スポットを探す

東京都 東京駅・丸の内・八重洲 東京駅 八重洲 銀座 有楽町・新橋・日比谷・汐留 日比谷 有楽町 新橋 日本橋・人形町 日本橋 人形町 神田・神保町・秋葉原 神田 神保町 秋葉原 御茶ノ水 水道橋 上野・浅草 上野 浅草 御徒町 鶯谷 赤羽・十条・王子 赤羽 王子 十条 中野・高円寺・阿佐ケ谷 高円寺 中野 阿佐ケ谷 浅草橋・蔵前 浅草橋 蔵前 恵比寿・中目黒 恵比寿 中目黒 立石・堀切 立石 板橋 大山 品川・大崎・大井町 大崎 大井町 品川 蒲田・大森 蒲田 大森 神楽坂・本郷・飯田橋 飯田橋 神楽坂 四ツ谷・市ケ谷 四ツ谷 千駄ケ谷 柴又・金町・亀有 金町 亀有 柴又 荻窪・西荻窪 荻窪 西荻窪 吉祥寺 三鷹・武蔵境・小金井 三鷹 武蔵境 小金井 武蔵小山・戸越 武蔵小山 戸越 目黒・五反田・白金 五反田 目黒 深川・門前仲町・清澄白河・森下・豊洲・木場 森下 清澄白河 門前仲町 谷根千 根津 湯島 千駄木 谷中 向島・曳舟・押上 向島 曳舟 東向島 麻布十番・麻布・六本木 六本木 麻布十番 渋谷 新宿・大久保 新宿 代々木 大久保 青山・原宿・表参道 原宿 表参道 青山 池袋・早稲田・高田馬場・目白 早稲田 池袋 高田馬場 目白 巣鴨・大塚・駒込 護国寺 巣鴨 大塚 駒込 日暮里・三河島・町屋 日暮里 北千住・南千住・綾瀬 南千住 北千住 小岩・新小岩 錦糸町・亀戸・大島・両国 大島 両国 錦糸町 亀戸 赤坂・霞ケ関・永田町 赤坂 浜松町・芝浦・三田 浜松町 三軒茶屋・世田谷線 世田谷線 三軒茶屋 小田急線・京王線 豪徳寺 明大前・下高井戸・千歳烏山 下北沢・駒場東大前 下北沢 二子玉川・駒沢大学 江古田・練馬・石神井公園 練馬 石神井公園 西武新宿線 自由が丘・学芸大学 自由が丘 馬込・池上 永福町・浜田山・三鷹台 築地・月島・佃島・八丁堀・新川 立川・国立・国分寺 国分寺 国立 立川 調布・府中・深大寺 深大寺 調布 府中 八王子・高尾 八王子 町田 奥多摩・青梅・五日市線 奥多摩 青梅 神奈川県 小田原周辺 足柄上郡 横浜・みなとみらい 横浜 川崎・鶴見・武蔵小杉・日吉 武蔵小杉 鎌倉・江ノ電・湘南 江の島 茅ケ崎 藤沢 鎌倉 横須賀・三浦・葉山 横須賀 三浦 箱根・湯河原 箱根 相模原・海老名・厚木 相模大野 埼玉県 大宮・浦和 浦和 大宮 所沢・狭山・入間・飯能 飯能 所沢 入間 狭山 川越・朝霞・ふじみ野・志木 川越 秩父・長瀞・三峰口 秩父 上尾・久喜・熊谷 千葉県 千葉・船橋・津田沼 千葉 船橋 津田沼 習志野 市川・本八幡 本八幡 柏・松戸・流山 我孫子 松戸 成田・佐倉・佐原・富里 群馬県 山梨県 茨城県 取手 静岡県 熱海 伊豆 栃木県 その他 全国 台湾 台北
1〜24件(全52件)
noimage
超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店(ちょうごってりめん ごっつ あきはばらてん)
「背脂が(胃袋の中で!)暴れ回る」ほど濃厚ガッツリ系の背脂ラーメンは、一度食べたら忘れられないほど強烈な一杯。こんなに“ごってり”背脂が入っていて食べきれるだろうか、といった心配はご無用。甘~くてコク深~い背脂たっぷりのラーメンは、リピ確です!
noimage
JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ(じゃぱにーず ふぃっしゅ ぬーどる うみのちから)
秋葉原駅昭和通り口から徒歩8分、蔵前橋通り沿いにあるラーメン店『JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ』。近海の旬の魚と海鮮にこだわったラーメン店で、メニューは真鯛のスープか海老の白湯スープがベースだ。また、旬の魚介類を使った日替わり丼も充実している。
noimage
とんこつラーメン 博多風龍 秋葉原総本店(とんこつらーめん はかたふうりゅう あきはばらそうほんてん)
『とんこつラーメン 博多風龍』は、とんこつラーメン650円を替玉2玉付きで提供しているコスパ最強の博多ラーメン専門店。乳白色のスープはクリーミーで、豚骨独特の臭みがまったく感じられず、誰もが食べやすい。トッピングも豊富で、味変ループが止まらない!
noimage
志奈そば 田なか 明神下店(しなそば たなか みょうじんしたてん)
JR秋葉原駅から徒歩4分。電気街を抜けた昌平橋通り沿いにある『志奈そば 田なか 明神下店』。鴨と煮干、煮干と担々麺を融合させた独創的なラーメンを提供。特に煮干×担々麺「にぼたん」は、カップ麺でも販売された人気の一杯。
noimage
中華そば専門 田中そば店 秋葉原店(ちゅうかそばせんもん たなかそばてん あきはばらてん)
地下鉄銀座線末広町駅から徒歩3分、ジャンク通りにある『中華そば専門 田中そば店 秋葉原店』。豚のゲンコツなどで丁寧にとった清湯を使い、スッキリ清々しい中華そばを提供する。喜多方ラーメンをイメージしたオリジナルの中華そばは万人に愛される味だ。
noimage
肉汁麺ススム 秋葉原本店(にくじるめんすすむ あきはばらほんてん)
地下鉄銀座線末広町駅から3分、ジャンク通りにある『肉汁麺ススム 秋葉原本店』の肉汁麺は、秋葉原発祥として日清のカップヌードルにもなったことで有名だ。見るからにハイカロリーの肉汁麺は、食べてはいけない気がするけど、食べずにはいられない背徳の至福グルメだ。
noimage
中華そば 糸(ちゅうかそば いと)
秋葉原駅昭和通り口を出て左折して徒歩5分、白いのれんが目印の『中華そば 糸』がある。主力はあっさり塩の淡麗な白糸中華そばと、濃口醤油がキリリと利いた黒糸中華そばの2つ。店が独自に調査したところ、スープをすべて飲んでも塩分は約0.8%だというからすごい。体に気遣いラーメンをガマンしている人や、淡麗系ラーメンが好きな人におすすめしたい。
noimage
秋葉原ラーメン わいず(あきはばららーめん わいず)
地下鉄銀座線末広町駅より徒歩2分。蔵前橋通りとジャンク通りが交わる角にある『秋葉原ラーメン わいず』。超濃厚でパンチのきいた豚骨醤油と三河屋製麺の特製麺のラーメンを豪快にすする。やわらかく煮込んだ分厚いチャーシューと山盛り野菜が乗った豚そばも人気だ。
noimage
つけ麺屋 やすべえ 秋葉原店(つけめんや やすべえ あきはばらてん)
『つけ麺屋 やすべえ 秋葉原店』の魚介ベースのあっさり系つけ麺は、老舗製麺所と共に開発した独自の麺を使用し、調味料は自家製にこだわって、おいしさをとことん追求した逸品。お好みでトッピングを追加したり、卓上にある削り節や刻み玉ねぎを加えたりするなど、食べ方次第で何通りもの味を楽しめる。値段がリーズナブルなのもうれしい。
noimage
饗 くろ㐂(もてなし くろき)
秋葉原と浅草橋の間にある『饗 くろ㐂』。和食割烹のような佇まいの店前に連日行列が絶えない。店主自ら生産地に足を運び、生産者の想いを汲んで食材の魅力をラーメンにこめて伝えてきた。和食の技を融合させた上質で本物のラーメンはハレの日に食べたい一杯だ。
noimage
麺処 ほん田 秋葉原本店(めんどころ ほんだ あきはばらほんてん)
JR秋葉原駅すぐのガード下に、東十条から秋葉原に移転した人気店『麺処 ほん田』がある。ラーメン界の若き天才・本田店主が、移転を機に全メニューリニューアル。自信の新味は、高級食材も取り入れた贅沢な旨味スープと自家製麺にこだわったご褒美ラーメンだ。
noimage
麺屋武蔵 武仁(めんやむさし ぶじん)
秋葉原駅昭和通り口から徒歩2分、さまざまな店が並ぶなかで漆黒の重厚感がある建物が見える。これが『麺屋武蔵 武仁』だ。メニューは大きく分けてつけ麺、ら〜麺、まぜそばの3つがあり、ほとんどの客が武仁の屋号がついたメニューをオーダーするという。100g超の豚バラ肉を醤油などで甘辛く味つけられた武仁肉は、箸で切れるほど柔らかくあっさりとしている。
noimage
鶏王けいすけ 秋葉原店(とりおうけいすけ あきはばらてん)
『鶏王けいすけ 秋葉原店』の名物は、骨付き鶏もも肉が丸ごと1本のった鶏白湯ラーメン。他の追随を許さないラーメン界の革命児が、鶏に特化したスペシャルな1杯を作り上げた。骨付き肉のインパクトと鶏の旨みたっぷりの濃厚スープは、今なお注目を集めている。
noimage
新福菜館 秋葉原店(しんぷくさいかん あきはばらてん)
京都最古参のラーメン店が誇る真っ黒なしょうゆラーメンを都内で提供している『新福菜館 秋葉原店』。濃色のスープは意外なことに、あっさりしていてまろやかで、濃口しょうゆの香ばしさと鶏ガラ出汁の風味が相まった絶品スープの虜になってしまうだろう。
noimage
らーめん紬麦(らーめんつむぎ)
秋葉原駅昭和通り口から徒歩1分、雑居のビル地下1階に『らーめん紬麦』がある。ラーメンの激戦区・秋葉原で麺に圧倒的な個性を放つ同店。ラーメン870円はいわゆるオーソドックスな醤油ラーメン。華やかな香り、弾力があるこの麺は、心地よい喉越しでも楽しませてくれる。
noimage
甘栗太郎
大正3年(1914)創業以来、甘栗一筋の老舗。店では、その日に使う甘栗を少量ずつ分けて焼き上げ、常に焼きたてがモットーだ。近隣のビジネスマンはもちろん、子供からお年寄りまでが香ばしい匂いに引き寄せられる。
noimage
昭和食堂(しょうわしょくどう)
JR秋葉原駅すぐ近くにある『昭和食堂』。ニンニクたっぷりでパンチのきいた名物・スタミナ丼は秋葉原で働くビジネスマンたちの元気の源だ。定食メニューも豊富で、一番人気は唐揚げ定食。ボリューム満点、コスパよしの定食屋だ。
noimage
カリガリ(かりがり)
2019年の神田カレーグランプリで優勝した超人気店『カリガリ』。銀座の老舗クラブで出されていたカレーがルーツとなっているカリガリカレーは、ココナッツベースでありながらとろりと濃厚で日本のお家のカレーに近い食感。1度食べたらクセになる味わいだ。
noimage
nico(にこ)
JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩約4分。昭和通りから十数メートルの場所にあるnoodle+ワンバル食堂『nico』。ワインバルを名乗ってはいるが、ワイン、ピザ、パスタだけでなく、とにかくお客さんに喜んでもらえる国籍、ジャンルを超えた料理が提供される自由度抜群の洋風食堂で、ラーメンも人気。半地下で温かいライトに照らされた店内は落ち着ける隠れ家的雰囲気。
noimage
ごはん処あだち(ごはんどころあだち)
秋葉原駅電気街口を出て、中央通りを渡った路地を入ってすぐの路地裏にある。黄色い看板とのれんが目印。看板にも店頭に並ぶメニューにも「デカ盛りの店」の文字と、その店構えがただものではない雰囲気。しかしカウンターにテーブル席が並ぶこじんまりとした店内は、妙に落ち着く。名物のカレー味の唐揚げは、あだちサービスセットにつく。
noimage
キオッチョラ・ピッツェリア(きおっちょら・ぴっつぇりあ)
JR秋葉原駅電気街口から駅前広場を隔てて徒歩約3分。秋葉原を代表する建物のひとつ、秋葉原UDXビルの1Fにあるイタリアンレストラン『キオッチョラ・ピッツェリア』。一歩店内に足を踏み入れれば、まるでヨーロッパの古い寺院を思わせるような厳粛な雰囲気が漂うきらびやかな異空間が広がる。居心地よい空間の中、カジュアルな値段のイタリアンランチが楽しめる。まさに贅沢な時間を過ごせる空間だ。
noimage
カフェアサン(かふぇあさん)
御徒町駅から秋葉原駅間の高架下にあるショッピングモール2k540内にあるカフェ。店内にハンモックがかけられ、揺られながらのんびり過ごせる。フレンチにも精通した元パティシエが手掛けるリーズナブルなランチに、焼き立てのスフレケーキが人気。
noimage
秋葉原漁港 快海(あきはばらぎょこう かいかい)
魚を知り尽くしたオーナーがプロの目で仕入れた鮮魚を毎日店で仕込んで提供している『秋葉原漁港 快海』。ランチのみで味わえる特選海鮮丼は、生にこだわった圧巻の豪華さだ。不定期に数量限定で提供される裏メニュー情報は、公式Twitterをチェックしよう。
noimage
とんかつ福与志(とんかつふくよし)
秋葉原駅から徒歩約4分。小さな路地裏の名店『とんかつ福与志』には、今日もたくさんの人びとが訪れる。一番人気はカツカレー。その人気とおいしさの秘密は常に注文を受けてから揚げ始める「揚げたて」へのこだわりと、ご主人のカレーへの探求心。熱々注意で万人を幸せにする。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ