佐野市役所
予備校スタッフに、よしもと芸人の似関本賢太郎さんを起用

 栃木県佐野市(市長:岡部正英)では、以下の通り予定しておりました「佐野らーめん予備校」の第2期生の募集を、新型コロナウィルス感染状況とそれに伴う社会情勢等を鑑み、一時中止といたします。 (2021年2月12日更新)以下は、一時中止決定前の情報です。



基礎研修を終え、いよいよ本格修行に移る第1期生たち!
佐野市の財産である佐野らーめん店の後継者育成と、移住希望者にとって課題となる仕事探し、という2つのニーズをマッチングさせた本プロジェクトは、各方面から注目を集める中、昨年11月12日に第1期生の基礎研修をスタートさせました。

<第1期生の基礎研修風景>

プロを目指す以上、すべて自分でこなせることが必要なため、学ぶべきことはたくさんあります。年齢や経歴もさまざまな研修生たちは、ラーメン作りに関して初心者であり、研修の中でも、特に調理実習ではとまどうことが多かったようです。しかし、空き時間にも自主的に修練し、また市内のラーメン店をまわって味やメニューの研究をするなど自分の目指すラーメンを作るために頑張っていました。そして、基礎研修を終える12月下旬には、自分の作ったラーメンの美味しさに驚くくらいの上達ぶりをみせてくれました。現在、基礎研修を修了した3名の第1期生が、市内の佐野らーめん店舗での本格修行に入る準備を進めています。

<基礎研修の修了証を受け取る第1期生(前列3名)>

佐野らーめん予備校に吉本興業から特別スタッフを起用!
また、佐野市の「地域おこし協力隊員」としてご協力いただく吉本興業の似関本賢太郎(にせきもと・けんたろう)さんが、佐野らーめん予備校の特別スタッフとして加入します。

吉本興業の「住みます芸人」としての活動と兼任で、佐野らーめん予備校の事務局業務やPR活動をお手伝いいただきます。
2021年度は、佐野らーめん予備校の体制をさらに強化し、新たな地方創生の事例となるよう推進してまいります。

【佐野らーめん予備校 第2期生 募集要項】
下記「佐野らーめん予備校」公式ホームページよりご応募いただけます。
https://www.sanoramen-yobiko.jp/

◆応募資格:年齢、性別、経験不問
・研修参加にあたり、健康状態に不安のない方
・佐野市に移住していただける方(時期は個別に相談)
・反社会勢力および反社会勢力関係者でないこと
◆募集定員:第2期生として5名程度
※定員を超えた場合は、書類選考の上、面談にて決定させていただきます。
※選考結果についてのお問い合わせはご遠慮ください。
◆募集期間:第2期生の募集は2021年1月15日(金)から2月19日(金)まで
◆応募方法:上記、公式ホームページの応募フォームより応募
※郵送でも受け付けます。ホームページより応募用紙を出力しご記入下さい。
◆研修費用:「基礎研修」「本格修行」「開業サポート(一部)」まで含めた費用として99,800円(税込)
※佐野市へ移住した時点で研修費用相当(10万円)の奨励金が申請できます。
※一部ご要望に応じて別途費用をいただくオプションプログラムがあります。
◆提出書類:履歴書、職務経歴書
◆決定通知:2021年3月初旬(予定)
◆研修開始:2021年4月2日(予定)

佐野らーめん予備校の運営につきましては、3密を避けるソーシャルディスタンスの確保、体温測定、マスク着用など、新型コロナウイルスの感染防止策を入念に計画し、行っております。

【佐野らーめん予備校 研修カリキュラム概要】
1.基礎研修(約2か月:全9回のプログラム)
1.調理/佐野らーめんの作り方はもちろん、一つ一つの食材の原材料や調理方法が学べます。さらに美味しく見える盛り付け方を習得し、オリジナルラーメンの開発をお手伝いします。


2.基本知識/佐野市・佐野らーめんの歴史や文化を学びつつ、基礎知識、目指すラーメン店像まで幅広く学びます。ラーメン店の成功体験談や収益構造、さらには目指すラーメン店像としてコンセプト作りやメニュー構成まで幅広く学びます。


3.申請/ラーメン店を開業するにあたり必要な「食品衛生責任者」や「食品営業許可」などの知識から、税金関係の申請・届出方法、さらには各種保険手続きまでレクチャーします。
4.経営/融資に必要な事業計画書の書き方や日々の原価計算のやり方、さらには国や自治体から受けることのできる助成金や補助金の申請方法まで、細かく学びます。


5.マーケティング/入りたくなる店舗のデザインからメニューまで、集客力の高い効果的な手法やチラシ、WEBでの広告方法、WEBサイト活用方法などを学びます。
6.採用・育成/開業してから必要になる「スタッフの採用・育成方法」やモチベーションを高める制度設計など採用育成全般を学びます。
7.サービス/ラーメン店に必要な接客マナーはもちろん、配膳・片付けの方法まで学びます。


<移住サポート>
佐野市の魅力を紹介するとともに佐野市への移住についてレクチャーを実施します。家族構成や働く予定先の店を考慮した住宅の紹介が受けられます。また、お子様が小さい方のための子育て支援などの手続きもサポートします。

2.本格修行(期間は状況に合わせ個別に設定)
<A.事業承継者向け>
承継予定先でラーメン作りの技術を学びます。
<B.独立開業者向け>
独立開業を目指してラーメン作りの技術を学びます。

A、Bのどちらを選んでも、その習熟状況に合わせたカウンセリングを実施し、悩み相談などを随時行います。また、ラーメン店を経営する上で必要となる各種申請手続きをサポートします。

3.開業サポート
独立開業・事業承継に向けた準備を行う段階では、開業希望者と承継希望者をつなぎ、承継・独立を行う際に必要な各種手続きをサポートします。また、独立開業時の人材・不動産・システム・資金運用計画などをワンストップで実施します。

【似関本 賢太郎 プロフィール】
似関本 賢太郎(にせきもと けんたろう)
1989年6月5日生まれ(31歳) 吉本興業所属 埼玉県出身
趣味/野球、お酒、草野球

2021年1月より栃木県3代目住みます芸人に就任。同時に、佐野市のらーめん予備校を盛り上げる地域おこし協力隊員としての活動を行っていきます。前職が消防士ということもあり、ガッツと責任感で仕事も頑張ります。
草野球では選手としても活躍中!芸風は元阪神の関本賢太郎選手のモノマネをして、YoutubeやSNSで阪神タイガースの話題を情報発信しています。

【佐野らーめん予備校 概要】
●プロジェクトおよび研修施設の名称/佐野らーめん予備校
●研修施設所在地/住所:佐野市若松町11 電話番号:080-9664-7832
●営業日時/不定休 10:00~17:00 ◇1階は調理研修、2階は座学研修ができる施設となっています。
●運営主体/佐野らーめん予備校 運営事務局 ※上記、研修施設内
<共同代表>五箇大成、若田部賢
●支援団体等/佐野らーめん店主、佐野商工会議所、日本政策金融公庫その他金融機関、社会保険労務士、不動産会社 など
●活動目的/佐野市が将来にわたり地元経済を支える多くの優秀な人材輩出と、誰もがいきいきと働き暮らせるまちづくり推進のための移住促進の一施策として、実施している事業を受けて、佐野らーめん店の創業・事業承継を支援する。

【本件に関する一般の方および報道関係の方のお問い合わせ】
佐野市役所 総合政策部 総合戦略推進室 移住・定住係
担当:小関・中治
TEL:0283-20-3012 FAX:0283-21-5120 MAIL ijuteiju@city.sano.lg.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ