小型焙煎機で週末3日ゆったり営業『sunday zoo coffee tasting stand』[門前仲町]

コーヒー350円~、アイスコーヒー(夏期)450円~、豆100g650円~。「こんにちは!」と、奥野さん夫妻がさわやかに迎えてくれる。写真は2016年7月取材時のもの。

2013年のANA在職中だった奥野喜治さんが、妻の明美さんと、週末3日間だけの開業を計画し2014年1月に開店した。1000g用の焙煎機で毎週焙煎する珈琲を常時8種類提供している。こころ温まるコーヒーを求めて地元はもちろん国内外各地からの訪問が絶えない。ふたりの温かい人柄に引かれるファン多し。

『sunday zoo coffee tasting stand』店舗詳細

住所:東京都江東区平野2-17-4/営業時間:10:30~18:00(日は~16:30)/定休日:月~木/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩13分

62カ国・80種類が揃うエリア最古株『江戸 深川珈琲本舗』[門前仲町]

当店オリジナルブレンド500円。「ブラックが通ってことはなく、自由に楽しんで」と、砂糖とミルク添え。炭焼ブレンド600円、アイスダッチコーヒー600円。豆200g820円~(感謝デーは3割引き)。

山岡修児さんが、コーヒーで名高い会社で培った焙煎技術を活かし、1997年に開業。「この辺は人口密度が高いから、香りにつられてお客さんが来る」との予想、大当たりした。「コーヒーは嗜好品。まずは好みに合うか飲んでみて」と、赤い焙煎機がある店を「有料試飲室」と表現する。運が良ければ、臨場感あふれる焙煎を体感できる。

焙煎機の温度が上がると店内に香りと煙が充満。山岡さん自身が見極め焼き上げる。
豆は、台湾へも輸出。

『江戸 深川珈琲本舗』店舗詳細

住所:東京都江東区冬木6-18/営業時間:8:00~19:00/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩8分

取材・文=松井一恵 撮影=山出高士