株式会社日本計画研究所
ビジネスセミナーを企画開催するJPI(日本計画研究所)は、下記セミナーを開催します。

JPI(日本計画研究所)は、青山特許事務所 東京オフィス 顧問 弁理士 加藤 浩 氏を招聘し、改正薬機法を踏まえたパテントリンケージに関する現状課題とその解決に向けた対応策について詳説いただくセミナーを開催します。


〔詳細・お申込みはこちら〕
https://www.jpi.co.jp/seminar/16922?utm_source=prtimes


〔タイトル〕
薬機法の実務を考慮した医薬品特許戦略の新たな視点
改正薬機法を踏まえたパテントリンケージに関する
現状課題とその解決に向けた対応策

〔開催日時〕
2024年06月25日(火) 13:30 - 15:30
※セミナー開催終了後も、アーカイブ配信のお申し込みを受け付けております。

〔講師〕
青山特許事務所
東京オフィス 顧問 弁理士
知的財産大学院協議会 会長
加藤 浩 氏

〔概要概要〕
近年、医薬品分野においては、薬機法(医薬品医療機器等法)が特許実務に影響を与える事例が目立っており、薬機法の実務を考慮した医薬品特許戦略の構築が求められています。また、改正薬機法については、特許実務において配慮が必要な状況です。
他方、医薬品分野では、特許係争も目立つ傾向にあり、特許侵害や特許の有効性の争いなどの事例も少なくありません。このため、特許侵害を未然に防ぐためのパテントリンケージが注目されています。
本講演では、このような視点から、改正薬機法を踏まえたパテントリンケージに関する現状課題とその解決に向けた対応策について説明し、今後の課題と対応策について詳説します。

〔概要項目〕
1. 特許法と薬機法の現状と課題
  (1) 特許法と薬機法の最近の動向
  (2) 特許審査と医薬品の承認審査の比較
    (特許庁の審査業務、PMDAの審査業務、出願人の対応など)
  (3) 特許法と薬機法の実務の関連性
    (特許実務と医薬品の製造承認申請の関係、弁理士と薬剤師など)
2. パテントリンケージの現状と課題
  (1) 日本におけるパテントリンケージの現状と動向
  (2) 欧米におけるパテントリンケージの現状と動向
  (3) 中国におけるパテントリンケージの現状と動向
  (4) その他、注意すべき国と今後の課題
3. パテントリンケージの実務と対策
  (1) 先発医薬品企業としての対応
  (2) 医薬品企業としての対応
  (3) パテントリンケージを踏まえた特許係争への対策(先発の視点)
  (4) パテントリンケージを踏まえた特許係争への対策(後発の視点)
4. 特許権の効力と薬機法の実務
  (1) 臨床試験における試験研究の例外の法理とその実務
  (2) 医薬品の添付文書と特許侵害の関連性(最近の裁判例と学説)
  (3) 特許明細書と医薬品の承認申請書の関連性
    (実施可能要件と臨床データ、実施例と副作用情報など)
5. 薬機法の実務を考慮した医薬品特許戦略の新たな視点
  (1) 薬機法の実務を考慮した特許戦略の必要性
  (2) 特許法と薬機法の実務の一体化の必要性
  (3) パテントリンケージを考慮した最適な特許戦略の構築に向けて
6. 関連質疑応答
7. 名刺交換・交流会
■人脈形成・新規顧客開拓・新事業展開にお役立てください。
■ライブ配信受講の方も、会場の名刺交換終了後に講師と個別オンライン対話ができる時間を設けております。

〔受講方法〕
会場受講・ライブ配信・アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可)のいずれかからお選びいただけます。

〔参加費〕
1名:33,350円(税込)
2名以降:28,350円 (社内・関連会社で同時お申し込みの場合)
普段交流の無い講師及び参加者間での名刺交換・交流会で人脈を広げ、事業拡大にお役立ていただいております。

〔詳細・お申込みはこちら〕
https://www.jpi.co.jp/seminar/16922?utm_source=prtimes

◆セミナー終了後、講師へのご質問やお取り次ぎもさせていただいております。
◆講師やご参加者同士での人的ネットワークの構築や、新たなビジネスの創出に大変お役立ていただいております。
◆セミナー開催終了後も、アーカイブ配信のお申し込みを受け付けております。



【お問合せ】
株式会社日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9767
URL  https://www.jpi.co.jp



【JPI(日本計画研究所)について】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ