MASTER'S VOICE
ジャズは私小説のようなもの

「最初はジャズではなく『ワシントン広場の夜はふけて』という当時のヒット曲をソノシートで聴いて、純粋に音を再生する機械に興味をもった」と語る。

窓が大きく、店内も明るい。広い店内ではライブも開催される。
ジャズ喫茶には珍しい、レストラン風ののびやかな外観。

オーディオ調整のためにクラシックやジャズを聴くようになったある日、セロニアス・モンクの『ミステリオーソ』を耳にする。「最初は、わからなかった。でも、皮膚から匂いがするようなこの感覚はなんだろうと興味が湧きました」。

わからなさゆえにどんどん引きつけられたという須納瀬さん。「クラシックが“神”という一つの方向に収斂する形で捧げられる音楽だとすると、ジャズっていうのは、いろんな個性が放つ“私小説”みたいなものが無限に増え続け、自由に広がる音楽なんだと思います」

楽しそうに語る須納瀬さん。日本のサックス奏者のレコードも数多い。
オーディオからジャズに目覚めた須納瀬さんが選んだスピーカーは店名にも冠したパラゴン。

ジャズの虜とりこになって以来、ジャズ喫茶をどう持続させるかを考えてきた。須納瀬さんはあえて大きな店を構え、レストラン経営も兼ねて15人ほどのスタッフを抱え、一時代を築いた。現在は喫茶中心に、特に鹿児島名物のかき氷・しろくま作りにも精を出す。

「年3、4回開催するライブも夏は我慢して、かき氷屋みたいになっています」。盤石な意志に貫かれた愛すべき店だ。

【店主が選ぶ一枚】Sonny Chris “SATURDAY MORNING”

やっぱりジャズが好きだと自覚した究極の名盤

「本当にジャズが好きなのか自問していた頃、ソニー・クリスの『クライ・ミー・ア・リバー』をたまたま聴いて、やっぱりジャズが好きだと自覚したんです。そしてこれがクリスの究極の名盤だと思います」。須納瀬さんが選んでくれた一枚は、バップ全盛期を過ぎてもなお歯切れよく猛烈にハード・バッパーを貫いた、ソニー・クリスの『サタデイ・モーニング』(1975)。武田和命や片山広明など、日本のサックス奏者のアルバムも多く所蔵している。

取材・文=常田カオル 撮影=谷川真紀子
散歩の達人POCKET『日本ジャズ地図』より

住所:鹿児島県いちき串木野市昭和通102/営業時間:月・水・木12:00~19:00、金・土・日12:00~24:00/定休日:火・第1月/アクセス:JR鹿児島本線串木野駅から徒歩15分
山形駅前のメインストリートからすぐの好立地の店。創業は1971年。「表通りにあった十字屋山形店と同じ年だけど、あちらは去年閉業しちゃった」と歳月を振り返るマスター相澤榮さん。店名は「設計者とか保証人になってくれた友達とか、当時の仲間が8人だったから」と笑みをこぼしながら教えてくれた。
黒々とそびえる勇ましき松本城の下、漆黒のファサードに白字のタイポグラフィーで店名を告げる名ジャズ喫茶。1974年、マスターの小林和樹さんが「ジャズが聴ける店を松本に」と、細々と始めた店だが、78年から90年代まで、ジャズ喫茶経営の傍ら、多くの海外ミュージシャンを松本に招聘してコンサートを実現。松本を東京に引けを取らない世界のジャズメンが訪れる街に押し上げた存在である。