チョコレートを主役にしたガトーショコラ専門店

代々木上原駅の南口から歩いておよそ1分の路地に、ひっそりと佇む『Minimal The Baking (ミニマル ザ ベイキング)代々木上原』。本店である、カカオ豆から手仕事で作るスペシャリティチョコレート専門店『Minimal 富ヶ谷本店』のオープン5周年を機に誕生したガトーショコラ専門店だ。

明るくスタイリッシュながら木の温もりを感じられる店内では、ガトーショコラの販売のほか、イートインでカフェメニューも提供。Minimal ブランドのファンはもちろんのこと、東京ならではの手土産としてガトーショコラを購入する人、代々木上原エリアのカフェとして立ち寄る人など、毎日さまざまな人たちが足を運ぶ。

写真は、代々木上原店限定のガトーショコラ ベイクド ハイカカオ。
写真は、代々木上原店限定のガトーショコラ ベイクド ハイカカオ。

同店のガトーショコラは、“新しいチョコレート体験を”というブランドコンセプトのもと、工房の職人たちが試行錯誤し火入れを研究。バターや砂糖に頼り切らず、カカオが香るチョコレート本来の風味を生かした製法にこだわった。主張しすぎない上品な甘さのガトーショコラは、ここでしか味わえないチョコレートが主役の新しいガトーショコラだ。

代々木上原店ではガトーショコラを中心に常時およそ8種類の焼き菓子を販売。しっかりとした食感のベイクドをはじめ、やわらかくしっとりとした食感のソフト、くちどけの良い生食感の生ガトーショコラ、さらに旬のフルーツを使ったシーズナルフレーバーやレアチーズケーキなど、作り方による食感のちがいや、使用するチョコレート、掛け合わせる素材による味わいのちがいを楽しめる。

ガトーショコラ、レアチーズケーキは1本各3510円。
ガトーショコラ、レアチーズケーキは1本各3510円。

持ち帰り用のガトーショコラは、1本約20センチほどのサイズで販売。常温の商品は、手土産や贈り物としても重宝する。豊富なラインナップなので、来店するたびに日常のシーンや気分に合わせて購入できるのがうれしい。

ペアリングで新たなガトーショコラの世界を知る

ガトーショコラまたはレアチーズケーキのスライス3種類、ペアリングのドリンクがついたセット1200円(写真は見本)。+200円でスライスの種類を増やせる。
ガトーショコラまたはレアチーズケーキのスライス3種類、ペアリングのドリンクがついたセット1200円(写真は見本)。+200円でスライスの種類を増やせる。

イートインでは、そんなガトーショコラやレアチーズケーキの中から3種類を選び、厚さ2センチほどのスライスで食べ比べができるセットを提供。一度にさまざまなガトーショコラを味わえるため、同店のガトーショコラが初めての人にはぴったりだ。食べ比べで味を確かめたあとに、持ち帰りのガトーショコラを決める人も多いのだとか。

店主いわく「シーズナルは季節限定の味わいなので、食べ比べに1つは入れるのがおすすめです」とのこと。一口にガトーショコラと言っても、食感や風味がまったく異なることに驚いてしまうだろう。

同店のガトーショコラは、さまざまなドリンクとの相性もよい。店で取り扱うコーヒー豆は、ロースタリー出身の店主が厳選した『SWITCH COFFEE TOKYO』や『ONIBUS COFFEE』などさまざまな人気ロースタリーからラインナップ。

繊細で華やかなライトローストのコーヒーは、ガトーショコラの風味を絶妙に引き立ててくれる“名脇役”だ。

さらに、ビール、日本酒、どぶろくとのペアリングが楽しめるのも同店の醍醐味。特に日本酒は、秋田の『新政酒造』から仕入れる陽乃鳥(ひのとり)、亜麻猫(あまねこ)というスイーツ店ではお目にかかれない希少な2種類。

営業時間内は常時ペアリングができるほか、毎月最終金曜日(月によって変動あり)には営業時間を22時まで延長し、ナチュールワインなどのラインナップが加わる「ヨルミニマル」も開催。ガトーショコラ×お酒が生み出す新たなおいしさを見つけることができる。

チョコレートの風味を存分に堪能できるガトーショコラは、ご褒美スイーツや手土産の候補としてぜひ覚えておこう。

住所:東京都渋谷区上原1-34-5/営業時間:11:00~19:00/定休日:無/アクセス:地下鉄千代田線・小田急線代々木上原駅から徒歩2分

取材・文・撮影=稲垣恵美