株式会社 マザー牧場
11月1日に誕生したアルパカの赤ちゃんを「マザーファームツアーDX」で12月1日より一般公開を開始いたします!




マザー牧場(千葉県富津市)で、2023年11月1日(水)にアルパカの赤ちゃんが誕生いたしました。

マザー牧場生まれのアルパカとしては8頭目となる、元気な男の子のアルパカです。
お母さんアルパカは今回が初めての出産の“プリティ”、お父さんアルパカは2018年にマザー牧場で生まれた“朝日(あさひ)”で、両親と同じ茶色の体毛にお母さん譲りの靴下をはいているような足の白い模様と、お顔の白い模様、お父さん譲りのキュッと上がった笑顔の口角がチャームポイントです。
名前を、お父さんの“朝日(あさひ)”ように愛されるアルパカになってほしいという想いを込めて「夕日(ゆうひ)」と名付けました。


アルパカ担当スタッフの飯田によると「お母さんの真似ばかりしている、好奇心旺盛な性格」との事。
お母さんは初産ということもありミルクの量が少なかった為、スタッフも人工哺乳でサポートしながら今日まで順調に成長しており、誕生時5.72kgだった体重も11月30日の朝の測定では12.68kgまでに増えました。


順調に体重が増え少しずつ環境にも慣れてきた11月中旬には放牧の練習を開始しており、今ではお母さん顔負けの速さで元気に走りまわるようになってきました。放牧にも慣れ体調も安定してきたので、誕生からちょうど1か月の12月1日より「マザーファームツアーDX」にて、一般公開を開始することといたしました。(※公開は動物の体調や天候などによりお休みをする場合があります)


現時点での赤ちゃんアルパカの公開は、現在暮らしている「マザーファームツアーDX」で、ツアー参加者様へ見学のみの公開となりますが、まだ小さくて愛らしい赤ちゃんアルパカとお母さんアルパカが仲良く過ごす様子をご覧いただけるのは今だけです♪

生後一か月の赤ちゃんアルパカの「夕日(ゆうひ)」にぜひ会いに来てくださいね!



「マザーファームツアーDX」とは? 



マザー牧場(千葉県富津市)にある、牧場体感型アトラクション。
参加者しか入れない全長2.4km広大な専用コースを大きなトラクターが客車を引っ張る乗り物「トラクタートレイン」に乗ってガイドの案内でエリアを巡る、体験アトラクションです。

日本ではここでしか会うことのできない牛に出会えたり、牧羊犬のお仕事を見学したり、牧場のお仕事について学んだり、途中下車してアルパカ・羊・ヤギとのふれあい体験までできる充実の牧場ツアーです。


「マザーファームツアーDX」概要 



●体験料金
 大人(中学生以上)1,600円
 小人(4歳~小学生)900円
 ※マザー牧場入場料金別途
●開催時間
 1日に数回開催いたします。
 開催時間は日によって異なります。
●所要時間:約60分
●参加方法
 当日予約制・受付先着順 
 ※定員に達し次第受付終了
●公式HP
 https://www.motherfarm.co.jp/animal/

※当面の間、赤ちゃんアルパカは車窓から見学のみで、ふれあいはできません。
※天候や動物の体調などにより公開をお休みする場合がございます。あらかじめご了承ください。


株式会社 マザー牧場 について



千葉県富津市の鹿野山に位置し、250ヘクタールの広大の敷地の中で牛や羊、馬、アルパカなどの動物たちとのふれあい体験や、菜の花や桃色吐息などの季節の花畑、バンジージャンプやジップラインなどのアトラクション、ソフトクリームやジンギスカンなどの牧場グルメ、牧場内に宿泊できるグランピング施設まで揃う、花と動物たちのエンターテイメントファームです。


【会社概要】
●社  名:株式会社マザー牧場
●所在地:千葉県富津市田倉940-3
● T E L :0439-37-3211
●H   P:https://www.motherfarm.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ