星野リゾート
~江戸文化を代表する茶の湯の茶事を現代流に表現~

各施設が独創的なテーマで圧倒的非日常を提供する「星のや」。東京・大手町の日本旅館「星のや東京」は、2024年1月7日~4月30日の期間、「Nipponキュイジーヌ 苺薫るアフタヌーンティー」を提供します。幕府を支えた名門・酒井家の上屋敷跡に建つ星のや東京。武士の嗜みであった茶の湯の茶事(*1)に倣って味わえるのは、点心にあたる押し寿司や、主菓子と干菓子にあたるミニャルディーズです。10種類のすべてのミニャルディーズに旬の苺を用いています。専属のスタッフが提供するスパークリング日本酒やオリジナルコーヒーなどのペアリングの妙と合わせて堪能でき、和の心を体感できるアフタヌーンティーで優雅なひとときを過ごせます。 *1 茶の湯において、日本酒と点心(または懐石)、濃茶と主菓子、薄茶と干菓子の順でもてなす正式な茶会。




背景
星のや東京では、この土地の歴史や文化を織り交ぜたおもてなしで、優雅なひとときを過ごして欲しいという思いから、3年前よりアフタヌーンティーの提供を開始しました。茶事に倣うだけでなく、「日本の食材とフレンチの技法の融合」という、星のや東京独自の料理様式「Nipponキュイジーヌ」の流れを汲むことや、従来のイギリス式のものとは一味異なることなどに対して多くの反響を受け、今年も開催に至りました。

「Nipponキュイジーヌ 苺薫るアフタヌーンティー」の特徴

1 苺をふんだんに使用した10種類のミニャルディーズ

「Nipponキュイジーヌ 苺薫るアフタヌーンティー」は、江戸文化を代表する茶の湯を現代に表現し、茶事の流れに沿って点心・主菓子・干菓子を楽しめるアフタヌーンティーです。主菓子と干菓子にあたる10種類のミニャルディーズすべてに、旬の苺を用いています。シューの中に苺のクリームを入れて重ねた、フランスの伝統的なお菓子「苺のルリジューズ」や、甘酒を練りこんだ生地に苺のコンフィチュールを入れて焼きあげた「苺のフィナンシェ」など、甘みと酸味を生かしたお菓子は、それぞれ異なる苺の食感や味わいを楽しめます。


点心 :締め鯵の押し寿司、鯛の煎り酒漬けと梅肉の押し寿司
    車海老と醤油粕の押し寿司、漬けまぐろと新茶の押し寿司
主菓子:苺のマカロン、苺のショートケーキ、苺のルリジューズ
    苺のチョコレートムース、苺と木苺のババロア
干菓子:苺のタルト、苺のチーズケーキ、苺と抹茶のケーキ
    苺と和紅茶のムース、苺のフィナンシェ 

2 専属のスタッフが提供するペアリングの妙 

点心、主菓子、干菓子とそれぞれに合わせたペアリングを提供します。点心にあたる押し寿司には、苺のシロップとスパークリング日本酒のカクテルを合わせます。主菓子に合わせるのは、茶事のメイン・濃茶と同じように分け合って楽しめるフレンチプレスで淹れたオリジナルコーヒーです。スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」(代表大塚朝之(ともゆき)氏)の協力の元、このアフタヌーンティーのために、豆や焙煎度合いを選定しています。そして最後の干菓子は、香ばしい薪火(まきび)晩茶と一緒に味わいます。
                                 
3 玉虫色に輝くオリジナルの重箱

濃茶の菓子器には、古くから縁高(ふちだか)のお重が使われてきました。本アフタヌーンティーでは、玉虫細工を施したオリジナルの重箱で提供します。漆塗りのお重には、1mm四方にカットされた玉虫の羽が散りばめられ、目を奪われるほどの輝きを放ちます。玉虫細工は、古代の日本建築を知る上で重要な遺品である法隆寺の玉虫厨子((たまむしのずし)にも使われ、推古天皇の御物(ぎょぶつ)と言われてきました。(*2)約1300年もの時を越えて人々を魅了する玉虫の羽をあしらったこだわりの重箱を前に、優雅なひとときを過ごせます。
*2 上原和(1985-12)「近代における玉虫厨子研究の濫觴(らんしょう)」

 
                               
「Nipponキュイジーヌ 苺薫るアフタヌーンティー」概要
■期間     :2024年1月7日~4月30日
■開始時間   :13:00
■定員     :1日1組(2名) 
■料金     :1名 12,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
■場所     :星のや東京 2階畳の間
■含まれるもの :「Nipponキュイジーヌ 苺薫るアフタヌーンティー」
(点心、ミニャルディーズ10種、落雁、スパークリング日本酒、
オリジナルブレンドコーヒー、薪火晩茶)
■予約     :公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/hoshinoyatokyo/)にて
         3日前までに要予約
■対象者    :星のや東京宿泊者
■備考     :状況によりメニューの内容、食材が一部変更になる場合があります。

■星のや
「その瞬間の特等席へ。」をコンセプトに、各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。国内外に展開する各施設では、その土地の風土、歴史、文化をおもてなしに繊細に織り込み、出合った季節にしか味わえない最高の瞬間を体験していただくことで、訪れた人を日々の時間の流れから解き放つ。
URL:https://hoshinoresorts.com/ja/brands/hoshinoya/

■星のや東京
現代にあわせて進化した「塔の日本旅館」。地下2階、地上17階の塔の空間は、畳敷きの玄関、伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、最上階の温泉で構成されています。日本の歳時記に合わせた室礼、日本文化を身近に感じられる体験や日本旅館らしいおもてなしを提供します。2023年9月には、第1回「The World’s 50 Best Hotels 2023」で世界のホテルTOP50に選出されました。その他、世界的な旅行専門誌「コンデナスト・トラベラー」や「トラベル・アンド・レジャー」のホテルアワードにおいて多数の賞を受賞しています。


所在地 : 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1
電話  : 050-3134-8091 (星のや総合予約)
客室数 : 84室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金  : 1泊 112,000円~(1室あたり、税・サービス料込、食事別)
アクセス:東京駅丸の内北口出口 徒歩10分、
    :東京メトロ大手町駅A1、C2c出口 徒歩2分
URL : https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/hoshinoyatokyo/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ