株式会社qutori
身体表現、映像、写真、立体などの10点以上の多様な作品が混在する実験的な空間で生まれるアーティストと鑑賞者のオープンな関係性を目指す展示会の作品とプログラムを公開しました。

ブランドやクリエイターの成長を支援する株式会社qutori(CEO:加藤 翼、本社:東京都渋谷区、以下:qutori)は、ドイツ・ベルリンを拠点に活動するパフォーミング・アーティスト / 振付家の菅原圭輔と共に企画するアートイベント『ЯeSpiration』が、2023年12月16(土)・12月17(日)に表参道・AQspaceにて開催します。10点を超える多様なジャンルの作品が集結し、アーティストと鑑賞者の新たな関係性を築く実験的な空間を創出。



実験と共創により生まれるアート空間

本展は都心での開催を通じて、”生のアート鑑賞体験” の創出を目指します。近年、様式の多様化と間口の広がりが進む反面、五感を超えて感じ得る生のアート体験の割合は相対的に減少しているように思います。だからこそ、当日の会場はさまざまな表現がせめぎ合い、身体感覚を持って没入できる状況を、実験的なプログラムを編成しています。

比較的敷居が高いと考えられるアート表現への接続について融和的なアプローチを取るべく、< ボーダーレス > を中核に据え、映像、写真、立体といった多様な媒体が混在する実験的な空間で、アーティストと鑑賞者に生まれるオープンな関係性を構築します。

また本企画のテーマである< ЯeSpiration > は、近年様々なカタストロフにより芸術作品にも明確な動機を求められたり、社会性が必要とされる局面から生まれました。アーティストがどのような選択をして社会の中でサバイブしていくのか、といった問いから Re[再び] と Spriration[呼吸] を組み合わせたメインコンセプト < ЯeSpiration > が構想されています。参加アーティストはそれらの問いに対して異なる視点から解釈を行い、幅広い表現で鑑賞者にプレゼンテーションを行います。

https://artsticker.page.link/Respiration


■開催概要

イベント名:『ЯeSpiration』
◯日程:2023年12月16日(土)・12月17日(日)
◯会場:AQspace 表参道
○住所:〒107-0061 東京都港区北青山3丁目6-19 バイナリー・北青山 2F

◯イベント時間
・12月16日(土)
Exhibition 13:00 - 17:30(最終入場17:00)
Performance 20:00 - 22:30(開場19:45)

12月17日(日)
Exhibition 12:00 - 16:30(最終入場16:00)
Performance 18:00 - 20:30(開場17:45)

○チケット(学生料金)
・Exhibition : 通常1,500円(1,300円)/ 前売り:1,400円(1,200円)
・Performance : 2,500円(2,300円)
・1日通し券: 3,500円

https://artsticker.page.link/Respiration

■展示作品

【Exhibition】

ninanomura『Life Through Holes』


プラスティックの原料である石油は太古のプランクトンの死骸が、長い年月をかけて大地の熱や圧力を受け生まれたものです。物体の表面に微細な穴をあけ光の細胞を宿すことで、素材が持つ起源を露わにし心象風景として再生させます。光の細胞の輝きにより、現代の私たちの暮らしに潜む脈々たる自然との繋がりが照らされます。


Keisuke Sugawara 『Connotation』


『Connotation』は、ブラウン管テレビに映し出された多国籍アーティストへのインタビューを通して、我々の見解や思考に文化的・社会的規範がどの程度影響するのか、および怒りの多様性を表現する作品です。画面上に歪みを作り出し、感情と言われるものがどの様に我々の在り方に作用しているかを視覚化します。


nomomi 『ventilate』

溜め息にはココロとカラダをリラックスさせ、再びやる気を起こさせる効果があるという。そのことから私は「溜め息=人間の換気」だと考えた。本来、溜め息は形がなく一瞬で消えてしまう。
"目には見えないけれどリアルなもの"
そんなリアルの曖昧さ、儚さを表現している



井口雄介『Inclining Scape』


水平だと思っていた道もちょっとしたきっかけ(自転車が進みにくいなど)で傾きに気づくこともあるだろう。山登りなどで上る時、正面を向くと傾斜した地面がみえるが、頂上に立ち正面を見ると視界は空だけとなる。傾斜面に立った時、あなたの視線はどこを向いているのだろうか。


cagome『灯台を聴く』


例えば、誰かとの待ち合わせ場所に向かう途中で起きる。先程まで穏やかだった波が、力強く黒い波に変わっていった。手足の感覚が失われ、自分がどこにいるのかわからない。落ち着かせようと必死になるが、状況はさらに悪化していく。
気がつけば、自力で岸に戻れないところまで流されていた。波にさらわれながらも、激しい鼓動が聴こえてくる。悲鳴にも聴こえる音は、まるで灯台のように自分の現在地を示すものでもあった。




Max Masahiro Levy『Sleepdancing I: Ar e Luar』


『Sleepdancing』は、誘導睡眠への斬新なアプローチを提案する新しいフォーマットのデジタルダンス作品。アート・デュオCosa Mentaleとの協働による本作は、ダンスとデジタルアニメーションを融合して誘導催眠を促し、振り付けられた身体とコードの相互作用によって見る者を安らぎへと誘う。


【Performance】

DANCE PJ REVO『 靄/MOYA』


「何だろう?」人との対話から生まれる違和感。頭では理解しているけど言葉に表せない。そのモヤモヤした実態を自らの身体で輪郭を捉えて、目の前で、”何か”として動いて、心のなかで”ナニカ”を起こさせる。ダンスとは決して非言語のコミニュケーションを助ける役割だけではない。形容し難い気持ちに、言葉を授ける可能性も持っている。このパフォーマンスを観ても、顔を洗っても、ずっと霧がかかって心がスッキリないときは、サウナに入って星でも眺めて寝ましょう。


The Wisely Brothers『 The experiment in front of the window』

2010年からバンド活動を続ける中で、2023年から”曲”という形に囚われないライブ演奏に興味を持ちExperimental、Improvissationのジャンルでの表現を探求しています。心の動き、関係のうつりかわりを音楽に変えて演奏しています。本公演では、景色が変わっていく窓辺の前で即興演奏をします。

(次の画像とキャプションは過去作品となります。)

Shimokitazawa SPREAD(2023)


Keisuke Sugawara 『Wellenn』

『Wellenn』は4名の異なる身体表現を用いて、日常に伏在する怒りの感情についての理解を深めながら、怒りの多面的性を提唱するパフォーマンス作品です。我々が普段共通認識としてカテゴライズしている感情の姿は、実は観察者によって大きく姿が異なるのではないか?果たして、それはどの様な形で我々と共存しているのか?これらの問いへの答えを探る本作は、菅原圭輔が現在欧州で行っている研究プロジェクト「Unsichtbare Prasenz」の一部として、公募で選ばれたパフォーマーと共に創作されました。

(次の画像とキャプションは過去作品となります。)

Keisuke Sugawara
作品名: (un)gehort
年度:2023



Ikumi Otsuka『イナウティン』

INOUT-IN制作したグループ作品『春に2 』、『ピーターと狼』の一部抜粋。

(次の画像とキャプションは過去作品となります。)

Ikumi Otsuka
2017年 『It isn’t a story about war.』


■運営会社 株式会社qutori

代表者:加藤翼
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-14-4
設立:2018年7月
URL:https://qutori.jp/
事業内容:コミュニティとポップアップ関連したコンサルティング及びクリエイティブ事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ