アジ嫌いが、いつしかアジを愛するように

「オープンして、今年で8年目(2021年5月現在)になりますが……実は僕、最初はアジって苦手だったんですよ」――まさかのカミングアウトをしてくれたのは『鰺家』の店長、中西大祐さんだ。

赤羽駅の東口から歩いて5分ほど。赤羽すずらん通りのアーケードを過ぎていくと、『鰺家』のトレードマークとも言える青いテントが目に飛び込んでくる。

青いテントにデカデカと『鰺家』と記されて外観のインパクトは抜群。数々の名物メニューの写真が展示され、思わず足を止める人も。
青いテントにデカデカと『鰺家』と記されて外観のインパクトは抜群。数々の名物メニューの写真が展示され、思わず足を止める人も。

2013年に創業して以来、数ある魚介類の中からアジのみで勝負するという当時の創業者と料理長の思いから生まれた『鰺家』。獲れたてのアジの刺身やサクサクの鰺フライはもちろん、丼モノや定食、果てはアジを使ったナゲットやメンチカツといったバリエーション豊富なメニューが評判を呼びたちまち大人気に。

その評判はいつしか赤羽を超え、テレビほか数多くのメディア出演を果たした。今や赤羽を代表するお店の一つと言っても過言ではない。
取材に答えてくれたのは店長を務める中西大祐さん(右)。スタッフとの和気あいあいとした掛け合いをはじめ、店内はアットホームな雰囲気に。
取材に答えてくれたのは店長を務める中西大祐さん(右)。スタッフとの和気あいあいとした掛け合いをはじめ、店内はアットホームな雰囲気に。

そんな『鰺家』の店長を任された中西さんだが、冒頭のお話の通り、当時は光物特有の臭いが苦手で、アジはあまり食べられなかったという。しかし「このお店のアジを食べたら、今まで食べたのとは全然違うんです。臭くもないし、身はコリコリ。一気に大好きになりました」と、アジへの印象が180度変わったという。

嫌いだった食べ物を一瞬にして好きにさせるのだから、このお店のアジ料理がいかに絶品だったかを物語る。

店内にはカウンター席とテーブル席が4卓ほど。ランチ時になるとあっという間に満席になるほどの人気を誇る。
店内にはカウンター席とテーブル席が4卓ほど。ランチ時になるとあっという間に満席になるほどの人気を誇る。

気が付けばご飯がなくなる!?「鰺家なめろう定食」

『鰺家』のメニューを見てみると、定番の刺身定食に漬け丼、そして鰺フライ定食……と何から何までアジ料理のオンパレード。どれもこれも気になるところだが、「刺身定食に勝るとも劣らない人気」という鰺家なめろう定食800円をオーダーした。

メニューは食券でオーダーするシステム。各メニューの写真が飾られているため、定食に加えて単品料理もついつい頼んでしまうというお客さんも多い。
メニューは食券でオーダーするシステム。各メニューの写真が飾られているため、定食に加えて単品料理もついつい頼んでしまうというお客さんも多い。

「メニューはすべて、料理長が考案しています。定番のものだけでなく、多彩なアイデアから生まれるメニューも人気ですね」と中西店長が語るように、定番から新商品までどれも人気で、毎日のようにやってくる常連客もいるほど。さらに季節ごとに限定のメニューを販売。この春は梅を組み合わせたメニューが好評だったという。

店内を散策すると、芸能人のサインを多数発見。メディアへも数多く出演し、その都度食通の芸能人をうならせてきたのだとか。
店内を散策すると、芸能人のサインを多数発見。メディアへも数多く出演し、その都度食通の芸能人をうならせてきたのだとか。
待ちに待った鰺家なめろう定食800円。メインのなめろうのほか、小鉢料理が3つ、そして味噌汁と卵スープが並んでいるのが印象的。
待ちに待った鰺家なめろう定食800円。メインのなめろうのほか、小鉢料理が3つ、そして味噌汁と卵スープが並んでいるのが印象的。

アジ好きなら誰もが喜ぶ鰺家なめろう定食。佐賀県の唐津湾で獲れるアジを使用し、「新鮮なアジを堪能してほしい」という思いから、通常のなめろうよりもやや粗めに叩いて、アジの食感を楽しめるようになっている。なめろうの味の決め手となる味噌はやや甘めの味わいのお店オリジナル。ここにニンニクの風味も加わり、ご飯が何杯でも食べられるほど。気が付けば、ご飯があっという間になくなっていた。

卵の黄身を絡めつつ食べるなめろうはまさに絶品!
卵の黄身を絡めつつ食べるなめろうはまさに絶品!

なめろうを楽しみつつ、お盆に乗った卵スープをひと口。ふわりとした優しい味わいが口の中に広がるが、これもまた中西店長の思いが詰まっていた。

「味噌汁があるのに卵スープもあると、アレって思う方もいらっしゃいますが(笑)、なめろうにニンニクを使っているので、味噌汁だけでなく口直し用に卵スープも付けてみたんです。なめろうとの相性もバッチリですよ!」

こうしたお客さんへの思いやりもまた、『鰺家』が愛される所以だろう。

理想のアジを求めて、常に探し続ける

オープンから8年が経過し、数多くの常連客がやってくるようになり、今や赤羽を代表するお店の一つになった『鰺家』。最近では女性客にも人気になってきたというお店だが、そのこだわりについて中西店長に伺うと、ストイックなまでに「アジへのこだわり」を語ってくれた。

「僕たちは専門店ですから、こだわりはやっぱりアジですね。以前までは鳥取県の境港で仕入れたアジを使っていたのですが、より肉厚でプリプリとした食感のものを求めていろいろ試行錯誤し、その中で出合ったのが佐賀の唐津湾で獲れるアジだったんです」

5年ほど前から、店で使用するアジを主に唐津湾で獲れるものに変えただけでなく、その使い方にもこだわりがあった。

「『アジのどの部分も無駄にしない』のもこだわりですね。例えば身の部分はお刺身とか漬け丼とか、鰺フライにしますが、落とし身と呼ばれる部分はつみれ汁や鰺メンチ、それからナゲットなど、いろいろな食べ方で、アジの味わいを楽しんでもらえるように心がけています」

お店のサービスでいただいた鰺メンチ(200円)と鰺のナゲット(3個300円~)。アジのフワフワな食感は絶品で思わず病みつきに!
お店のサービスでいただいた鰺メンチ(200円)と鰺のナゲット(3個300円~)。アジのフワフワな食感は絶品で思わず病みつきに!

アジを愛し、アジにこだわり、そしてアジの味を追求し続けるアジ専門店『鰺家』。アジ料理を堪能したい方はもちろん、苦手な方にこそぜひ行ってみてほしい。いつかの中西店長のように、素敵なアジへの出合いが待っているかもしれない。

鰺家
住所:東京都北区赤羽2-12-3/営業時間:10:00~22:00(土・日・祝は9:00~22:00)/定休日:無/アクセス:JR赤羽駅から徒歩5分

構成=フリート  取材・文・撮影=福嶌弘