星野リゾート
~1955年頃のアメリカの世界観に浸れる空間とテーマパーク旅をサポートする便利で快適なサービスを用意~




「旅を楽しくする」をテーマに、国内外70施設を運営する星野リゾートは、千葉県・新浦安エリアに、71施設目となる「星野リゾート 1955(いちきゅうごーごー) 東京ベイ」を、2024年6月20日(木)にいよいよ開業します。コンセプトは「OLDIES GOODIES」。館内のデザインは1955年頃のアメリカの世界観がモチーフです。夜間や早朝でも出来立ての食事を楽しめるレストランや、いつでも自由に過ごせるパブリックスペース、お子様が一緒でも安心の客室やアメニティなど、テーマパーク旅を便利で快適にするホテルサービスを追求します。

【星野リゾート 1955 東京ベイの特徴】
1.1955年頃のアメリカの世界観に浸れる空間
コンセプトは「古き良き」を意味する「OLDIES GOODIES」。館内のデザインは、世界初のディズニーランドが誕生した1955年頃のアメリカの世界観をモチーフにしています。ロビーや客室、パブリックスペースなどは、落ち着きのある色を大胆に組み合わせた色遣いが特徴です。1950年代前後にアメリカで使われていたビンテージ品のテーブルや椅子、本やおもちゃなどもあり、当時の世界観を感じられます。また、館内では当時のアメリカで聞かれていた音楽が流れ、朝はカントリー、夜はジャズやロックンロールなど、時間帯によって異なるジャンルのBGMを楽しめます。テーマパークの1つのエリアにいるかのように、テーマパークを出た後も余韻と非日常的な世界観に浸りながら滞在できます。

ロビー

2nd Room

2.いつでも自由に過ごせるパブリックスペース「2nd Room」
1955 東京ベイの中でも一押しの場所が、宿泊者の方はいつでも(*)自由に過ごせるパブリックスペース「2nd Room」です。1955年頃のアメリカで流行していたミッドセンチュリーデザインのテーブルや椅子が並ぶスペースや、靴を脱いで過ごせるリラックススペース、カーテンを引いて半個室として使えるスペースなどがあり、好みの場所でくつろげます。家族や友人と翌日の作戦会議をしたり、早朝に到着した際にひと休みして出発前の身支度を整えたり、使い方も自由自在です。
*2nd Roomは、プリチェックイン(AM5:00~手続き可能)後から、チェックアウト後PM3:00まで利用可能。

2nd Room全景

カーテン付きの半個室


グループでも使いやすいスペース

靴を脱いでくつろげるリラックススペース

3.夜間や早朝でも食事を楽しめるレストランと24時間利用できるショップ
夜間や早朝でも利用できるレストランと、24時間利用可能なショップがあり、テーマパーク旅ならではの夜遅い到着や朝早い出発でも食事が楽しめます。お腹のすき具合や、スケジュールに合わせて利用できて便利です。
・夜23時まで出来立ての食事が楽しめる「Cafeteria」
たくさん遊んでお腹がすいているときにおすすめの「Cafeteria」で提供するのは、お腹のすき具合に合わせて組み合わせられる一品料理とホットデリ・コールドデリです。一品料理は、「鮭の彩り茶漬け」や「鶏醤油ラーメン」など、ほっと一息付けてさらっと食べられる全4種を提供します。選べるホットデリ・コールドデリは、「フライドチキン ハニーマスタード」や「ローストビーフとキノコマリネ」など全8種で、お酒のおつまみとして楽しんだり、家族や友人と数種類を少しずつシェアして楽しんだりするのがおすすめです。

営業時間:18:00~23:00 料金:一品料理 1,000円~、デリ 500円~(すべて税込) 対象:宿泊者 予約:不要 備考:料金は種類により異なります。

Cafeteriaエントランス

Cafeteria料理イメージ

・朝早い出発でもビュッフェでパワーチャージ!朝6時から営業する「Restaurant」
「Restaurant」では和洋ビュッフェが楽しめます。中でも、パストラミビーフとキャベツソテー、チェダーチーズを挟んだサンドウィッチにバターをしみこませ、鉄板で焼き上げた、アメリカの定番料理「ルーベンサンド」がおすすめです。朝6時から営業しているので、東京ディズニーリゾート(R)に早く向かいたい人も朝ご飯を食べて、パワーチャージしてから出発できます。

営業時間:6:00~10:00(最終入店9:30) 
料金:7歳以上 2,500円、4~6歳 600円、3歳以下 無料(すべて税・サービス料込)
対象:宿泊者 予約:不要

Restaurant

ルーベンサンド

・24時間、軽食やお菓子、お酒や便利グッズも手に入る「Food & Drink Station」
パブリックスペースの「2nd Room」に併設している「Food & Drink Station」は、24時間好きな時に買い物ができます。手軽につまめるお菓子や、パン、カップスープなどの軽食も用意しているので、簡単に何か食べたいときに便利です。お部屋や「2nd Room」でくつろぐときや、夜まで仲間と語り合うときのお供に、ビールやワイン、おつまみも購入できます。また、レジャーシートをはじめテーマパーク旅をサポートするアイテムもあるので、翌日のお出かけ前に準備を整えられます。

営業時間:24時間 料金:商品により異なる 対象:宿泊者

Food & Drink Station

商品イメージ

4.全室靴を脱いで過ごせて、一緒に宿泊する方や好みに合わせて選べる客室
客室は全638室、23タイプ。全室、靴を脱いで過ごせるほか、洗い場付きバスルームを備えているので、お子様と一緒でも安心です。ゴロゴロ寝台付の客室やスーペリアファミリーには大きな鏡のドレッサーがあるので、朝の身支度もスムーズに行えます。
【ゴロゴロ寝台付 スーペリア】
2台のベッドの奥の窓際に「ゴロゴロ寝台」があり、その名の通りゴロゴロ過ごしたり、ソファーとして家族や友人と語らったり、ゆったりくつろげます。就寝時にはベッドとしても利用でき、最大4名まで宿泊できます。





【ゴロゴロ寝台付 デラックスコーナー】
最大6名で宿泊できる客室です。部屋の中央に2段ベッドがあり、下段のゴロゴロ寝台はソファースペースとしても使えます。2口洗面台を備えているので、朝の身支度もスムーズに行えます。





【スーペリアファミリー】
2段ベッドがあり、最大4名で宿泊できるファミリーにおすすめの客室です。通常のベッドがあるスペースと、2段ベッドを隔てる位置にソファスペースがあるので、お子様が寝た後に翌日の支度をしたり、ゆったりお酒を飲んだりすることもできます。





・お子様がいても安心のアメニティや貸出備品を用意
館内には、お子様用のアメニティや貸出備品を取り揃えたスペース「Kids&Baby Goods」があり、お部屋に向かう前に必要な物をピックアップできます。パジャマや歯ブラシはもちろん、ベビーソープやウェットティッシュ、おむつも用意しており、荷物を減らしたいときはもちろん、忘れてしまったときも安心です。

5.テーマパーク旅をサポートする様々なサービス
早く到着した際は、プリチェックインの手続きをしておくことで、遊んで帰ってきた後はルームキーを受け取るだけでスムーズにお部屋に向かえて便利です。館内には、チェックイン前もチェックアウト後も無料で使えるロッカーがあり、荷物を預けて身軽にお出かけできます。また、東京ディズニーリゾート(R)からの無料シャトルバスは、20時~21時台は最短5分間隔で運行します。





■施設概要
施設名 :星野リゾート 1955 東京ベイ
所在地 :〒279-0013 千葉県浦安市日の出7丁目2-3
電話  :050-3134-8097(星野リゾート 1955 東京ベイ予約センター)
客室数 :638室(地上18階建て)・チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
設備  :2nd Room(フリースペース、Food & Drink Station)、レストラン
(Cafeteria、Restaurant)、ロッカー(無料)、ランドリー、コンビニエンスストア
宿泊料金:1泊9,000円~(2名1室利用時1名あたり、税込、食事なし)
アクセス:JR京葉線「新浦安駅」からバスで約10分(無料シャトルバスあり、予約不要)
     東京ディズニーリゾート(R)から無料シャトルバスで約30分(予約不要)
開業日 :2024年6月20日
URL  :https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/1955tokyobay/
*記載の内容は提供予定のものです。変更になる場合があります。