中身より外見から考え始める編集部

渡邉 まず何から考えましょうか。目立たないといけないから、色とか車種も大事ですよね?
町田 車もお弁当も、カラフルなほうがテンションあがります。
佐藤 雑誌のイメージカラーというと……ピンクか黄色ですかね?
土屋 それはデザイナーのM浦さんが使いがちな色だね。
渡邉 今月は緑ですよ! 黄色といえば、ホットドッグとアイスクリームの「大学堂」ですね。閉業してしまった「大学堂」のスピリットを勝手に引き継いで……
町田 白、黒、茶はけっこうあるし目立たないですね。エスニック系はその国の色を使っててかわいいですよ。
土屋 一色だと目立たないかな?
渡邉 「大学堂」は一応、3色ですよ。
佐藤 黄色は『玉○屋』とか『ハ〇サワー』とか、他にもありますよね。
渡邉 ……「大学堂」への思いはいったん胸にしまいます……。

ありし日の「大学堂」。(散歩の達人2017年8月号より。撮影=オカダタカオ)

渡邉 車種はどういうのがいいですか?
土屋 現実的なのがいいの?
渡邉 いえ、理想を語りましょう。
土屋 理想はワーゲンバスかなあ。
吉岡 ワーゲンバス、かわいい!
佐藤 最近EV仕様が出たらしいですよ。話題的にいいかもです。
町田 5人乗り以上がいいんじゃないですか。全員乗れて移動もできる。車の横の、開けるところにはカーテンつけたいですね。キコキコ回して角度変える。
渡邉 カーテン? キコキコ?
佐藤 シェードですかね?
吉岡 シェードはしましまのアイスクリーム屋さんみたいのがカワイイと思います!
佐藤 色は何を売るかによって考えたほうがいいんじゃないですか?
渡邉 やっぱり商店街ランチボックスがいいなあ。散歩の達人としては、大都会で働く人に東京ローカルの味を届けたいですよ。
土屋 確かに、雑誌的には東京にもローカルがある、ということもアピールしたいね。
町田 朝、どこかの商店街で仕入れたおかずでランチボックスを作り、オフィス街で売るという感じですね。

えっ、走る看板建築?

渡邉 それなら、車に商店街のゲートみたいなのあしらいたいですねえ。
町田 じゃあ、毎日、その日の商店街のゲートを作って取り付けますか?
渡邉 それは手作りだよね?夜なべだな……。
吉岡 ローカルなものを都心にっていうコンセプトなら、車は懐かしい色がいいですね。
町田 ……看板建築風にするとか?
渡邉 えっ、看板建築?銅板の緑色っぽい色、とか?
佐藤 緑がさらに赤茶になったような? そういう酒屋さんがあります。
土屋 酒屋かあ。そうするとビールケースとかも置きたくなるね。
町田 ちょっと椅子にもなるやつ。日よけも看板建築にあわせて緑がいいかな。
佐藤 となると、ワーゲンバスじゃないほうがいいかもしれませんね。
町田 ロケハンで軽トラっぽいキッチンカーを見ましたよ。
佐藤 看板建築なら、側面が平べったい車のほうがいいですね。
吉岡 看板建築が大都会を走ると思うと、すごいですね……。
渡邉 このタイプの車だと全員は乗れないから、当番制ですね。
土屋 編集作業のかたわらでやるからそれが現実的だよね~。
渡邉 いえ、理想を語りましょう。

佐藤 看板建築の酒屋っぽいとなると、お品書きは飲み屋みたいな短冊もありでは。
渡邉 短冊の素材は何ですか?
佐藤 木の札?
町田 竹みたいのはどうですか? パピルスみたいな?
土屋 パピルス??
渡邉 パピルスどこから下げますか? カウンターかなあ?
土屋 カウンターに下げるなら普通に紙でいいんじゃないかなあ?
吉岡 赤ちょうちんとかも、どこかにつけたいです。
渡邉 酒屋というより酒場になってきましたね。