これは一体どういう意味なのだろう?