昭和の雰囲気を残した店内でいただく本格イタリア料理

今回のお目当ては筆者の大好物のナポリタン。老舗ならではのこだわりがあふれるナポリタンをランチでいただけると聞いて、川崎にやってきた。川崎駅から徒歩6分ほど。京急川崎駅からもほぼ同じくらいの距離だ。

川崎市役所第3号庁舎の裏のたちばな通り沿い。イタリア国旗が目印だ。
川崎市役所第3号庁舎の裏のたちばな通り沿い。イタリア国旗が目印だ。
昔ながらのメニューサンプルが並ぶ店頭のウィンドウ。
昔ながらのメニューサンプルが並ぶ店頭のウィンドウ。

レンガ風の壁とカラフルなサンシェード。レトロ感があふれる外観の『モナリザン』。ドアを開けて店内に入ると、昔ながらの洋食屋さん風のテーブル席が並ぶ。ゆっくりと食事を楽しめそうだ。

1階には懐かしさを感じるテーブル席が並ぶ。
1階には懐かしさを感じるテーブル席が並ぶ。

左側にはイタリアンバルのようなカウンター席。ガラスケースにはその日のアンティパストが並ぶ。単品メニューで軽く食事をいただきながらワインを楽しむといった使い方もできそうだ。

カウンター席もあるので、1人でも気軽に立ち寄れる。
カウンター席もあるので、1人でも気軽に立ち寄れる。

「もともとは1955年に開業した喫茶店が始まりです。メニューのバリエーションを増やすために、帝国ホテルで調理経験のあるシェフを呼んで洋食メニューの提供を始めました。1971年に店舗を改装し、本格的なイタリア料理店として営業を始めたんです」と教えてくれたのは3代目店主の大嶌正悟さん。創業者の大嶌正二郎さんは正悟さんの祖父にあたる。

3代目店主の大嶌正悟さん。ワインソムリエだけでなく、オリーブオイルソムリエやチーズプロフェッショナルの資格も持つ。
3代目店主の大嶌正悟さん。ワインソムリエだけでなく、オリーブオイルソムリエやチーズプロフェッショナルの資格も持つ。

正悟さんは外資系IT企業に10年ほど勤務した後、2代目である父の正人さんのあとを継いだ。学生の頃から店を手伝って料理の腕を振るっていたが、店を継ぐことが決まると学び直しのためにイタリアへわたり現地で修業を重ね、イタリア国家認定ソムリエの資格を取得。伝統を守りつつ、本場仕込みの新しい味にも挑戦している。

創業の味を守り続ける大人味のナポリタン

さっそく今回の目的であるナポリタン・スパゲティ1100円を注文。

ランチメニュー。本日のスペシャリティ1280円は、シェフが自信を持っておすすめする日替わりメニューだ。
ランチメニュー。本日のスペシャリティ1280円は、シェフが自信を持っておすすめする日替わりメニューだ。

しばし待つとミニサラダが出される。ドリンクバーも付いているので、早めに飲み物も準備して、酸味の強めなイタリアンドレッシングがかかった新鮮野菜のサラダをいただきながらナポリタンの出来上がりを楽しみに待つ。

ランチメニュー用ドリンクバー。コーンスープやミネストローネも自由にいただけるのはうれしい。
ランチメニュー用ドリンクバー。コーンスープやミネストローネも自由にいただけるのはうれしい。
シャキシャキ食感のサニーレタスとにんじん、コーンのミニサラダ。
シャキシャキ食感のサニーレタスとにんじん、コーンのミニサラダ。

注文から10分ほどで注文したナポリタン・スパゲティがテーブルに。具が大きい! さっそく、本格イタリア料理店が長年守り続けてきたナポリタンを一口いただく。

具材は大きめ。細切りピーマンの緑がアクセントになっている。
具材は大きめ。細切りピーマンの緑がアクセントになっている。

ソースは、ケチャップ系の甘さを控えた、いわゆる大人の味だ。甘みの少ない分、トマトソースの旨味が引き立つ。ソースの味付けについて大嶌さんに伺うと、トマトソースとトマトペーストをベースにして、ウスターソースで味に深みを加えているそう。

絶妙なゆで加減。さすが老舗のイタリア料理店だ。
絶妙なゆで加減。さすが老舗のイタリア料理店だ。

ナポリタンには太麺を使う店が多いが、細麺を使うのがモナリザン風。茹で加減はもっちり柔らかめではなく、芯には軽い歯応えが残るアルデンテだ。“イタリア料理店のスパゲティ”というこだわりだろう。

シイタケとシメジも意外とトマトソースとの相性がいい。新しい発見だ。
シイタケとシメジも意外とトマトソースとの相性がいい。新しい発見だ。

大きめのエビやベーコン、玉ねぎは飴色に炒めてあり旨味たっぷり。マッシュルームの代わりにシイタケとシメジが使われているのも老舗ならではの味わいだ。他の店のナポリタンとは一味違う、老舗イタリア料理店がつくる大人味のナポリタン。とてもおいしくいただきました。

ランチだけではもったいない! 夜は本格イタリアンとワインを楽しむ

昭和レトロな雰囲気の1階から2階に上がると、おしゃれで現代的なレストランスペースとなっている。3階はグループでの会食やパーティ、家族連れなど、人数に合わせてパーテーションで区切ることができるので、個室風の落ち着いたスペースで食事を楽しめる。ちょっとした隠れ家的にも使える空間だ。

2階、3階は落ち着いた雰囲気の空間が広がる。
2階、3階は落ち着いた雰囲気の空間が広がる。
3階は56名まで食事を楽しめるパーティースペースとなっている。
3階は56名まで食事を楽しめるパーティースペースとなっている。

コースでイタリア料理をいただくのもおすすめだが、気に入った料理や季節のメニューを何品か注文し、料理にあったワインを楽しむという楽しみ方もおすすめとのこと。もちろん、ワインは大嶌さんへ相談しよう。ボトルだけではなく、厳選のグラスワインも充実している。

季節のメニューも充実している。落ち着いたスペースでワインと料理を楽しみたい。
季節のメニューも充実している。落ち着いたスペースでワインと料理を楽しみたい。

そしてちょっと気になるメニューがキャセロール・スパゲティ。ベシャメルソースに2種類のブレンドトマトソースをあわせたクリーミーなソースに、太めのパスタをあえてエビとチーズをのせてオーブンで焼きあげる、モナリザンの名物メニューだ。

次回伺う機会があれば、ソムリエの資格を持つ大嶌さんおすすめのワインを飲みながら、ゆっくりとキャセロール・スパゲティ楽しみたいなと思う。

店名の由来となったモナ・リザ。初代店主がファンだったそう。
店名の由来となったモナ・リザ。初代店主がファンだったそう。
住所:神奈川県川崎市川崎区東田町4-10/営業時間:11:00~15:00LO・17:00~21:00LO/定休日:無/アクセス:JR川崎駅から徒歩6分

構成=アート・サプライ 取材・文・撮影=羽牟克郎