ロングランプランニング株式会社
エディット・ピアフ プロジェクト 実行委員会主催、『あなたはエディット・ピアフを知っていますか?/ジャン・コクトーからの手紙』が下記の通り開催されます。 【京都公演】2023年12月16日@ロームシアター京都 サウスホール(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13) 【東京公演】2023年12月27日 (水) ~2023年12月28日 (木)@紀伊國屋ホール(東京都新宿区新宿3-17-7紀伊國屋書店新宿本店4F) チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。


カンフェティにてチケット発売中
【京都公演】 http://confetti-web.com/seigasai2023
【東京公演】 http://confetti-web.com/seigasai2023kino

公式ホームページ
http://www.seigasai.jp
X(旧Twitter)
https://twitter.com/seiji_chanson
Facebook
https://www.facebook.com/seijisemenov/
instagram
https://www.instagram.com/seijisemenov/




聖児セミョーノフ主演。2022年9月、相手役に元宝塚男役トップスターの安奈淳らを迎えシアタートップスで上演し、好評を博した音楽劇『あなたはエディット・ピアフを知っていますか?』。ピアフとジャン・コクトーがともに没後60年を迎えた今年、新作『ジャン・コクトーからの手紙』を加え、東京・京都二大都市にて上演いたします。

キャストにはシャンソン歌手・音楽家・俳優として、シャンソンの本場フランス・パリでの劇場公演の成功や、パリ市主催のイベントにてパフォーマンスをするなど、日本国内のみならずフランスでもその活動の場を広げ活躍をみせる聖児セミョーノフ。



共演はメインキャストとして日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ数々の映画賞を受賞し映画界にその軌跡が燦然と輝き続ける秋吉久美子。
そのほか、加藤理恵、末原拓馬(おぼんろ)、石井則仁(山海塾)も名前を連ねます。
演出は日本人として海外の国立劇場の演劇部門において初めて芸術監督(国立ベトナム青年劇場 2020-2022)を務め、第21回テアトロ演劇賞を受賞するなど国内外で意欲的な創作に取り組む杉山剛志。
音楽監督にはマルチ・メディア・パフォーマンス・グループ「ダムタイプ」のメンバーとして活躍し、演劇ではアジアを代表する演出家オン・ケンセン率いるカンパニー「シアターワークス」の音楽監督も務める山中透。
振付は山海塾のメンバーとして世界各国でのツアーに参加し、気鋭の舞踏家・振付家として注目される石井則仁。
衣裳などを担当するビジュアルディレクターは日本人として初めて「サンローラン」のデザイナーに抜擢された相場慎吾が務めます。
キャスト・スタッフに国際的なメンバーが集結し、三部からなるエディット・ピアフとジャン・コクトーという偉大なアーティストたちへのオマージュ舞台『ピアフとコクトーへのオマージュ』、ご期待下さい。

公演概要


『あなたはエディット・ピアフを知っていますか?/ジャン・コクトーからの手紙』

京都公演
■公演日時:
2023年12月16日 (土)17:00開演 
※開場は、開演の30分前です。
■会場:ロームシアター京都 サウスホール(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13)
■チケット料金(税込):
【指定席】SS席 15,000円、S席 8,000円
【指定席引換券】A席:6,000円、サンキュー席(39歳以下):3,900円
<カンフェティ会員限限定割引席>
S席1,000円割引! → S席 7,000円!

東京公演
■公演日時:
2023年12月27日 (水)14:00/19:00
2023年12月28日 (木)14:00
※開場は、開演の30分前です。
■会場:紀伊國屋ホール(東京都新宿区新宿3-17-7紀伊國屋書店新宿本店4F)
■チケット料金(税込):
【指定席】SS席 15,000円、S席 8,000円
【指定席引換券】サンキュー席(39歳以下)3,900円
<カンフェティ会員限限定割引席>
S席1,000円割引! → S席 7,000円!

■出演者
聖児セミョーノフ/秋吉久美子
加藤理恵、末原拓馬(劇団おぼんろ)、石井則仁(山海塾)
ピアノ:滝野郁瑛
バイオリン・ボーカル:レジョン・ルイ
ドラムス:林頼我
マニピュレーター:山中透(ダムタイプ)

■スタッフ
脚本:聖児セミョーノフ
演出:杉山剛志(壁なき演劇センター)
音楽監督:山中透(ダムタイプ)
振付:石井則仁(山海塾)
ビジュアルディレクター:相場慎吾
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ