カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎 神保町本店

香味野菜スープと13種のスパイスが奏でる香りのハーモニー

赤のべっぴん薬膳カリー1000円はコーヒー付き。

店内はスパイス濃厚な空気が充満。炒めたタマネギに、ホールスパイスを加え、香りがたったらパウダースパイスを投入。香味野菜を赤白ワインで煮込んだスープと合わせた薬膳カリーは、13種のスパイスがえも言われハーモニーを奏でる。「沈殿しやすいので、かき混ぜてから少しずつご飯にかけてみて」と、店主の志賀弘唯(ひろゆき)さん。さらりとした口当たりが汗を呼び、ビール恋しや!

夜はタンドリーチキン ハーフサイズ580円、チーズの盛り合わせ980円をグラスワイン680円で。

『カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎 神保町本店』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田小川町3-10-1 駿台ビル2F/営業時間:11:00~15:00・18:00~20:00LO(夜は火・金のみ)/定休日:水/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩5分

洋食膳海カレー TAKEUCHI

野菜たっぷりでうれしいバランスのよさが◎

洋食膳1番の煮込みハンバーグはデミグラスソースをカレーソースに変更可能850円。

長年フレンチとイタリアンのシェフとして腕をふるって来た店主の竹内智さとしさんがオープン。酸味と辛味がほどよくブレンドされたカレーはもちろん、ごろっとのった野菜の素揚げや具だくさんの味噌汁など、つけあわせも丁寧、繊細、美味!  カウンターのみ13席ゆえ昼時には行列もしばしばだが、このボリューム(ごはんと味噌汁はおかわり無料!)でこの価格、しかも味がいいとなれば大納得。奥様の丁寧かつキビキビとした客さばきも気持ちがいい。

店主の竹内さんが撮り鉄とあって、店内には鉄道グッズや竹内さんの撮った鉄道写真などが素敵にレイアウト。

『洋食膳海カレー TAKEUCHI』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田神保町1-20-3/営業時間:11:30~ハンバーグとカレー終了まで/定休日:日/アクセス:地下鉄神保町駅から徒歩3分

ポンチ軒

スパイシーなルウが肉の旨味を引き立てる

ランチ時はカツが少し薄い&ゆで卵なしで1250円で提供。1日限定20食ほど。

「うちはとんかつ屋なので、とんかつをしっかりと味わってほしい」と、店長の橋本正幸さん。肉厚でやわらか、軽い揚げ上がりのロースカツは、カレーと別々に盛るのがポンチ軒流だ。カレーは豚と鶏、そして少量の牛の合いびき肉を使用した、とろみのあるキーマカレー風。ベースとなる野菜の甘みと、少し遅れてやってくる辛味のバランスが絶妙。カツとともに食せば、何層にも折り重なった肉の旨味が口いっぱいに広がる。

カレーのカツにはスパイシーで濃厚なウスターソース「太陽ソース」を。
レトロなポスターが貼られた昭和の雰囲気漂う店内。

『ポンチ軒』店舗詳細

住所:東京都千代田区神田小川町2-8 扇ビル1F/営業時間:11:15~14:00LO・17:30~20:30LO/定休日:日/アクセス:JR・地下鉄御茶ノ水駅から徒歩7分

構成=フラップネクスト 取材・文=佐藤さゆり、神田ぱん、風来堂 撮影=高野尚人、丸毛 透、中込 涼、金井塚太郎

illust_4.svg

神田エリア全体のカレーのお店をお探しなら、こちらの記事もどうぞ。

言わずと知れたカレー激戦区の神田。都内でも有数の人気店がひしめき、独自に研究した最高の一杯で勝負する。マニアも唸る、絶対に行きたい9店をご紹介。

紹介スポットをマップで見る