ラーメン屋には見えないガラス張りのおしゃれな造り

外堀通り沿いにある一面ガラス張りでおしゃれな造りのラーメン店。店主の柴田和(やまと)さんは数々の名店で修業をし、実家もラーメン店という。そんな生粋のラーメン職人が作り上げた一杯をいただこう。

見た目にも美しい生姜塩らー麺。生姜の香りと風味が感じられる逸品

塩生姜らー麺850円の決め手となる生姜は熊本県産「きな生姜」を使用。辛みが少なく、香りが高いことからアロマ生姜とも呼ばれる希少種だ。この店ではすりおろした生姜を小さじ1杯程度、丼に入れている。そこに輝くような清湯スープと、加水率高めのツルシコの細麺。さらに、常に保温器で暖められている鶏モモ肉チャーシューを注文ごとにカットして入れ、カイワレなどの野菜が添えられる。

そのままスープだけを飲むとかすかな生姜の風味が感じられるが、店長の櫻井渉さんから「底に生姜がたまっているので、かき混ぜて食べれば、生姜の風味が一層引き立ちますよ」とさらにおいしく楽しむ方法を教えてもらった。途中でかき混ぜて味変してもいいかもしれない。

卓上にある生姜酢を加えれば、さらに生姜の風味やおいしさを感じられるだろう。食べ進めていくと、体がどんどん温まってくるので、汗かきは要注意だ。

ほぼ日替わりで登場する限定ラーメンの数々

券売機の近くには手書きのメニューが貼られている。櫻井さんは、「旬の素材や使いたい素材などで作っています。スタッフとの雑談から決めることもあります」。ほぼ日替わりでさまざまなラーメンが登場するので、訪れるたび新しい味に出合えるだろう。

スタンプカードを満タンにしてブラックカードを手に入れよう

ブラックカードにはどんよりした気持ちがこもっているようだが、ラーメンはいたって爽やかだ。

この店には10回食べれば1杯無料になるスタンプカードがある。カードが2回満タンになると、ブラックカードに昇格。時間限定のラーメンがいつでも食べられたり、味玉がトッピングされたりするお得なスタンプカードだ。いささか正直なメッセージが書かれているが、サービスは本物なのでご安心を。

住所:東京都千代田区神田司町2-2-8 マガザン神田Ⅱ1F/営業時間:11:00~21:00/定休日:無/アクセス:地下鉄丸の内線淡路町駅から徒歩4分、またはJR神田駅から徒歩6分

取材・文・撮影=速志淳