渋谷スクランブルスクエア株式会社
「Ding-dong, ding-dong ~Bells ringing at the bottom of the valley~」

「渋谷スクランブルスクエア」の14階・45階・46階・屋上に位置する展望施設「SHIBUYA SKY」(以下、本施設)は、「SKY GALLERY EXHIBITION SERIES」と題して、本格的な企画展を定期的に開催しております。 「SKY GALLERY EXHIBITION SERIES」は、本施設のご来場者に、渋谷最高峰の景色を眺めるだけにとどまらず、まだ見ぬ世界への興味を抱かせ、想像力を育てる体験を提供することを目的に開催。「視点を拡げる」を共通テーマに、アーティストが本施設を体験したインスピレーションから制作された作品を展開しております。7回目となる今回は、中崎透による企画展「Ding-dong, ding-dong ~Bells ringing at the bottom of the valley~」(以下、本展)を開催することが決定しました。開催期間は、2024年1月23日(火)から3月31日(日)までとなります。



Ding-dong, ding-dong ~Bells ringing at the bottom of the valley~


ベルボトムと呼ばれるズボンの型をご存知だろうか?
妙な縁から、渋谷で90年代からベルボトムの専門店をやっている店主と出会った。
かつてのベトナム戦争の時代に、兵士が戦争への抵抗として、ブーツからズボンの裾を出したスタイルが、
「鐘/ベル」の形をしていたことが発祥だという説があるらしい。
それはアメリカにおいて「自由の鐘/Liberty bell」を連想させ、
自由や平和、愛の象徴としてのファッションとして広まったと言われている。

ベルボトム専門店の店主、渋谷の都市開発に従事した男性、
現在、渋谷の街を闊歩しつつテクノ音楽をこよなく愛する女性、
といった三人の言葉をモチーフに一つの物語を紡いだ。
東京を、渋谷を一望するようなこの場所から、足元から力強く鳴り続ける「谷底の鐘の音」に耳を澄ましてみる。

展示概要


茨城県水戸市を拠点とする美術家の中崎透は、“言葉”と“イメージ”の「ズレ」をテーマにしたユニークな看板作品をはじめ、多くの人を巻き込みながらプロセス自体を作品化したプロジェクト型の作品など、活動が多岐にわたることで知られています。中崎はここ数年ほど、その土地/地域や建物に所縁ある人々を取材したインタビューを基点にし、紡いだ言葉とともに空間を構成したツアー型のインスタレーション作品のシリーズを全国各地で展開しています。
今回の展示において中崎は、渋谷という街に深く関わりながら独自の人生を歩む、年齢や性別、職業の全く異なる三人のインタビューを実施。決して交わり合う事の無かった三つの人生が、中崎の新作を中心とした作品群と共に紡がれていきます。鑑賞者はこの舞台に散りばめられた断片を通して、ここSHIBUYA SKYの上空から見下ろす街のイメージとのズレ、自らの今や人生との差異に触れながら、社会といち個人の間にある影響の密接さを感じることでしょう。再開発が続くこの街の輪郭は常に変化していきますが、その輪郭もまた揺さぶられる体験になるかもしれません。

■企画名称:SKY GALLERY EXHIBITION SERIES vol.7「Ding-dong, ding-dong ~Bells ringing at the bottom of the valley~」
■開催期間:2024年1月23日(火)~3月31日(日)
■開催場所:SHIBUYA SKY 46階「SKY GALLERY」
■特設サイト:https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/exhibition_nakazaki_tohru/
※特設サイト等の告知物にて使用している渋谷のアーカイブ写真については東急(株)より提供
■参加方法:
イベント当日のSHIBUYA SKY入場チケット、もしくは年間パスポートをお持ちの方は、どなたでもご鑑賞いただけます。入場チケットのご購入について、詳しくは下記サイトをご覧ください。
https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/ticket/
※SHIBUYA SKYチケットは数に限りがございます。希望日時のチケットが完売の場合は購入いただけません
※4週間先の日付までの入場チケットをご購入いただけます。本展につきましては、12月26日(火)より順次販売開始いたします。
※入場後の滞在時間に制限を設けていませんが、退場後の再入場はできません

中崎透について


■プロフィール

中崎透/NAKAZAKI Tohru
1976年茨城生まれ。美術家。武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程満期単位取得退学。現在、茨城県水戸市を拠点に活動。言葉やイメージといった共通認識の中に生じるズレをテーマに自然体でゆるやかな手法を使って、看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している。展覧会多数。2006年末より「Nadegata Instant Party」を結成し、ユニットとしても活動。2007年末より「遊戯室(中崎透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる(-2021)。2011年よりプロジェクトFUKUSHIMA!に参加、主に美術部門のディレクションを担当。2022年、越後妻有大地の芸術祭参加、水戸芸術館にて個展「中崎透 フィクション・トラベラー」開催。2023年、芸術選奨新人賞受賞。
中崎透 公式サイト:http://nakazakitohru.com/

                    ▲中崎透の過去の作品
アーティストトーク 中崎透×長嶋りかこ 開催


本展の開催を記念し、美術家中崎透氏とグラフィックデザイナーの長嶋りかこ氏によるスペシャルトークショーを開催いたします。長嶋りかこ氏は本展において、グラフィックデザインを担当。SHIBUYA SKY ブランディングディレクターの有國恵介氏をモデレーターに迎え、本展の制作背景・裏話を存分にお届けいたします。トークショー終了後は本展を3者とともに鑑賞いただけるギャラリートークも開催する他、渋谷スカイの閉館時間までご自由にお楽しみいただけます。
場所:SHIBUYA SKY 46階「SKY GALLERY」
日時:2024年1月27日(土)20時~
※トークショーは約1時間の予定です。その後46階「SKY GALLERY」に移動し、本展をご鑑賞いただけます。
チケット料金:2,800円
※12月26日(火)10:00より販売予定
※販売開始時間以降に、渋谷スカイ公式サイトのイベントページ(https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/event/
よりチケット購入のリンクをご案内します。そちらよりご購入ください。
※チケット枚数には限りがあり、事前申し込みによる先着順です。


長嶋りかこ
■プロフィール
ビジュアルアイデンティティ(VI)デザイン、サイン計画、ブックデザインなど、視覚言語を基軸としながら活動。対象のコンセプトや思想の仲介となって視覚情報へと翻訳し色と形にする。これまでの仕事に札幌国際芸術祭“都市と自然“/アニッシュカプーアの崩壊概論展/ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館「エレメントの軌跡」などのVI&サイン計画、ポーラ美術館の新VI計画など。



有國恵介

■プロフィール
プロジェクトディレクター。演出と空間を掛け合わせた長期的な場づくりをテーマに商業施設や都市空間の体験設計を手掛ける。主な仕事は東京駅100周年記念TOKYO COLORS総合演出、経済産業省『FIND/47』企画制作。常設インスタレーションSHIBUYA CASTの『AXYZ』の企画制作、心斎橋大丸『D-WALL』企画制作、展望施設『SHIBUYA SKY』の体験設計から開業後のブランディングディレクターとして従事。2023年12月竣工のSHIBUYA SAKURA STAGEのデジタル環境演出など。

SKY GALLERY EXHIBITION SERIESについて


渋谷は文化を生み出す街であり、本施設はそんな街との循環によって、渋谷とともに成長してゆく「知的好奇心を育てる施設」を目指しています。そのためにも、本施設のキーメッセージである『展望せよ。渋谷、世界、自分、未来。』を軸に、渋谷で文化を生み出しているパートナーやアーティストとのコラボレーションを通じ、新たな気づきを誘発するカルチャーコンテンツを企画・実施しています。
なかでも46階屋内展望回廊「SKY GALLERY」にて定期的に開催する「SKY GALLERY EXHIBITION SERIES」は、「視点を拡げる」を共通テーマに、アーティストが本施設を体験したインスピレーションから制作されたオリジナル作品を主軸に展開する本格的なエキシビションです。
今後も本施設は、「SKY GALLERY EXHIBITION SERIES」を通じて、渋谷最高峰の景色を眺めるだけにとどまらず、まだ見ぬ世界への興味を抱かせ、想像力を育てる体験を生み出します。



「SHIBUYA SKY」について


■SHIBUYA SKY
本施設は、14階~45階の移行空間「SKY GATE」、日本最大級の屋上展望空間「SKY STAGE」、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」の3つのゾーンで構成されております。渋谷最高峰の地上229mから広がる360度の景色を眺めるにとどまらず、一連の体験を通じて知的好奇心を刺激し、想像力を育む展望装置です。
名称 : SHIBUYA SKY
フロア : 14階(チケットカウンター)、45階・46階(屋内展望施設)、屋上(屋上展望空間)
高さ : 地上229m
営業面積 : 屋上展望空間 約2,500平方メートル 、屋内展望施設 約3,000平方メートル
営業時間 : 10:00~22:30(最終入場21:20) ※最新の営業時間は公式WEBサイトをご確認ください
休館日 : 元日(※臨時休館日あり)
公式WEBサイト : https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/

<施設およびチケットに関するお問合せ先>
SHIBUYA SKYお問合せ窓口 TEL:03-4221-0229 (受付時間10:00~20:00)
<渋谷スクランブルスクエア 概要>
名称:渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
事業主体:東急(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)
所在:東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場など
延床面積 :第I期(東棟)約181,000平方メートル 、第II期(中央棟・西棟)約96,000平方メートル
階数:第I期(東棟)地上47階 地下7階、
第II期(中央棟)地上10階 地下2階、(西棟)地上13階 地下5階
高さ:第I期(東棟)229.7m、第II期(中央棟)約61m、(西棟)約76m
設計者:渋谷駅周辺整備計画共同企業体
※(株)日建設計、(株)東急設計コンサルタント、(株)JR東日本建築設計、メトロ開発(株)
デザインアーキテクト:(株)日建設計、(株)隈研吾建築都市設計事務所、(有)SANAA事務所
運営会社:渋谷スクランブルスクエア(株)
※東急(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)の3社共同出資
開業:第I期(東棟)2019年11月1日
第II期(中央棟・西棟)2027年度
URL:https://www.shibuya-scramble-square.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ