8代将軍徳川吉宗が進めた、この地の新田開発によりできた見沼代用水。現上尾市瓦葺で西縁と東縁の2本に分かれ、見沼たんぼを潤した。自転車・歩行者専用が整備され、桜並木が続く。

スポット情報

スポット名 見沼代用水東縁(みぬまだいようすいひがしべり)
地図 Googleマップで開く
住所 埼玉県さいたま市緑区南部領辻見沼代用水東縁
アクセス JR浦和駅からバス23分の大崎園芸植物園下車徒歩3分
※ 記載されているデータは、料金は原則的に税込金額、休日は原則として定休日を表記しています。
年末年始、お盆、臨時休業などは省略してあります。
また、GW、お盆、年末年始などは変更になる場合がございますので、各施設・店舗にご確認ください。
※ 掲載している情報は編集部で事前確認しておりますが、スポット情報の誤りを発見された場合は恐れ入りますがお問い合わせよりお知らせください。