湯島・本郷の基礎知識

湯島といえば飲食店街であり、ラブホ街でもある。とはいえ、街の代名詞となっているのが湯島天満宮。祭神は学問の神様・菅原道真。びっしり埋まった絵馬掛けを見ると、受験生の思いが伝わってくる。

麟祥院には徳川家光の乳母・春日局の墓がある。春日通りの名の由来になった寺で、通りを見守るように春日局の像が立つ。

春日通りの北側には東京大学本郷キャンパスが広がる。本郷通り沿いには古書店が連なっていたが、店を開けているのは数店のみ。学生街の変容の一端がうかがえる。炭団坂から菊坂へ。樋口一葉をしのぶ散歩道には、文豪が好んだ宿も残り、ぶらぶら歩きも楽しい。

illust_2.svg

1 湯島天満宮

梅香る季節は受験生でにぎわう

雄略天皇2年(458)天之手力雄命を奉斎し創建と伝わる。室町時代の正平10年(1355)に菅原道真を合祀。徳川家康の朱印地寄進や徳川綱吉の金500両寄進など、徳川家の崇敬も篤かった。

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)
住所:東京都文京区湯島3-30-1/営業時間:6:00〜20:00/定休日:無/アクセス:地下鉄千代田線湯島駅から徒歩2分、またはJR御徒町駅から徒歩8分
illust_2.svg

2 麟祥院

家光の乳母・春日局の菩提寺

徳川3代将軍家光の乳母であった春日局は、大奥で勢力をふるった後、この地で仏門に帰依した。麟祥院とい名は春日局の法号に由来する。墓地には無縫塔という卵形の春日局の墓がある。

麟祥院(りんしょういん)
住所:東京都文京区湯島4-1-8/営業時間:参拝自由/アクセス:地下鉄千代田線湯島駅から徒歩7分
illust_2.svg

3 文京ふるさと歴史館

樋口一葉や森鷗外の展示も

東京都文京区は弥生土器命名の地であり、江戸時代には武家や寺社、町家などが発展し、明治時代には東京大学が開校して文教のまちとなる。こうした町の歴史を資料や模型で紹介する。

文京ふるさと歴史館(ぶんきょうふるさとれきしかん)
住所:東京都文京区本郷4-9-29/営業時間:10:00〜17:00/定休日:月・第4火(祝の場合は翌)/アクセス:地下鉄丸ノ内線・大江戸線本郷三丁目駅から徒歩5分
illust_2.svg

金魚坂

金魚屋さんでコーヒーを

約350年の歴史をもつ金魚卸問屋に併設した喫茶室。金魚模様をあしらったカップに注がれるドリップコーヒーは750円。名物のビーフ黒カレーはサラダやコーヒーなどが付き2000円。

金魚坂(きんぎょざか)
住所:東京都文京区本郷5-3-15/営業時間:11:30〜21:30/定休日:月・月に2回火(月が祝の場合は翌)/アクセス:地下鉄丸ノ内線・大江戸線本郷三丁目駅から徒歩5分
illust_2.svg

4 樋口一葉旧居跡

一葉の切ない人生を垣間見る

24年の生涯に『たけくらべ』『にごりえ』などの名作を残した作家・樋口一葉。ここは明治23年(1890)から約4年間、母・妹と住んだ地。他人の洗濯物を洗い、生計の足しにしたという共同井戸が残る。住居地区なので見学は静かに。

樋口一葉旧居跡(ひぐちいちようきゅうきょあと)
住所:東京都文京区本郷4-31-32/アクセス:地下鉄三田線・大江戸線春日駅から徒歩5分
illust_2.svg