腰越保塁の先は切り通しとなっていて、そこを橋で渡る。かつてはレンガのアーチ橋が架っていた。
切り通しの先には「戦没船員の碑」がある。慰霊碑公園として整備される以前は「大浦堡塁」であった。

腰越堡塁から歩くと、北門第三砲台跡が近いです。この砲台は「海の見晴台」にあります。散策道を進んでいると、右手に何やらトンネルが現れてきました。軽便鉄道が走ってきそうな小さなレンガのトンネルです。鉄道なんてあったかなと標識を見ると、第三砲台はこのトンネルを抜けた先にあるとのこと。トンネルは砲台への連絡のために掘られたものでした。

レンガのトンネルは、鉄道ではよく見かけます。それを一回り小さくした感じで、いまとなっては歩行者専用ですが、現役時は車や馬車などの車両が通行したそうです。

北門第三砲台へ至るトンネル。照明があるとはいえ、異界へ誘われそうで少々腰が引ける。
トンネル内部。しっかりとレンガで巻かれ、壁面も崩れにくそうで頑丈に見える。ここを軍用車両が行き交った。

薄暗いトンネルに入ってみると、車の幅分はありそうなほど。薄暗いトンネルは、江戸川乱歩の小説に出てきそうなおどろおどろしさもあります。トンネルの先には妖しい住人が住む古びた洋館があって…と想像していると、ちょっと怖くなってきますね。

トンネル出口の先は薄暗く岩盤が剥き出しになっている。そこにあるのは……。

と、出口の柵にはコンクリートで蓋をされたレンガアーチの構造物が、林の中にひっそりと残されているのが目に入りました。いよいよ小説に出てきそうな薄気味悪さがしてきますが、これは第三砲台のシェルター(掩蔽部=えんしょうぶ)跡です。蓋をされた中は窺い知れることができませんが、トンネルを出るとすぐに砲台の敷地内なんですね。

岩盤にへばりつくようにしてある掩蔽部。小さな崖かと思ったら突如として人工物が現れるので油断できない。
掩蔽部はコンクリートで封印されており、内部がどうなっているか窺い知れない。

そして掩蔽部から視線を右に移すと、今度は重厚な石垣で組まれた基礎のようなものが、林と同化するかのように潜んでいます。一見して、自然の中に何の構造物が埋まっているようで、遺跡なのだろうかと首を傾げてしまいましたが、これが砲台の本体部分です。

崖というか岩盤と同化して分かりづらいが、奥のほうに石垣で組まれた砲台がみえる。
北門第三砲台の全景。階段を上がった部分に砲座があり、中心部の土盛が横墻。さらに奥にも砲座はあったが、公園整備で消えてしまった。

おお……。

円形の砲座部分には立派な木が育ち、というより、砲座の壁部分である「胸墻(きょうしょう)」に木の根が絡まっています。石垣とレンガで組まれた敵砲弾の被害を食い止める堤「横墻(おうしょう)」は、一部が崩れ落ちて、石垣の隙間から立派な木がしっかりと根を張っています。

階段を上がると砲座。胸墻に太い幹がしっかりと根を張り、自然の逞しさに目を見張る。
この砲座には二十八センチ榴弾(りゅうだん)砲が二門配備されていたとのこと。今は榴弾砲ではなく樹木が……。
横墻部分の石垣は崩れかけ、なぜそこからという隙間から斜めに木が育っている。
横墻で目につく古代遺跡の墓所入り口のようなものは、「揚弾井(ようだんせい)」と呼ぶ、地下に収納する砲弾を引き上げる設備。井戸の原理と同じで滑車等がこの部分にあり、下部から砲弾を上げ下げしていた。

三軒家砲台跡のときも感じましたが、ここも密林の中で静かに時を刻んでいる古代遺跡の荘厳な空気が流れている。そんな気がして、しばし茫然と佇んでいました。ここは、砲台が自然に呑まれているのだ……。

海の見晴台。浦賀水道を行き交う様々な船舶を望める。見晴台が整備される前は砲座部分だったそうだ。

北門第三砲台跡は、横墻の左側にも砲座がありました。今は海の見晴台として整備されて跡形もありません。まだじっくりと見たいのですが、日没の時間が徐々に迫ってきます。先を急ぎましょう。先ほどのトンネルから、ショッピングカートを引いた老婆が現れました。一瞬驚きましたが、老婆は何食わぬ顔で砲台のほうへと歩いていく。やはりこのトンネルはちょっと怖いものがあるな……。

次は日本初の西洋式砲台「北門第一」、「北門第二」砲台跡です。この二つは明治13年(1880)に着工し、第一砲台の砲座は2基、第二砲台は6基配置されていました。トンネルを出たあとに進む散策道は途中で二手に分かれ、左へ進めば第二砲台跡、右へ進めば第一砲台跡へ至ります。

北門第一砲台跡へ向かう道すがらにも何かの施設の痕跡があった。
取材時は北門第二砲台跡へ通ずる道が砲台までしか行けないと注釈されていた。通常であればグルっと山道を歩いて観音崎灯台まで出られる。

北門第一砲台跡へ行ってみましょう。道なりに坂を下り、途中で海上保安庁「海上交通センター」の門を横目に、今度は坂を上ります。観音崎は海上交通センターや海上自衛隊施設があり、一部箇所は立入禁止区域となっております。坂道を登っていると、前方になにやらトンネルの口が開いているのが見えました。

これは廃線跡の雰囲気がする。ちなみにこの道は元々砲台へ通ずる軍道であった。
近づくと砲台跡だと分かる。中央のレンガトンネルは横墻で、下部にあった弾薬庫から砲弾を上げ下げしていた。右の階段を登ると砲座だ。

「おや。これはまた軽便鉄道のトンネルに似ている……。」

そう見えたのも不思議ではありません。蔦の絡まったレンガ壁面に小さなトンネルの口が開き、周囲の鬱蒼(うっそう)とした森と相まって、廃線跡のような雰囲気すらします。それは横墻でした。第一砲台跡の構造は、横墻を中央に配して左右に砲座が1基ずつあり、横墻の地下部分には弾薬庫を配置。左右の砲座間と弾薬のやりとりは、このトンネルを伝って行われていました。ただ、残念ながら弾薬庫は埋められたようで、いまは窺い知ることができません。どんな姿だったのだろう。埋められたとなると気になってしまいます。

この角度で横墻を見ると廃線跡に見えてしまう。軽便鉄道の列車がトンネルから出るシーンを妄想してみる。
横墻の側面。レンガの上からモルタルが吹き付けられていたようだ。下部の半円の穴は、道路が嵩上げされて埋められた弾薬庫の部分。
手前の砲座から奥の砲座を眺める。さらに奥の部分は掩蔽部である。
砲座の胸墻。日本初の西洋式砲台は砲座部分もしっかりと残っている。ここには二十四センチ加農砲が配備されていた。
横墻のトンネル内部。壁面は埋められているが揚弾井があった。トンネル内で砲弾の上げ下げをしていたそうだ。
左部分の砲座から来た道をみる。

もう夕方も遅い時間なので、砲台跡に人影はありません。横墻に築かれた土盛には木々が青葉を広げ、砲台全体を覆い尽くす勢いです。砲座部分は一段高くなっており、中央部にある横墻の姿と相まって、何かの神殿か青空舞台の跡にも見えてきます。砲座に何も無いので、現役時はどんな姿だったのか、ちょっと想像するのが難しかったです。

砲座部分は一段せり上がっているから舞台のようにも思える。
掩蔽部の閉ざされた扉。
掩蔽部から眺めた人気のない北門第一砲台。砲台というよりは舞台の遺跡に思えてくる。
観音崎灯台へ行く途中の道からは、敵潜水艦の音を探知する聴測所のコンクリート構造物が望めた。ちなみにこの聴測所は数カ月前のテレビ番組「鉄腕ダッシュ」で細かく紹介されていた。

夜の帳が下りる時間も迫ってきます。観光名所の観音崎灯台はまた今度。北門第二砲台跡へ急ぎます。道を戻り、北門第二砲台跡へ通ずる道を進みます。途中で右に分岐する道がありますが、その先は旧第三砲台の跡が残る海上自衛隊施設です。そっちも気になるけれども立入禁止なので諦めましょう。

もう一つの日本初の西洋式砲台。

石垣の掘割となった道が途切れ、前方に鬱蒼とした森の中に青空舞台のようなものが確認できました。北門第二砲台の砲座部分です。第一と同じ時期に誕生した第二砲台は、段々状に砲座が連なっている構造でした。道に沿って砲座部分と横墻部分が連なり、横墻と砲座は蔦と木々で覆われています。いくばくの月日をここで過ごしてきたのでしょうか。

段々状になっていた北門第二砲台は自然と一体化しつつある。手前の説明板の上部に砲座があった。

鳥のさえずりがこだまし、そよ風で触れる枝葉の音。静まった空間に佇んでいると「ここはどこの王族の墓所だろうか……?」 砲台跡という存在を忘れ、夕闇迫る古代遺跡へ迷い込んでしまった気持ちでいっぱいです。

そして背後を振り返れば、柵でガードされてポッカリと口を開けるトンネルが、森の中で廃トンネルのオーラをぷんぷんと醸しています。が、これはまだ現役。トンネルは先述した「海上交通センター」の門と通じており、ここを通ってセンターの施設へ行くことができます。第二砲台の一部はセンターの施設となっており、6基あった砲座のうち、3基は施設造成のときに解体されたとのことです。

北門第一砲台へ行く途中で見たセンター入り口の道はこのトンネルへと通じている。いまは立入禁止だ。トンネル内部にも弾薬庫があるとのこと。

残された3基の砲座部分を観察します。砲座には立派な木が聳(そび)え、胸墻も蔦で覆われています。もうこれは古代遺跡そのものの姿。観音崎砲台跡のなかでは群を抜いて自然と一体化しております。横墻は岩盤を利用していますが、いまや岩盤に飲まれて同化しているような姿です。

各砲座には、地下弾薬庫へ通ずる通路がポッカリと地面に空いています。金網でガードされていますが、金網がなければストンと通路へ落ちてしまいます。現役時は段々状に砲が並び、兵士がキビキビと動き回りながら、東京湾を守っていたのでしょう。墓所みたいな雰囲気が十二分に漂う現在からは、想像するのが難しいですが……。

分かりづらいが一段上がったところが砲座部分。階段も植物と土に覆われていて滑りやすい。
蔦や木で覆われた胸墻。砲座には二十四センチ加農砲が配備されていた。
砲座にあったコンクリートの突起物。基礎のように思えたので加農砲のものだろうかと考えてみた。
横墻の扉、岩盤と同化しそうな全体部分。
砲座の胸墻と突起部をみる。この砲座は一番手前にあるもの。
弾薬庫へ通ずる地下道は金網でガードされているが油断しないように。
木と蔦で覆われた胸墻。残存する三基の砲座は、どれも自然へと還るかのように植物に呑まれていた。

今回は見所がたくさんあり、駆け足でいつもより長めに紹介しました。観音崎砲台群は立入禁止の部分もあって、全て見られるわけではありませんが、気軽に散策しながら明治期の国防遺構を観察できます。人々の憩いの場にひっそりと残っているというのも、なかなか良い雰囲気です。

取材・文・撮影=吉永陽一

桜が満開となった麗(うら)らかな春の日。観たい展示があったので、横須賀美術館へ行きました。初めて行く美術館なので、周りには何があるだろうかと何気なく美術館周囲の地図を見ていると、「三軒家砲台跡」という単語を見つけてしまいました。なに?砲台跡?砲台跡。この単語に興味が惹かれ、美術館を拝観し終わったら散策してみよう。いや、そうするべきだと決めました。横須賀美術館は三浦半島の東側、神奈川県立観音崎公園内にあります。観音崎は東京湾の湾口部にあり、一般的には観音崎灯台や海原が望める丘陵地帯の公園が有名ですが、私にとっては明治期に配備された観音崎砲台群を連想させるものです。明治初期から1945年の終戦にかけ、東京湾要塞のひとつとして、三浦半島の沿岸部には砲台などの防衛施設が多数配備されました。とくに観音崎は日本初の西洋式砲台として旧陸軍が整備することとなり、第一砲台が明治17年(1884)に竣工し、続いて第二砲台、第三砲台と、丘陵地帯の沿岸部のあちこちに砲台が配備されました。「三軒家砲台跡」もその砲台群のひとつで、明治29年(1896)から昭和9年(1934)まで稼働しました。
『散歩の達人 首都圏日帰りさんぽ』より、旅先で気軽に楽しめる散歩コースを紹介。歩行時間や歩行距離も明記しておりますので、週末のお出かけにご活用ください。三浦半島の観音崎周辺には古代から近代までの遺構が残っている。日本武尊(やまとたけるのみこと)が上総(かずさ)国へ渡ったといわれる渡海地(とかいち)や中世の山城、そして近代の軍事遺構。そんな“歴史の舞台”に何度もなった、三浦半島の東突端部へ。