ステップゴルフ
2月まで入会費用87%割引、12月~2月は会費無料の特典も

全国に100店舗を超えるインドアゴルフスクールを運営するステップゴルフ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:榎本考修)は、東京都多摩市に2024年3月オープン予定『STEPGOLF EXtra 聖蹟桜ヶ丘(サクテラスモール)』の先行入会受付を2023年12月1日(金)より開始しました。


■ STEPGOLF EXtra 聖蹟桜ヶ丘ウェブサイト 
https://www.stepgolf.co.jp/store/seisekisakuragaoka_extra/

当社は今までにも大型商業施設内出店の実績があり、この度のサクテラスモール内でのオープンも含め、今後も積極的に商業施設内での展開も積極的に進めてまいります。
『STEPGOLF EXtra 聖蹟桜ヶ丘(サクテラスモール)』
オープンまでの3カ月限定、先行入会期間特典で入会金87%割引、月会費2月まで無料に


『STEPGOLF EXtra 聖蹟桜ヶ丘(サクテラスモール)』は、敷地面積約2,000平方メートル、3階建ての商業棟「サクテラスモール」内でオープンします。敷地内には大型分譲住宅もあり、新たに街が誕生するとも言える環境です。駅近など通いやすく、近隣には活気ある5つの商店街があるなど、街自体にも魅力があり、地元を盛り上げる様々な取り組みも行われています。
ステップゴルフは、近隣で暮らす皆様の「ゴルフのできる庭」となり、ゴルフを通じて街を盛り上げ、地域に愛される場所になることを目指しています。その思いから、この度の「入会金87%割引、月会費3カ月無料」先行入会期間特典の実施を決定しました。
施設内には最新のゴルフシシミュレーターを全打席に完備。初心者から上級者までお一人おひとりに合わせたカリキュラムをご用意し、“サブスク”、回数制限なく利用できます。2月のプレオープンからレッスン開始、3月にグランドオープンを予定しています。

【先行入会について】
・先行入会受付開始:2023年12月1日(金)
・先行入会申込方法:STEPGOLF EXtra 聖蹟桜ヶ丘にて申込受付
<先行入会期間特典>
1. 入会金5,500円(通常43,780円)
2. 2023年12月~2024年2月の3カ月間、月会費無料(通常の月会費はプランによって異なります)
※レッスンタイム以外の時間帯も利用可能となる「セルフタイムオプション」は2023年12月中の入会で全日オプションが永久無料

『STEPGOLF EXtra 聖蹟桜ヶ丘』について


営業時間:平日14:00~22:00/土祝 9:00~19:00(コーチ定休日:火・水)

住所:東京都多摩市関戸1-20-2 サクテラスモール2F
電話:042-313-7688

【通常レッスンコース月会費】
・平日デイプラン 9,980円(税込10,978円) 
平日13:00~16:00
・平日プラン   12,980円(税込14,278円 
平日13:00~21:00
・全日プラン   13,980円(税込15,378円)
平日13:00~21:00/土祝10:00~20:00

【セルフタイムオプション】
・全日オプション      1,980円(税込2,178円)
・エクストラ共通オプション 3,980円(税込4,378円)
※セルフタイムオプション加入で上記レッスンタイム以外の時間帯も利用可能になります。



■ゴルフというスポーツを通じて、より良い社会を実現する
ステップゴルフ株式会社は『いつもの街に、ゴルフを楽しむ庭を持とう。』をコンセプトに、インドアゴルフ施設「ステップゴルフ」「ステップゴルフプラス」「STEPGOLF EXtra」「STEPGOLF PREMIUM」を運営しています。2012年に東京都昭島市で第一号店を開業し、2023年3月31日「STEPGOLF PREMIUM LOUNGE SHIBUYA SAKURAGAOKA」を国内100店舗目記念オープンとして発表しました。
累計会員数(約68,000名 2023年11月末時点)とインドアゴルフスクールでは店舗数、会員数ともに日本一の規模を誇っています。今後は首都圏だけでなく全国展開も視野に入れ新規出店を予定しており、「どの街にもインドアゴルフならステップゴルフ」と身近に感じていただける施設を目指しています。


【会社概要】
会社名:ステップゴルフ株式会社
代表者:代表取締役 榎本 考修(えのもと たかのぶ)
本社所在地:東京都千代田区神田小川町3丁目6-4 日本分譲住宅会館1F・2F
設立:2012年11月9日
企業サイト:https://stepgolf-inc.jp/
サービスサイト:https://www.stepgolf.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ