ホッピー通りにありながら煮込み料理がウリではない!?

浅草ホッピー通りには“煮込み通り”という別称がある。その名の通り、手間暇かけて作られるもつ煮込みや「お店ごとに味が違う」と言われている牛すじ煮込みなどのお酒に合う料理が有名で、それをアテにしてホッピーなどのお酒を飲む……という具合に、ホッピーと煮込みは切っても切れない関係。だからこそ2つの名前がこの通りについたとも言える。

しかし、そんなホッピー通りにあって、煮込みのみならず、超新鮮な魚を最大のウリにている人気店もある。それが2018年の8月にオープンした『ととや』である。

夕方になると煌々と照らされる『ととや』の暖簾。暗くなってくると存在感をさらに増してくる。
店内は1、2階合わせて100席ほどと、ホッピー通りでは1番の広さを誇る。昼間から大勢のお客さんでにぎわい、土日は競馬帰りの客も多く常に満席だ。

「ウチのお店でも7時間煮込んだ牛すじ煮込みが大人気です! でも、僕らの強みはなんといっても、魚料理。明治4年(1871)創業の豊洲市場水産仲卸が直営でやっているので、どこにも負けない新鮮な魚を提供できるのが強みなんです」

こう語ってくれたのは店長を務める江連和紀さん。周りのお店はみな、創業から少なくとも20年近く経っているいわば老舗ばかり。

その中でも比較的新しい『ととや』がお客さんに親しまれるには周りと同じようなメニューではなく、個性を出したものを提供する――その考えがホッピー通りにやって来るお客さんたちにハマり、オープンから3年経った今では「浅草でおいしい魚が食べたかったら『ととや』!」と言わんばかりになじんでいる。

お話を伺った江連和紀さん(左から2番目)とスタッフの皆様。チームワークの良さもお店の強みに。

その日によって異なるおすすめメニュー!

今や浅草で一番の海鮮居酒屋ともいわれる『ととや』。早速自慢のメニューを伺うと、江連さんから「今日の場合だと寒ブリですね!」という具合でその時々にタイムリーなものを教えてくれる。

この日の鮮魚五点盛り1848円は寒ブリが自慢。他にもサーモンやカツオなども新鮮で箸が進む。

「魚をメインにしたお店なので、仕入れによっておすすめがその日ごとに違うんですよ。あと冬の季節だと白子ポン酢も最高においしいですよ」。

江連さんの言葉の通り、早速鮮魚五点盛りと今日のイチオシだった白子ポン酢をオーダーした。まずは鮮魚五点盛りだが、この日のおすすめである寒ブリを筆頭にサーモンやカツオも大ぶりなサイズで鮮度も抜群。そして季節ものである白子ポン酢はひとくち食べれば濃厚な味わいが口の中に広がってくる。

江連さんが「この日のイチオシ」とオススメしてくれた白子ポン酢968円。濃厚な味わいが口に広がってきて、日本酒との組み合わせはまさに至福のひと時を演出してくれる。

「とにかく旬のお魚を提供できることが強みだし、新鮮だからこそできることもある。例えば秋だとサンマが旬ですよね? サンマを仕入れた当日は、普段はできないけどお刺し身にして提供していましたよ」。

ホッピーは白と黒の2種類のみを揃えるところが多いが、『ととや』では珍しい「赤ホッピー」の用意も。お店オリジナルの焼酎を凍らせたシャリ酎と合わせて三冷で飲むのがツウ。セットで500円。

つまり、仕入れ当日でないと食べられないその日限定の特別メニューも『ととや』の魅力なのだ。これなら毎日やって来るという常連客が多くいるのも不思議ではない。

新鮮さを貫いた仕入れで若いお客さんが急増!

ホッピー通りでも数少ない新鮮な魚料理をウリにして今や人気店の仲間入りを果たした『ととや』。新鮮さにこだわった仕入れにその日限定の特別メニューも味にうるさいホッピー通りに集まるお客さんたちの心をグッとつかんで離さない。実際に店内を見渡すと大学生風情の若者のグループ客から年配の男性たちが集まるなど、客層も幅広い。

店内には炉端焼きのスペースも。カキなどの貝類を焼いて提供してくれるといううれしいサービスも。

「若いお客さんが増えた感じがします。周りのお店と比べると女性のお客様が多いかもしれないですね。あと近所に花やしきがあるおかげもあって、子供連れのお客様もやってきてくれますね。これからもそうしたお客様の期待に応えられるような料理を提供していきたいと思います」。

そう笑顔で語ってくれた、店長の江連さん。ちなみに取材が終わるとすぐにお客さんたちからのオーダーへ忙しそうに対応していた。一時は静まり返っていたというホッピー通りだが、『ととや』を中心にまたかつてのような盛り上がりを見せることだろう。

住所:東京都台東区浅草2-4-13 1F・2F/営業時間:9:30~23:00(土・日・祝は9:00~23:00)/定休日:無/アクセス:つくばエクスプレス浅草駅から徒歩3分

構成=フリート 取材・文・撮影=福嶌弘