株式会社立飛ストラテジーラボ
株式会社立飛ストラテジーラボ(本社:東京都立川市/代表取締役:村山正道)が運営する複合施設GREEN SPRINGS内のTAKEOFF-SITEにて、4月1日(土)~4月30日(日)に障害の有無に関わらず、誰もが着やすい服、オールインクルーシブファッションブランド「SOLIT!(ソリット!)」のポップアップストアが開催されます。実際に商品のご試着や商品オーダーもでき、さらにワークショップや当イベント限りのコンテンツを豊富にご用意しております。



【開催概要】
開催期間:令和5年4月1日(土)~4月30日(日)
営業時間:11:00~19:00
開催場所:GREEN SPRINGS 2F TAKEOFF-SITE
H   P: https://solit-japan.com/

【This is SOLIT!について】
オールインクルーシブファッションブランド「SOLIT!」は、2020年創業、ファッションを切り口に多様な人も地球環境も取り残さない社会の実現を目指すブランドです。
「必要なものを、必要な人に、必要な分だけ。」
この哲学と思想を胸に抱え、インクルージョンとサステナビリティを目指しています。
企画段階からファッションに課題を感じてきた当事者とともに必要なものだけを開発し、必要とされてから必要な分だけ作り出す「完全受注生産」のファッションサービス、それが「SOLIT!」です。
それぞれの好みや身体の特徴に合わせて、1,600通り以上の組み合わせの中から、自分だけのために服をカスタマイズすることができます。


【サステナビリティ×インクルーシブ】

暮らしに身近なファッション産業には、着る人々の気持ちを明るくしたり、日常を照らしたり、選ぶ楽しみや機能的価値をもたらしたり、とてもたくさんの「光」があると思っています。
一方で、「影」ともいうべき数多くの課題も存在しているのも事実です。
ファッション産業における課題は、「生産・労働・輸送・廃棄」とサプライチェーン全てにおいて存在しています。製造にかかるエネルギー使用量、農薬による土壌汚染、工場におけるCO2排出。さらにはそこまで負荷をかけて生み出したにもかかわらず、大量に作っては大量に廃棄するという、寿命の短いものづくりのあり方は「良い」とは言えません。
また、ファッションは、本来誰もが自律的に選択できるはずのものですが、「選択可能な選択肢」が限られてしまう人たちもいます。国内外ではファッションによる患者や介護者、障がい者の行動変化について研究はされているものの、実装されている事例はまだまだ少ないのが現状です。しかし、「変えていけることができる」ものであり、地球環境に大きな影響を与える産業だからこそ。多様な人、地球環境の健全な共存と権利・尊厳の確立している未来を実現するために3点提案をしています。





【課題を抱える当事者へのヒアリング・調査、プロトタイピングを経てうまれたインクルーシブデザイン】

● 車いすユーザーの課題から生まれた袖リブ

● 麻痺、視覚障害、授乳をする時に着脱が簡単なマグネットボタン

● 下半身肥満や脊髄損傷の方でも着やすいウエストのサイズ調整

【SOLIT! について】

SOLIT株式会社は、誰もが「違い」をありのままに受け入れ、健全に共存できる「オールインクルーシブ経済圏」の実現を目指す、オールインクルーシブライフスタイル企業です。誰でも、そして特徴的な体型の方も着脱しやすく、部位ごとに好きなサイズや丈を選ぶことができるセミパーソナライズのファッションの開発、医療・福祉分野への展開を目指しています。
先日、ドイツ・ベルリンを拠点にする世界3大デザインアワードの「iF DESIGN AWARD」にて、最優秀賞のGOLDを受賞し、国内外から「ダイバーシティ&インクルージョン」の実践と、「サステナビリティ」を実現したチームであることを評価されました

【GREEN SPRINGSについて】
2020年4月にオープンした、ウェルビーイングをテーマとした複合施設です。水と緑豊かな約1万平方メートル の中央広場を中心に、最上階にインフィニティプールを有するホテル、多摩地区最大規模約2,500席の多機能ホール、ショップ・レストラン、オフィスなどが配置されています。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ