テストイベントのこの日、土俵は床下に収納、吊り屋根は高い位置に移動。ちなみに土俵とリングはほぼ同じ高さだ。

升席に座るとなぜか心が静まる。国技館はほぼ真四角で、観客は四方から土俵の1点を凝視する造りだ。照明もテレビ映えするが力士の精神集中の邪魔にはならない角度に調整されている。以前、体操競技が開催されたが、何種目も同時進行するためかあまりそぐわなかったとか。ましてや相撲自体、古くから神事の要素もあった。国技館も年3回の場所ごとに土俵を作り替え、行司が儀式を行う。独特の聖なる空気が詰まっているのかもしれない。

相撲の聖地が、東京五輪ではボクシング会場になる

ところがここは、案外ボクシングやプロレスにも使われる。「国技館は東京場所の45日間しか大相撲をしないので」と相撲博物館の中村さん。もっともボクシングと相撲は縁がある。日本初のボクシングは黒船の上で大関と船員が闘った。『日本アマチュアボクシング連盟50年史』によれば明治以降、靖國神社や明治神宮外苑の相撲場で、何度もボクシング大会が開催されている。同書をさらに見ると戦前戦後から「後楽園」の名が現れる。といっても当初は「囲いと簡単な椅子のバレーボールコート」だったりする。

日本スケート連盟会長竹田恒徳氏の尽力で、後楽園軟式野球場跡に建設された後楽園アイスパレス。現在の黄色いビルの位置にあった。
「オリンピック時には氷ではなく床に板を張って、大変だなあと記憶しています」と法政大学名誉教授の渡邊さん。屋根付きで多くの観客を収容できる施設は当時貴重だった。

何しろ1964年のオリンピック会場も「アイススケート場」なのだ。当時を知るのは渡邊政史さん。日本アマチュアボクシング連盟補助役員として、外国人選手を選手村から会場へ案内した。ご自身も「大学で科学的にスポーツを」と法政大学ボクシング部に入部したものの「社会全体が栄養バランスなど考える余裕もない時代でした」という。

渡邊氏はアマチュアボクシング界に貢献し著書多数。瑞宝中綬章受章。

ところが外国人選手は無駄な減量をせず栄養を考え、トレーニング方法も全然違った。「知りたかった外国が向こうからどっさり来て」青年は興奮した。以来、渡邊さんは「科学的な」後進の育成に貢献してきた。やがてプロボクシングがテレビで人気に。輪島功一に憧れた、日本ボクシング連盟副会長・菊池さんも、長じて後楽園ホールでの大学リーグ決勝戦に出場。アマチュアボクシング界の聖地だけに「緊張で試合中は頭が真っ白でした」と笑う。

日本ボクシング連盟副会長の菊池浩吉さんは、35歳まで現役選手だった。

菊池さんは女性にもぜひ興味を持ってほしいという。「ボクシングはそれほど危険ではありません。女子と子供はヘッドギアを付け、アマチュアは特に防御の訓練を積みます」。この夏、両国国技館という日本情緒あふれ、歴史深い聖地でゴングが鳴り響く。真剣勝負、メダルを狙え!

両国国技館
~国技会場にみなぎる、緊張感と集中力~
江戸の相撲は寺社の境内で行われることが多く、特に両国の回向院(えこういん)が盛んだったため、両国は相撲の街に。明治42年(1909)に初代国技館建築。戦災などのため2代目は蔵前に。1985年に国鉄操車場を日本相撲協会が購入して現在の両国国技館を建設。館内はすり鉢状に四方に観客席があり2階は椅子席。1階升席は主に4人用で一部引き出し式に収納し椅子を並べられる。
後楽園アイスパレス
~スケート場に板を張ってボクシング~
江戸時代には水戸藩上屋敷だった場所の一部に、昭和12年(1937)、後楽園スタヂアムを開場して以来、遊園地やホテルなど多角経営を手がけてきた現・株式会社東京ドーム。後楽園アイスパレスは1951年に飛行機の格納庫を解体・移築してできた。1973年、新築の黄色いビル6階に移転、アイススケート場は1993年に営業終了。

取材・文=眞鍋じゅんこ 撮影=鴇田康則