30余年の歴史をもつ、蒲田では老舗格のショットバー

黒を基調にしたシックな店内。弧を描くカウンターが奥行きを感じさせる。
黒を基調にしたシックな店内。弧を描くカウンターが奥行きを感じさせる。

1989年に「もぐらや」という店名で創業。店名変更はあったが、蒲田では老舗格の30余年の歴史をもつバーだ。店内にはボトルを並べたバックバーがあるカウンターが左右にあり、それぞれにバーテンダーが付く。このほか、街を眺めるカウンター席やテーブル席もあるので、1人でもグループでも楽しめる居心地のよい店だ。

「どなたでも気軽に入れるバーをモットーとしています。20時まではノーチャージ(20時以降はチャージ1000円)なので、早い時間の利用がおすすめです」。そう話すのはオーナーバーテンダーの梅澤フミオさん。

親しみやすさを感じさせるフクロウのイラストをあしらった看板が目印。
親しみやすさを感じさせるフクロウのイラストをあしらった看板が目印。

洋酒はもとより、樽詰ギネスやオリジナルビールにも注目!

カクテルの種類も多い。梅澤さんと相談しながら、好みに合う酒やカクテルを探すのも楽しみの一つ。
カクテルの種類も多い。梅澤さんと相談しながら、好みに合う酒やカクテルを探すのも楽しみの一つ。

洋酒はモルトウイスキーを中心に、ジン、バーボン、テキーラなど約600種類。ウイスキーやバーボンは550円から用意されているので気軽に利用できる。アブサンなど珍しい酒もあるので、ウイスキーの知識や鑑定能力を問うウイスキーコニサーという資格を持つ店長と相談しながら新しいウイスキーにチャレンジするのも楽しみだ。

さらに、「蒲田エール」にも注目しよう。これは、梅澤さんが大田区の醸造所のタンクを借り、自ら麦汁を搾って、輸入した生の酵母を使って醸造したオリジナルクラフトビール。IPA(Indian Pala Ale/インディアン ペール エール)と呼ばれるスタイルで、インドがイギリスの植民地だった時代に、イギリスのペールエールをインドに運ぶ際、防腐効果があったホップを大量に使用して作ったことに由来する。ホップをしっかりと利かせた風味とフルーティーな味わいが特徴だ。

バックバーの壁を飾るギネスBEST PUB 認定店の認定証。おいしい樽詰ドラフトギネスが飲める証でもある。
バックバーの壁を飾るギネスBEST PUB 認定店の認定証。おいしい樽詰ドラフトギネスが飲める証でもある。

料理の幅も広く、ちょい飲みから食事までさまざまな使い方ができる

蒲田エール437ml1320円(237ml715円)、キューバサンド770円。
蒲田エール437ml1320円(237ml715円)、キューバサンド770円。

軽いつまみから本日のパスタなど、バーとしてはフードメニューも多い。「ビールにも合いますよ」といって出してくれたのがキューバサンド。豚ロース肉を柑橘類でマリネして焼いたサンドイッチで、意外と軽い食感なので、洋酒のおともにもなる。
「朝4時までやっているので、軽く飲む人から、食事を取る人までさまざまで、いろいろな使い方ができます」と梅澤さんは話す。

キューバ産を中心にシガー(葉巻)も10種類以上が揃うシガーバーとしての顔ももつ。入り口に「喫煙目的店」と掲示があり、タバコが苦手な人は、煙や香りが漂うことを承知のうえで利用しよう。

梅澤さんは、シガーアドバイザーの資格も持っている。
梅澤さんは、シガーアドバイザーの資格も持っている。
SHOT BARふくろう(しょっとばー ふくろう)
住所:東京都大田区蒲田5-21-13 ペガサスステーションプラザ 1F/営業時間:18:00~翌4:00(日・祝は~翌1:00)/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩5分

取材・文・撮影=塙 広明