池袋の西武百貨店目の前のビルの2階。エレベーターの2階からは入店できないので階段で。
池袋の西武百貨店目の前のビルの2階。エレベーターの2階からは入店できないので階段で。

明太子の本場・福岡の人気店からスピンオフ!単独でやってきた「めんたい煮こみつけ麺」

広々と落ち着いた店内。カウンター席もゆったりしていて1人でも気兼ねがない。
広々と落ち着いた店内。カウンター席もゆったりしていて1人でも気兼ねがない。

『元祖めんたい煮こみつけ麺 池袋』のルーツは、おいしい店が軒を連ねる福岡・中洲にある明太子料理専門店『元祖博多めんたい重』だ。今では博多名物となった看板メニュー「めんたい重」は、じっくり漬け込んだ昆布巻き明太子をごはんの上にのせ、特製だれをかけて食べる。このめんたい重にセットメニューとして提供していたのが「めんたい煮こみつけ麺」だ。そのおいしさが人気で単品としても提供されるようになり、ラーメン激戦区である池袋につけ麺専門店として乗り込んできたのだ。

実物見本あり!まずは麺の量を選ぶことから

麺の量の見本が店頭に置いてある。
麺の量の見本が店頭に置いてある。

入店してすぐ目に入るのが麺の量を表した見本だ。グラム数でいわれてもピンとこないことも多いから、見た目で選べるのはありがたい。温盛・冷盛どちらでもOK、100gから300gまでが同料金、400gはプラス280円だ。どのくらいにしようかと悩んだ結果、腹ペコだったので思い切って300gをチョイス。壺の中に入った札を持っていざテーブルへ。

300gは結構多め!壺の中に入った「300g」の札を持っていこう。
300gは結構多め!壺の中に入った「300g」の札を持っていこう。

コクたっぷり!煮込んだ明太子の旨さをはじめて知る

めんたい煮こみつけ麺とご飯、写真にはないが、健康茶として知られるルイボスティーをベースにしたオリジナルのブレンド茶がついた麺飯セット1590円。
めんたい煮こみつけ麺とご飯、写真にはないが、健康茶として知られるルイボスティーをベースにしたオリジナルのブレンド茶がついた麺飯セット1590円。

明太子が溶け込んだ赤いつけ汁、きれいに揃えられたツヤツヤの麺、そしてご飯が整然と並ぶ。麺は見本と変わらないビジュアルだ。「すごく辛かったりして……?」と少し心配。とはいえ、さっそくいただきます!

オリジナルの配合で作るストレート太麺がもちもち。
オリジナルの配合で作るストレート太麺がもちもち。

最初はオーソドックスに麺をつけ汁につけていただこう。持ち上げるとしっかりとした重みを感じるストレートの太麺をトロットロに濃厚な赤いつけ汁に入れてひと口。最初に感じたのはシイタケから出る和の味わいと魚介の出汁、その後に続くのが明太子の奥深いコクだ。

食べる前は、「じっくり煮込んだら明太子の風味やコクが失われてしまいそう」と思っていた。ところがこだわりの自家製明太子はパワーが違う。アゴや昆布から丁寧に取った出汁と、10種類以上の野菜でじっくり煮込むことで明太子に染み込んでいた旨味がぐっと引き出される。とくにトマトの酸味と明太子のコクのバランスが絶妙で、高い完成度だと感じた。

つけ汁にも明太子のつぶつぶ感が残る。
つけ汁にも明太子のつぶつぶ感が残る。

つけ汁がよく絡む太麺は、ツルツルモチモチとしていてかなりの弾力。噛むごとに跳ね返るような歯ごたえがあり、明太子のプチプチとした食感が口の中いっぱいに広がる。味わいの奥にピリッと辛味を感じるが、尖った辛さではなくとてもまろやか。食べ進めると魚粉がつけ汁に混じり合い、ネギや海苔の風味も◎。これは癖になる味だ。

味変したりご飯を入れたり。自由自在に楽しもう!

楽しみ方を教えてくれた店長の末宗さん。「特製辛味だれは最初からたっぷり入れるのが好み」とのこと。
楽しみ方を教えてくれた店長の末宗さん。「特製辛味だれは最初からたっぷり入れるのが好み」とのこと。
王道の食べ方はテーブルの上のPOPでも確認できる。
王道の食べ方はテーブルの上のPOPでも確認できる。

なんのために麺を300gにしたか。それはいろんな食べ方を味わい尽くすため。オススメの食べ方を店長の末宗さんに聞いてみた。

「まずは特製辛味だれをつけ汁に入れて、お好きな辛味に調節して食べてみてください」とのこと。真っ赤な特製辛味だれは、唐辛子のほか柑橘類などさまざまな香辛料、そしてここにも明太子が入っている。これだけでも味わい深いおいしいタレなので、つけ汁に入れると辛味だけでなく旨味も増したように感じる。ぴりりと辛く、それでいてコクもある。これはいい!

特製辛味だれでさらに旨味のある刺激を。
特製辛味だれでさらに旨味のある刺激を。

お次はお待ちかねのご飯の登場だ。ご飯をつけ汁にインするのもいいけど、ご飯につけ汁をかけるのもアリ。ここに辛味だれを追加してもっと辛くしてもいい感じだ。「魚介がベースの特製割りスープをかけて、お茶漬け風に食べる方もいらっしゃいます」と末宗さん。うーん、さっぱりしていてこれもいいかも……。

特製割りスープも使い方いろいろ。
特製割りスープも使い方いろいろ。

つけ汁に割スープを追加すると飲みやすくなるが、まだ全部飲んでしまわないように。だって、やっぱりご飯をつけ汁にインして雑炊にしたいじゃないですか。旨味たっぷりの汁が染みしみのご飯は思ったとおりのおいしさで、口の中に明太子のツブツブ感が広がりまくる。お腹いっぱいになってきたなと思っていたけれど、雑炊の旨さに箸が止まらず結局完食。満腹満足、おいしかった〜。

明太子がプチプチの雑炊。おいしくないわけがない!
明太子がプチプチの雑炊。おいしくないわけがない!

シメは飲めるほどとろとろのプリン。別腹って恐ろしい

飲めるほどのとろけるプリン638円。さいの目形に切られたジュレ状のカラメルソース。
飲めるほどのとろけるプリン638円。さいの目形に切られたジュレ状のカラメルソース。

満腹ということは忘れて、シメのデザートもいってしまおう。名物デザートの飲めるほどのとろけるプリンは名前のとおりカスタードがとろとろで、すくったそばからするりと落ちてしまうほど。控えめな甘さだがコクがあり、程よい苦みのジュレ状カラメルソースとの食感の違いがおもしろい。それに、辛いものを食べた後の甘いものは不思議とほっとする。

今回は麺飯セットのあと単品でプリンを頼んだが、新メニューである麺飯甘セットならプリンまでついて1790円ととてもお得だ。ぜひ次回はそのセットを頼もう!と思いながらお腹いっぱいで店を後にした。

プリンのついたセットも新登場。
プリンのついたセットも新登場。
住所:東京都豊島区南池袋1-21-5 第7野荻ビル2F/営業時間:11:00~22:30LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩1分

取材・⽂・撮影=ミヤウチマサコ 構成=アド・グリーン

編集のシラタキから、小包みが届いた。あけると袋にむっちり明太子が詰まっていて、私を誘惑してくる。お礼をするのに連絡すると、「明太子ってどれも同じだと思ってませんか?福岡の『島本食品』のがいいんです。スーパーで買うのと全然違いますから!」とのこと。ほんまかいな?と思いつつ、酒のつまみにしたら、舌の上でプチーンと粒が弾けて、新しい世界が広がった。明太子よ、愛している。福岡で40年続く明太子が美味しすぎて、思わず擬人化した。