Patisserie DIVIN

地元が誇る“街のケーキ屋さん”

店内はご近所のマダムでいつも混雑。

「2007年に創業した当初、この辺りはケーキ屋さんが少なかったんです」と店主の吉田大祐さん(写真中央)。地元の人がよその街の人に自慢したくなるような、それでいて普段のおやつにもぴったりな、特別感と親近感を兼ね備えた商品が揃う。しょうゆほんのりさぶれ2枚入り190円は、2013年に地元を元気づける名産品として誕生。同じ川崎市内で醸造された福来醤油が香ばしさをプラスし、甘みと塩味が同居している。シュークリームは、生クリームに北海道産のものをいくつか選び、独自にブレンド。ふっくらして、コクのある甘みが魅力で底にカスタードも潜む。定番を充実させつつマイナーチェンジを重ね、常連客をも飽きさせないラインナップだ。

しょうゆほんのりさぶれ2枚入り190円(左)/シュークリーム200円(右)。

『Patisserie DIVIN』店舗詳細

住所:神奈川県川崎市中原区井田中ノ町26-9/営業時間:10:00~20:00/定休日:不定休/アクセス:東急東横線元住吉駅から徒歩11分

REMERCIER

芳かぐわしきチョコレートの世界に浸る

ショーケースにはチョコレートがずらり。

チョコレートを極めること20余年。オーナーシェフパティシエの三本陽平さんのチョコ愛が、店内にあふれている。ショーケースに並ぶ顔ぶれは、材料の産地もさまざま。イチゴと赤スグリとフランボワーズの「フリュイ・ルージュ」や、自ら炒った煎茶を練り込りこんだ「お茶」などチョコレートは、合わせる素材によってバランスを変え、ブレンドするとか。小さな一粒が食べる者の五感を刺激する! チョコレートのケーキも種類豊富。「コロンビア」はコロンビア産のチョコレートを使った濃厚なムースのケーキ。側面にまとったカカオニブ(砕いたカカオ豆)のカリカリ食感がそそる。

チョコレート各種248円。フリュイ・ルージュ(左)、お茶(中央)/ コロンビア561円(右)。

『REMERCIER』店舗詳細

住所:神奈川県横浜市港北区日吉4-4-20/営業時間:10:00~20:00
/定休日:不定休/アクセス:東急東横線・目黒線・地下鉄グリーンライン日吉駅から徒歩5分

洋菓子 ル・ボートン

住宅地の奥に現れた焼き菓子の城

オーナー・パティシエの中川さんが手掛けるスイーツは、夕方には売り切れるほどの人気。

大倉山の住宅地にあり、老若男女に愛されている。売り場を担う店長さん(写真中央)は、「お小遣いを手に、友達同士で来てくれる子もいるんです」とうれしそう。看板商品のタルトは、香ばしく焼けたクッキー生地とフィリングの甘みのコントラストが完璧! パウンドケーキ、フィナンシェなどの焼き菓子も充実。カヌレは表面はカリッ、内側しっとり。王道タイプはもちろん、珍しい抹茶のカヌレも人気が高い。驚くなかれ、中も鮮やかな抹茶色なのだ!

カヌレ各種248円~(左) / チョコレートと木の実のタルト410円(右)。

『洋菓子 ル・ボートン』店舗詳細

住所:神奈川県横浜市港北区大曽根台16-13/営業時間:11:00~18:00/定休日:月・火・水/アクセス:東急東横線大倉山駅から徒歩13分

お茶の子 まめ

“普通”のものに感動できる幸せ

カフェスペースもあって、ティータイムも過ごせる。

どらやきのようなどこでも手に入る親しみやすいおやつこそ、丁寧に作られたものに出合うと、「今まで食べてきたものと違う」なんて意表を突かれて感動する。それを体験できる店だ。北海道産の小豆で日々こしらえるつぶあんは、ふんわりした皮と合わさり素朴さを発揮。店の奥で手作りされるどらやきは毎朝50個ほど。開店直後に足を運べば、できたてが手に入る! 週末になるとおみやげ用にまとめ買いする人も。昔の商家を思わせる番台を設しつらえた店構えにもわくわく!

和三盆各種70円。黄な粉(狐)、ブラックベリー(猫)などフレーバーもさまざま / どらやき230円(右)。

『お茶の子 まめ』店舗詳細

住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-9-3/営業時間:10:00~17:00(火は13:00~。どらやきは売り切れ次第終了)
/定休日:水/アクセス:東急東横線白楽駅から徒歩8分

構成=前田真紀 取材・文=信藤舞子 撮影=丸毛 透