中小機構
開催日:2022年12月8日(木曜) 場所:虎ノ門ヒルズフォーラム


独立行政法人中小企業基盤整備機構(理事長:豊永厚志、本部:東京都港区)は、革新的で潜在成長力の高い事業や社会課題解決を目指す事業を行う、志の高いベンチャー起業家を表彰する「第22回Japan Venture Awards (略称:JVA)」の最終ノミネート者を別紙(https://prtimes.jp/a/?f=d21609-20221129-fe7167cd09f3051d3ae535a3943ec319.pdf)のとおり決定しました。
12月8日に行われる表彰式では、最終ノミネート者の中から、経済産業大臣賞及び科学技術政策担当大臣賞をはじめとする各賞の受賞者を発表します。


■JVA表彰内容(※12月8日の表彰式にて発表)
●経済産業大臣賞 1件
事業内容、活動実績、経営者の資質や社会的な評価(貢献度)などを総合的に評価の上、他の企業の模範として相応しい極めて優秀な経営者

●科学技術政策担当大臣賞 1件
社会的な課題の解決に向けて、革新性に優れた科学技術等を基に、将来の社会や産業にイノベーションを起こす可能性を持つ、他の企業の模範として相応しい極めて優秀な経営者

●中小企業庁長官賞 最大2件
事業内容、活動実績、経営者の資質などを総合的に評価して、特に優秀な経営者

●中小機構理事長賞 最大3件
上記以外の優秀な事例のうち、公的支援策等を有効活用した模範的な事例となる経営者

●SDGs特別賞 最大2件
上記以外の優秀な事例のうち、特にSDGsに貢献する事業を行う模範的な事例となる経営者

●地域貢献特別賞 最大2件
上記以外の優秀な事例のうち、地域経済の活性化や地域課題の解決に貢献する事業を行う模範的な事例となる経営者

●JVA審査委員会特別賞 2件程度(応募状況・内容を勘案して決定)
上記以外で、事業その他の特徴と経営者を総合的に評価して、特別表彰を行う

●JVCA特別奨励賞 2件程度(応募状況・内容を勘案して決定)
上記以外で、創業後5年以内の将来更なる活躍が期待される経営者

●ベンチャーキャピタリスト奨励賞 数件程度
活動内容、活動実績、イノベーションへの貢献度、社会への貢献度等を総合的に評価の上、今後の活躍が期待されるベンチャーキャピタリスト(事業会社の投資担当者を含む)

表彰式に併せて、株式会社アストロスケールホールディングス創業者兼CEO岡田光信氏によるオープニングキーノートスピーチ、ベンチャー企業を支援するベンチャーキャピタルと起業家が揃って登壇する「VC×投資先ピッチ」を実施します。

■表彰式イベント開催概要
主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構
開催場所:虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区虎ノ門1-23-3虎ノ門ヒルズ森タワー5F)
※会場は関係者・招待者・メディアのみとなります。一般の方はオンライン配信にお申込みください。
詳細・オンライン視聴申込みはホームページ(https://j-venture.smrj.go.jp/entry/award.html)をご確認ください。
開催日時:2022年12月8日(木曜)14時15分~17時20分 ※表彰プログラム 16時25分~

■JVAとは
JVAは、革新的かつ潜在成長力の高い事業や、社会的課題の解決に資する事業を行う、志の高いベンチャー企業の経営者を称える表彰制度です。有望なベンチャー起業家を経営者のロールモデルとして広く社会に周知し、次世代経営者の育成を図ることを目的として、2000年から開催しています。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ