株式会社マザーエンタテイメント
こだわりが詰まった店舗外観・内装やMUSIUM(ミュージーアム)独自の音楽提供システムをご案内させていただきます。


株式会社マザーエンタテイメント(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:吉奥 祐介)が2023年12月1日(金)東京・六本木にオープンするMUSIC(音楽)とMUSEUM(博物館)をコンセプトにしたレコードバー『MUSIUM(ミュージーアム)』に、各業界を代表するクリエイティブ・ディレクターやアーティストが参画いたします。
MUSIUM(ミュージーアムとは)


USEN-NEXT GROUPの株式会社USENより創業以来所蔵する約10万枚のアナログレコードの中から、希少性の高い、もはや現代においては音楽資料とも呼べるレコードを見て、聴いて楽しむことができるまさに「博物館」のようなレコードバーです。
「近未来の音楽保管庫バー(A bar in the Music Vault)」をコンセプトに外観、内装を構築。幅広い音楽を心地よくご提供できるよう、ヴィンテージ・オーディオを採用するなど、音響システムにもこだわりを入れています。

店舗のクリエイティブ・ディレクターには小西 利行氏(POOL Inc.)が就任。内装デザインはアーティストのYOSHIROTTEN氏とTATO designが担当し、未来的な廃倉庫をテーマとした空間デザインになっている。またサウンドシステムは、ヴィンテージ・オーディオ専門店 ジュピターオーディオの加藤氏が監修。
MUSIUM(MUSUC+MUSEUM)ならではの音楽の体験を目指し、各クリエイターの方たちと「お客様が音楽に没頭できる空間をどう演出するか」を日々議論しながら店舗を創り上げてきました。

店舗入口横のスライドドアを模した巨大なファサードにはアナログレコードがディスプレイされ、近未来の音楽保管庫を思わせるような外観に。


店内は解体途中の工場のようなインダストリアルな雰囲気となっており、所蔵されているレアなアナログレコードとマニア垂涎のビンテージスピーカーで音楽を楽しむことができます。




店舗クリエイティブ・ディレクターのご紹介

小西 利行(POOL Inc. CEO&クリエイティブ・ディレクター)
URL:https://pool-inc.net/

1000以上の広告作品をはじめ、立川SORANO HOTELなどHOTEL開発やスターバックス「47JIMOTO フラペチーノ」など、都市開発や商品開発も手がけるコピーライター&クリエイティブ・ディレクター。2017年に実施された「プレミアムフライデー」を考案。2021年ドバイ万博日本館クリエイティブ・アドバイザー、グッドデザイン賞の審査員を歴任。話題の店「挽肉と米」オーナー兼クリエイティブ・ディレクター。


AV機器にもこだわっておりジュピターオーディオ 加藤秀治氏監修のもと、MUSIUMの広さや再生される音楽の種類に合った機器選定をいたしました。
スピーカーに関してはMUSIUMの空間を考慮し、音量を上げても現代の人に合った音楽の聞こえ方になるようなものを採用、音を聞かせるのではなく、音楽を聞かせるための機器構築になっています。様々な種類の音楽に対応できるようプリアンプとパワーアンプの組み合わせにも細かいこだわりを入れております。
ぜひ店舗にお越しいただき、こだわり空間・オーディオシステムを体感してください。

オーディオシステム監修者のご紹介

加藤 秀治(ジュピターオーディオ 代表)
URL:http://jupiteraudio.com/

ヴィンテージ・オーディオがブームになる以前から、音楽の魅力を引き出すヴィンテージ・オーディオに着目し、以来49年にわたってヴィンテージ・オーディオ専門店を経営。当時物のスピーカーやアンプ、チューナーなど貴重なAV機器を取り扱っており、遠方から来店されるお客様も多い。

MUSIUMのロゴとそこに込めた想いについて




コンセプトの中核たる「レコード」の形をモチーフに、音楽の求心力を動的に表現したデザインに。
ロゴデザインは東京ADC賞、カンヌライオン国際広告祭デザイン部門<GOLD>など数多くの受賞歴を持つアート・ディレクター小杉 幸一氏(株式会社onehappy)に担当いただきました。


アート・ディレクターのご紹介

小杉 幸一(株式会社onehappy アート・ディレクター / クリエイティブ・ディレクター)
URL:https://one-1-happy.com/

「コミュニケーション人格デザイン」をベースにCI・VIデザイン、各種クリエイティブに携わる。東京ADC賞、カンヌライオン国際広告祭<GOLD>、JAGDA新人賞など国内外多数受賞
多摩美術大学非常勤講師、愛知県岡崎市市政ディレクター

受賞歴
東京ADC賞、カンヌライオン国際広告祭デザイン部門<GOLD>、JAGDA新人賞など国内外多数受賞

セレクターのご紹介


MUSIUMではセレクターが音楽のチョイスを行います。約10万枚のレコードの中から、様々な軸で曲を選択しその日再生する音楽を決めていきます。
常に同じセレクターが常駐するわけではなく様々なセレクターが音楽を選んでいくため、約10万枚のレコード在庫を存分に活かした音楽体験をご提供することができます。

SPECIAL GUEST DJ


なお、プレオープンである29日、30日には業界を代表するDJである、DJ MURO氏、DJ HASEBE氏が来店しレコードによるDJ プレイを実施。
MUSIUMのオープンに向け、六本木を盛大に盛り上げます。

11月29日

DJ MURO
日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMURO。MCとしてはもとより、「世界一のDigger」としてプロデュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げている。
現在もレーベルオフィシャルMIXを数多くリリースし、国内外において絶大な支持を得ている。

11月30日

DJ HASEBE
DJ / サウンド・プロデューサー。大型フェスなどに多数出演する傍ら、プロデューサーとしてメジャーアーティストから若手台頭株まで幅広いアーティストに支持され、意欲的にコラボレーションを展開。国内外問わず活躍の幅を広げている日本を代表するDJ。

独自の音楽提供システム


MUSIUMでは約10万枚のレコードから各セレクターの個性やコンセプトが表れるセットリストを作成し、そのセットリストが日替わりで提供されますが、お客様の聞きたい音楽、出会いたい音楽も提供していきたいと考えています。
そこで、聞きたい音楽のジャンルなどをそれとなくセレクターに伝える、一風変わったシステムを導入します。
お客様はご自身の聞きたいジャンルや時代、気分を「ビー玉」を使ってセレクターに伝えます。
セレクターは受け取った「ビー玉」から様々なことを想起し、お客様に届けたい音楽を選択、再生します。
直接的に曲名やアーティスト名を伝えるのではなく、それとなく伝えるといったシステムを採用することで、お客様は好きなジャンルの新しい音楽に出会える楽しみ、聞いたことある音楽が流れる喜びを感じることができます。


店舗情報


・店舗名:MUSIUM(ミュージーアム)
・住所:106-0032東京都港区六本木5丁目2-4朝日生命六本木ビル1F
(最寄り駅)東京メトロ日比谷線・都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩2分
・営業時間:20:00~28:00(日曜定休) ※ラストオーダー27:00
・席数:19席(カウンター16席、カップルシート2席、ソファー(4名掛け)1席)、スタンディング10名程度
・公式サイト:https://musium.bar/
・公式SNSアカウント
 X(旧Twitter):https://twitter.com/musium_bar
 Instagram:https://www.instagram.com/musium_recordbar/
 TikTok:https://www.tiktok.com/@musium_bar

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ