飲食店に「革命」を起こす!という心意気で2019年にオープン

2階の踊り場にあった看板。なかなかのインパクト。
2階の踊り場にあった看板。なかなかのインパクト。

まわりはスナックばかり、という蒲田のディープエリアの中の、小さな間口が『KAKUMEI Burger&Café』蒲田店だ。もともとは小料理屋だった物件を、自分たちの手でリノベーションして、2019年にオープンした。

オーナーの百瀬(ももせ)さんは、カナダでハンバーガーショップを経営した経歴の持ち主だ。テリヤキなど、和風のハンバーガーが海外の人の口にも合うことに大きな可能性を感じると同時に、どうしても味の濃いものが受け入れられやすい、とも感じていたという。

「より繊細で、日本らしさのあるハンバーガーを提供したい」との想いをもって帰国。日本での店の立ち上げに誘ったのが、高校の同級生である北見さん。北見さんは店長を務めている。

2階は畳のスペースもあるので、家族連れでもOK。
2階は畳のスペースもあるので、家族連れでもOK。

食べ歩いて行き着いたのが「ステーキ肉をまとめただけのハンバーガー」

大きめにハンドチョップされたチャックテンダーの肉。
大きめにハンドチョップされたチャックテンダーの肉。

北見さんは働いていたアパレルを辞め、ハンバーガーショップでの修業をスタート。仕事をしながら、日本中のハンバーガーを食べ歩いたと話す。そうして行き着いたのが、この店の原点である「KAKUMEI BURGER(カクメイバーガー)」だ。

肩の付け根の赤身肉であるチャックテンダーから脂肪や筋を丁寧に取り除き、1cm大にハンドチョップした肉を塩と混ぜ、手でぎゅっと握ってまとめる。パティはとても壊れやすいので、鉄板の上にそーっと置き、レア気味に焼く。

バンズの上にのせ、野菜やクリームチーズなど、トッピングしたらできあがりだ。

パティは、1個あたり100gのステーキ肉を使用。
パティは、1個あたり100gのステーキ肉を使用。

箸とお茶が似合うハンバーガー。いざ実食。

KAKUMEI味噌麹バーガー1500円。付け合せは日替わり和前菜。
KAKUMEI味噌麹バーガー1500円。付け合せは日替わり和前菜。

肉の焼けたいい匂いが漂ってきた。パティの上にはクリームチーズとかいわれ大根、そして味噌麹ソースがたっぷりかかっている。

袋状のバーガー袋に入れて、いよいよ待望のひと口。

かぶりつくと、「ごろり」と口の中に肉が転がり込んできた。大きめの肉の塊が、噛むほどにほろり、ほろりとほどけていく。圧倒的な肉々しさだ。赤身の肉を使用しているので脂っこさはなく、噛みごたえと弾力がたまらない。まろやかな特製味噌麹のソースが肉汁やクリームチーズと混じり、コクと爽やかさをプラスする。かいわれ大根がみずみずしく、時折ピリっとするのがいいアクセント。

パンズは、ブリオッシュという軽い口当たりのちょっと甘めのパンだ。若干お菓子のようなパンで、ハンバーガーに使うことはあまりない。

「少し甘めのバンズの方が、うちの肉々しいパティを包み込んでくれる気がするんです。パティとバンズの一体感を楽しんでいただければ」と北見さん。

日本茶600円。ハンバーガーによく合う。
日本茶600円。ハンバーガーによく合う。

付け合せは日替わりの和前菜。この日は、水菜と菜っぱの煮びたし、人参と大根のきんぴら、ゆず大根という完璧に和の総菜だ。どれも自然な風味でハンバーガーとの相性もよく、いい箸休めになっていた。「毎日でも食べられるように」との配慮から、野菜を使った総菜には力を入れていると話す。

健康的なほどよいサイズ感で、女性でもなんなく食べられる。付け合せをフライドポテトにしたり、パティを追加してボリュームアップすることも可能なので、物足りないと思う人は、自分の好みに合わせてオーダーするのもいい。

最後に、お茶っ葉から淹れたお茶で、ほっとすっきり。なんだかいい定食をいただいたような心持ちだ。

新商品はいつでも試行錯誤。スタッフだけでなく、お客さんの協力も

音楽好きな、店長の北見さんとスタッフの矢尾さん。店内BGMのプレイリストはスタッフが作る。
音楽好きな、店長の北見さんとスタッフの矢尾さん。店内BGMのプレイリストはスタッフが作る。

毎月期間限定のマンスリーバーガーも好評だ。毎回スタッフとアイデアを出し合い、試食を繰り返しながら作り上げる。プロの視点ではなく、「普通の人」がどう思うかもポイントなので、ときには常連客に試作品を食べてもらうことも。たくさんの意見を反映して、一つひとつ商品を作っている。

もともとはアパレルで働いていた北見さん。飲食店で働き始めた頃は「向いてないのでは……」と思ったこともあるそう。しかし、「ミシンからハンバーガーに変わっただけで、ものを作ることは同じかなって」と話す。

店の立ち上げが縁で関わるようになった蒲田という街。この街の人も、まわりの飲食店も、みんなあたたかくて大好きだという。蒲田の楽しさが伝わるような店にしたい、と語った。

インスタ映えすると評判のクリームソーダ。
インスタ映えすると評判のクリームソーダ。
KAKUMEI Burger&Café(カクメイ バーガーアンドカフェ)
住所:東京都大田区西蒲田7-10-10/営業時間:11:00 ~21:00LO/定休日:火/アクセス:JR・私鉄蒲田駅かから徒歩5分

取材・文=ミヤウチマサコ 撮影=KAKUMEI Burger&Café、ミヤウチマサコ