フリースクールまいまい "いるか家"
聞こえない人のオリンピックをデフリンピックという。2025年に東京でデフリンピックが開催される。この機会に手話に親しめば聴覚障害者と健聴者との垣根を取り払えるはず。

NPO法人フリースクールまいまい(所在地:渋谷区、代表:鴻池友江、以下フリースクールまいまい)は2023年11月23日(木祝)の夕方、参宮橋にある交流スペースで手話遊びのイベントを開催しました。この企画は、12月9日(土)に開催される「デフリンピック選手との交流会」というイベントの周知イベントとして実施されました。 12月9日(土)13時30分から開催される「デフリンピック選手との交流」イベント 特設ページのURLは以下に記載。  https://irukayainfo1.wixsite.com/home/general-4-1



夕暮れ時の4時から6時。そろそろ帰路につくファミリーも多い中、帰る前に少し寄ってみようか?と足を止めてくれた親子や、よくこのスペースに遊びに来る男子グループが興味を示してくれました。慣れた場所で、気の知れた友達同士や親子さん。それぞれがリラックスして賑やかにこの企画に参加してくれました。ジェスチャーゲームでウォーミングアップの次はジェスチャー伝言ゲーム。初級編では前から後ろの席の人へ伝わればOK。上級編では列の人数分全部に伝わるか?!とチャレンジし、前列後列どちらのチームも無事にお題の言葉が最後まで伝わりました。他にもゲームを楽しみ、最後には「自分の名前を指文字で伝えてみよう」にチャレンジしました。
たくさんの友達の名前も一緒に指を動かしてみて、色々な指の形に触れることが出来ました。参加してくれた皆さんは声を出さずに伝えることの難しさを感じた一方で、伝える手段は色々あるのだという事が分かりました。翌日学校で、指文字を披露しているだろう子ども達の笑顔が目に浮かびました。
デフリンピック選手との交流会の番宣企画として行われたこのイベントでしたが、本番は2週間後です。選手のお話を聞きに行こう、と思うきっかけが出来たら良いなというこの企画の目的は果たせたでしょうか?
でも選手のお話を直接聞けなくても、ここに参加してくれた皆さんが街で手話の会話を見かけた時に「あ、手話だ!」と気付いてくれたなら、企画は大成功だったのだと思います。

<企画の目的>
聞こえない人たちのオリンピック、【デフリンピック】は2025年に東京で開催されます。選手たちはその大会に向け日々練習に励んでいます。この時期に、なぜフリースクールまいまいが選手との交流を企画したのでしょうか。
この世界には、私たちの知らないことがたくさんあります。知っている事よりも知らないことの方が多いのです。でも知っていることを武器にして、私たちの多くは人間同士に優劣を付けたり、成績に一喜一憂したり、会話の中で聞いたことの無い言葉が出てきてもすぐに「それはどういう意味?」と聞けなかったりしています。
知らないことを知らないと言えない。それは、何から来るのでしょうか?
また、例えば白状を持った人が電車に乗ってきたらどうするのが良いのか。過呼吸を起こしている人を見かけたらどうしたら良いのか。このような、「知っていれば対応出来るかもしれない出来事」に遭遇した時、それについて見た事も聞いた事もなく、対応の仕方が分からないと、ただただどうしたらいいのか分からず身構えるという事態が起きやすいですね。この「一瞬の動揺」は相手からすると「避けられた」あるいは「嫌がられた」と感じるかもしれません。もちろん動揺した側の人はそんなつもりは無いはずですが。
この対応を否定的に感じた人は相手に敵意を向けるかもしれません。こういうことから意図しない差別が生まれる。という事があらゆる場面で起こっているのではないでしょうか?

誰にとっても世の中は知らないことだらけなのだから、色々心配せずに聞けばよい。しかも少しでも知っていると、初めて遭遇した場面で慌てずに対応が出来るようになる、ということを多くの人に実感してもらいたいという思いがあります。
知らない世界のことをちょっと知ったら、その瞬間からその世界は身近なことになる。これが繰り返されれば差別や争いが減っていく。そんな願いを込めて、まいまいは色々な世界のことをみんなで「知る」機会を作っています。デフリンピックが近づき、東京が手話フレンドリーになっているこの時期だからこそ、注目の選手をお呼びしてみんなで「聞こえない世界」のことを知ろう。そんな意図をもって企画しました。
参加は当日まで受け付けています。この機会に知らないという壁を一つ取り払ってみませんか。
<団体の情報>
NPO法人フリースクールまいまい
設立(登記):2002年9月5日
ホームページ:https://irukayainfo1.wixsite.com/home
問合せ:irukayainfo1@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ